2013年07月03日

終わりのセラフ2巻 「講談社ラノベ文庫×ジャンプSQ. コラボ学園呪術ファンタジー!」

終わりのセラフ講談社ラノベ文庫7月新刊、鏡貴也氏のライトノベル「終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅」2巻【AA】が、2日に発売になった。ジャンプSQで連載中の漫画「終わりのセラフ」に登場する『一瀬グレン』の前日譚みたいで、販促POPの謳い文句は『講談社ラノベ文庫×ジャンプSQ. 2013年最強コラボ学園呪術ファンタジー!』だった。
-

著:鏡貴也氏のライトノベル「終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅」2巻【AA】発売
「少女たちを従え、グレンは自らの野望に向かい突き進む!」

「講談社ラノベ文庫×ジャンプSQ. 2013年最強コラボ学園呪術ファンタジー!!」

一瀬グレン「...あ〜、もう、おまえ、嫌な奴だな。どっちが強いのかうんぬんは、どうした?」
ゲーマーズ本店
特典:ブロマイド
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード

講談社ラノベ文庫7月新刊、著:鏡貴也氏、イラスト:山本ヤマト氏のライトノベル「終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅」2巻【AA】が、2日に発売になった。

『終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅』とは、原作:鏡貴也氏×作画:山本ヤマト氏でジャンプスクエアで連載中の漫画「終わりのセラフ」に登場する日本帝鬼軍中佐『一瀬グレン』の呪術師養成学校時代を書いた前日譚みたいで、鏡貴也氏のTwitterによると『漫画の八年前。吸血鬼が地上に溢れる前。世界がどう破滅したのか?人間がどう足掻いたかの物語です』とのこと。

今回発売になったラノベ2巻は、裏表紙によると『≪百夜教≫による大規模襲撃から、1ヵ月。グレンは呪術学校で、相変わらず野心を隠してクズを演じていた。美十や五士、そしてクラスメイトに無能だなんだと揶揄されながらも、のらりくらりと実力を隠すグレン。しかし平穏な時間は続かない。グレンの実力を訝しんだ真昼の兄──柊暮人生徒会長が内務調査を始めたのだ。圧倒的な実力を持つ暮人の前で、グレンはついに、その力を見せることになる』な内容で、折込チラシでは『グレン様のお側に仕えるのがわたくしどもの務めですから。少女たちを従え、グレンは自らの野望に向かい突き進む!』などを謳っている。

発売日のアキバでは、とら秋葉原店Aに『グレン、柊暮人に本性を追求され、ついに覚醒する』POPがあり、ZIN秋葉原店で『講談社ラノベ文庫×ジャンプSQ. 2013年最強コラボ学園呪術ファンタジー!!』を謳う販促POPも付いてた。

ライトノベル「終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅」2巻【AA】の感想には、+ENOKORO+さん『漫画で確定している世界の破滅に徐々に近づきながらも、そこまでどう足掻くのか楽しめるのがこの作品の魅力ですな』、*よしこ*さん『ノンストップで読んでたから息するの忘れてた!今回も最高格好よかったようグレンさま!!! 』、たまごさん『穏やかそうだと思っていた柊暮人が全然そうじゃなくて、というかSで容赦ない人物で、暮人×グレンへの可能性が突然ひらけて戸惑いつつ喜んでいる今日この頃である』、nawadeさん『新たな人物が登場し、漫画版に近づいてきている手応えが感じられます』などがある。

なお、著者の鏡貴也氏あとがきで『漫画では世界が崩壊したあとを描いていて、この作品は世界が崩壊するまでを描いているのですが――12月のクリスマスには世界が崩壊してしまうことはもう、漫画でわかっているので、すごい勢いで容赦なく物語が進んでいきます。でも、どう崩壊していくのか、は、これからです。なぜ?誰が?どうなって?複雑に絡み合った人間模様が、徐々に明らかになっていきます。漫画のキャラも、こそこそと小説に出てきました。これからどうなっていくのか、応援よろしくお願いします!』などを書かれている。

「終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅」2巻書籍情報 / 鏡貴也氏のブログ

「開けろ。もう目が覚めた」
「...はい」
「君のその弱さで、あの襲撃を生き残れるはずがない」
「私は柊シノア
柊真昼の、妹です」
「柊を許しません。グレン様を拷問するなんて...」
「そんなんじゃ、女の子にモテませんよ?」
「他の方法を考えよう。他にもなにか、道が...」

【関連記事】
終わりのセラフ2巻「復讐のため、仲間を守るため、優一郎の鬼呪装備獲得戦が白熱!」
鏡貴也x山本ヤマト 終わりのセラフ1巻 「天使、悪魔、吸血鬼、黙示録展開」

幻國戦記CROW2巻 −夢幻郷に唄う娘− 「ニンジャ・スチームパンク第2弾!」
五代ゆう×山本ヤマト 幻國戦記CROW 「和風でニンジャでスチームパンク」
コミックス 紅(10)完結 「最後の最後までコミック版は神すぎる」
紅 kure-nai 9巻「切彦と銀子の可愛さにまったりとした巻でした!!」
紅 kure-nai8巻 「紫のカワイサは異常!そして切彦ちゃんの生死は?」
紅 kure-nai7巻 「カワイイ切彦ちゃんor恐い切彦ちゃん。どっちがお好き?」
紅OVA付き6巻 「紫も可愛ええすがやっぱ斬彦ちゃんええですよな……」
OVA付き紅 kure-nai 5巻限定版 「TV版のキャラデザ、無かったことに!」
紅 kure-nai2巻、女子高生の入浴シーン(控えめふくらみ)
紅 kure-nai1巻発売 「これぞ原作ファン待望のファンブックですよ、醜A社さん」

【関連リンク】
講談社ラノベ文庫
「終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅」2巻書籍情報
著者:鏡貴也氏のブログ / Twitter
吸血鬼が地上に溢れる前。世界がどう破滅したのか?人間がどう足掻いたかの物語です
イラスト:山本ヤマト氏のホームページ「soybean」
集英社 / ジャンプスクエア
漫画「終わりのセラフ」特設ページ
鏡貴也 - Wikipedia
山本ヤマト - Wikipedia
終わりのセラフ - Wikipedia
一瀬グレン とは【ピクシブ百科事典】
山本ヤマトがイラストを手がける学園呪術ファンタジー!
ラノベ質問状:「終わりのセラフ」 講談社と集英社の異例コラボの裏側は?

【感想リンク】
見捨てない…という意味で、終始健気で可愛かったのが小百合
グレンさんのツンデレさは萌え殺されるレベル
漫画で確定している世界の破滅に近づきながらも、そこまでどう足掻くのか楽しめる
今回も最高格好よかったようグレンさま!!!
最善の方法を模索し続ける忍耐力と、冷静な判断力の光る展開
暮人×グレンへの可能性が突然ひらけて戸惑いつつ喜んでいる今日この頃である
この努力が少しでも報われて欲しい…(><*)
傲岸不遜な主人公と健気な従者は大好物
新たな登場人物が登場し、漫画版に近づいてきている手応えが感じられます
グレンめっちゃかっこいいな、努力が報われればいいけど……
終わりのセラフ2 一瀬グレン、16歳の破滅 感想 - 読書メーター


終わりのセラフ2 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)終わりのセラフ2 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫) [文庫]
著者:鏡 貴也
出版:講談社
(2013-07-02)

終わりのセラフ1 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)終わりのセラフ1 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫) [文庫]
著者:鏡 貴也
出版:講談社
(2013-01-04)

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51401216