2013年08月08日

【コラム・ネタ・お知らせ】 M男のM男によるM男の為のエロゲーブランド、M−O!! 新作「魔少女〜M男絶頂地獄〜」で、強制射◯と射◯封じの相反する責めに身悶えろ!

M−O はじめまして。M男受け専門のアダルトPCゲームを製作しております、ブランド「M−O(エムオー)」です。まだ一年も経っていないブランドですが、ビジュアルアーツ・パートナーブランドのコラムリレーが回って来ました。そうそうたるメーカー様に並んでコラムなんて書いてしまっていいのかとも思いますが、少しでも楽しんでいただければ幸いです。
-


■M−Oとはなんぞや?

改めまして、 「M−O(エムオー)」にて企画・シナリオを務めます、西空康誠です。
M−Oはどんなゲームを開発しているブランドなの?と聞かれればこう答えます。

M男の、M男による、M男の為のエロゲー!!

と。簡単に言うと、M男向けアダルトPCゲームを専門に作製しております。
そう言われても、「そもそもM男ってなんですのん?」という、これまでノーマルな性癖にしか触れてこなかった、そこのあなた!
ご安心ください。懇切丁寧熱意たっぷりに、語らせていただきます。


■M男とはなにか?

M−O歴代責められM男キャラ揃い踏み。皆いい感じにアヘっています

M男のMは、マゾヒストのM。
それを頭に冠する男達とはすなわち――

女性に責められ、苛められ、犯される事に悦びを覚える者達。

ということです。M男はいいですよ〜。
流れは全て相手の女性が決めてくれて、そこに身を任せれば、快感へとたどり着けるのですから。
逆に、快感へと結びつかないような責めは、我がM−O的には、NGです。

ただ痛いだけで終わっては、駄目。
ただ苦しいだけで終わっては、駄目。
人体破壊とか流血とか、死亡なんてもっての他。

苦痛も羞恥も恐怖も全て、最終的には快感を伴う射精へと直結しなければいけません。 その点、M−Oで用意しました攻め手のヒロイン達は、M男キャラの性癖を理解して、激しい責めを通して、きっちり絶頂へと導いてくれます。 M男キャラ達は反撃も許されず、ただ身悶えるだけ。
間違っても女の子を襲って監禁・レイプとかはいたしません。

むしろ監禁され、逆レイプされる男達。それがM男。


自分の好き放題するのではなく、相手のいい様に弄ばれる男達。それがM男。


女性に奉仕を強要するのではなく、女の子の足元に傅く男達。それがM男。


すごい! こうやって羅列すると、紳士みたいだ。
「変態という名の」という但し書きはつきますが。
そんな紳士達の性癖にジャストフィットするアダルトなゲームを作り続けているのが、当ブランド「M−O」なのです。


■何故、M男ゲーなのか

ここまで読んでいただければ、皆さん察しているとは思いますが、M男とは、特殊な性癖
ぶっちゃけ、ニッチなジャンルです。

何故そんな隙間道に飛び込んだかといえば、男性受けのエロスが好きだから!

ニッチなジャンルの所為で、他のジャンルに比べ相対的に満足出来るエロスが少なく、常時欲求不満で……。
だったら自分で、M男ゲーの裾野をもっと開拓してやろう!と。

このジャンルだったら、他のM男ユーザー様を満足させられる作品を作れるという、自負もありました。
自分が自信を持って送り出せないようでは、ユーザー様にも失礼ですしね。

では続いては、実際にM−Oがどんな作品を作ってきたかを、ご紹介したいと思います。


■M−O作品紹介

M−Oではゲームを製作するに当たって、消して譲れない、守るべき根本部分があります。

一つは冒頭でも書きました、責めが射精へと到る快感に結びつく事
M−OのM男ゲーは苦痛だけが与えられ、壊れる心と身体を楽しむ猟奇ゲーではありません。
痛みがやがて快感に変わり、悲鳴が喘ぎ声へと変化する。
歪んだ顔も、かつてない絶頂への流れに蕩け呆けるものへと変化する。
心が壊れるとしても、それは強烈過ぎる快感に屈していなければいけません。

もう一つは、攻め手の女性陣だけではなく、受け手のM男も見目麗しくする事
即ち責められる男性キャラは、美青年・美少年・ショタ・女装子オンリー。
むさいおっさんとかブ男は、当MーOのHシーンには必要ありません。
M男ゲーという特製上、画面上で責められている男性の裸体や顔がクローズアップされる事も多くなりますからね。
そこに醜い身体や顔面を晒されても、萎えるだけでしょ。
アヘ顔だって、元の顔が綺麗だからこそ、崩れた表情がエロい訳で。


そのようにして生まれたM−Oの第一作が、 「少女迷宮」
屋敷に捕らわれた美青年が、二人の年下少女に散々責め抜かれるM男ゲームです。
男性キャラは完全に少女達の所有物として描かれ、家具として好きに使われたり、使用人としてお仕置きされたりします。




屋敷内の絶対権力者である双子の少女に逆らう事は許されず、調教されて……

大の大人が、体格も力もずっとか弱く小さいはずの女の子に支配されてしまう。
その事実を前に、責められる男性側は情けなさや背徳感がより強まって、興奮出来る事請け合いです。
年下の少女に抵抗も許されず調教され、支配される事に悦びを覚えるM男様は、是非こちらの一本をどうぞ。


続くM−O第二作は、 「愛する息子の躾け方」
「少女迷宮」がブラック系M男ゲーとするなら、こちらはホワイト系M男ゲー。
ママ達がちょっと反抗期の入った自分の一人息子を、M男調教でしつけて更生させるお話。
いわば少年版ツン→デレで、ついでにM男にも目覚めるといった感じです。
なので物扱いしたり支配しようとするのではなく、根底にあるのは母の愛
しかも男の子達は、責められて気持ちよくなっているのですから、最終的にはしつけどころかご褒美になっています。





可愛い男の子が大人の女性に手も足も出ず、最初は抵抗していたもののやがてはママ達に甘えて媚びて、責められながら絶頂する。
男性なら誰でも持つマザコン気質を刺激されながら、M心も自然と開花していく事請け合いです。
ショタ美少年が責められるのを見たい方、母親からのラブラブなSM調教に身も心も甘やかされたいM男様は、是非こちらの一本をどうぞ。


■M−O新作「魔少女〜M男絶頂地獄〜」は9月27日発売!


そしてきたる9月発売しますのが、M−O新作 「魔少女〜M男絶頂地獄〜」!!

今回は「魔性の少女に一滴残らず搾り取られるか、巫女の射精封じに耐えるか選択するAVG」と銘打っているように、M男ユーザーにとって究極の二択とも言える相反する責めを、メインに据えております。

即ち「もうこれ以上射精(で)ないぃい〜〜〜〜〜!!」と訴えてもなおペニスを弄られ続ける、連続射精強制絶頂か。


はたまた「お願いだから射精(だ)させて〜〜〜〜!!」と懇願しても射精を許されないまま、ひたすらイかされ続ける射精封じ強制アクメか。


終わらない射精は、M男に限らず男にとって求めて止まない究極の快感。
誰だってオナニーの最中、早くドピュドピュ射精してイきたいと思うと同時に、射精寸前の感覚を出来るだけ長く味わい、終わらせたくないと願ってペニスを握る手の力加減をどっちに入れるか悩んだ経験はあるはず。

そこから更に一歩踏み込んで、嫌と言うほど搾られてペニスがズキズキと痛むにも関わらず尿道を焼くかのように、ひたすら精液を吐き出すのがいいか。
最後の一線を越えられず、ひたすら敏感になった身体を更に刺激され、射精を塞き止められ、熱い精液の逆流にペニスが破裂寸前になるのがいいか。

これはもう、どちらか一方なんて、選べないでしょう!!
だったらどっちも体験しちゃえばいいじゃない!!
そう、M−O新作「魔少女〜M男絶頂地獄〜」で!!

本作では、主人公は魔性の少女・亜夜子に取り付かれ、日々精液を搾り取られている状態で巫女の少女・太刀川鈴音と出会い、対抗策として射精封じを施されるところから物語はスタートします。


この射精封じがある限り、どれだけ亜夜子にイかされても精液を搾り取られる事はない。
けれど逆に言えば、どれだけ絶頂しても射精の快感だけは許されない。
そして、亜夜子には外せない射精封じも、主人公には外す事が出来る


それを亜夜子も十分承知していて、主人公の射精への欲求を煽り、封印を外させようとします。

ここでプレイヤーが射精封じを守る事を選択すれば、どれだけイかされても射精(だ)せず悶々としたまま、亜夜子一人が満足するまでペニスを弄ばれる責めが。

射精封じを外す事を選択すれば、我慢していたモノが解き放たれるだけでは終わらず、全てを射精(だ)しきるまでひたすら射精を繰り替えす責めが待っています。

魔性の少女に貪られる妖しい快楽と、凛とした巫女より与えられる苛烈な射精封じ。
二つの真逆の快感を、どちらも味わいたいというM男様にとって至高の贅沢なこの一本。現在予約受付中ですので、是非既にM男の皆様も、この記事を読んでこれから目覚めてみようかなと思った予備軍の方々も右手のお供として、手にとっていただければと思います。


生まれたばかりだからこそ、日々成長していくブランド・M−O。
いつか男性受けMゲーというジャンルがニッチではなくなり、他のブランド様と肩を肩を並べられても違和感がなくなるその日まで、M男の良さを布教していきたいと思っております。
新作「魔少女〜M男絶頂地獄〜」ともども、よろしくお願いいたします。

(文章:M−O / 西空康誠) 

【バックナンバー】
今年もやってきました、ビジュアルアーツ・夏のグッズ祭り VA購買部出張所2013-SUMMER-!
にゅうしの生え替わる頃合いのちびっこしゅきしゅきIrisです!
”ほんたにかなえ”&”とらのすけ”が描く可愛い美少女キャラ満載の最新作カルマルカ*サークル! 作っているのはサガプラネッツです♪
感動の全年齢から究極のエロエロまで! ocelot / catwalk / catwalkNEROは、ガンガン行きますよ〜!
力を入れるのはキャラだけじゃない! エロゲーブランド・riffraff新作「3人いる! 〜Happy Wedding in Livingroom〜」で新婚生活体験!
LOな子たちを徹底追求!自分を止められない、はむはむソフト!
気高いご令嬢が、売春婦に堕ちる一部始終とは? 「聖娼女」開発過程をお届け!

今回のテーマは映画、アニメ、ゲームなどに欠かせない「エンドロール」について
『基本無料』というゲームが今の主流? 今回はその『基本無料』について考えてみよう!
コラムの連載が50回を迎えました! Twitterで募集した記念のメッセージにもご返信を。……え?なになに、何か依頼が来てるって?
「失敗は成功のもと!?」今回はビジュアルアーツや、私が過去にやった失敗談を語ってみよう。私が「いい気」になっていたら、警戒警報ですよ
クドは天才少女の系譜。ゲームやアニメのキャラクターを立てるってどういうこと?
今のライフスタイルにあったPCゲームってどんなものだろう?
ゲームを販売する上でとっても大事な「体験版」のお話しよう
新年あけましておめでとうございます! 2013年今年の抱負は『ユーザーに選ばれるメーカーになりたい!』そろそろ新たなプロジェクトの始動もね!!
突然ですみません!年末にかけての隠し玉「ビジュアルアーツ・アプリポータル」がオープンします!まずは「クドわふたー」の体験版をプレイしてみてね!
20周年を迎えたビジュアルアーツ社員の2012年10大ニュース! 今年の一番はもちろん……!?
迫るコミケ!高まる期待!? 今年も恒例、ビジュアルアーツのコミケ情報を先行でお伝えします!
無断転載と著作権。これからは作家が利用規定を決めていく時代
"絵柄とカリカチュア"の視点から見た、(幼い系)漫画・アニメ・ゲーム絵の解釈論
Keyの音楽クリエイター折戸伸治による初のパーソナルフルアルバム『circle of fifth』がまもなく発売!今回はその折戸伸治に関するお話です。
アニメ「リトルバスターズ!」放送直前特集なのです!!
今やゲームの時代はパッケージ購入型から、ブラウザゲームへ移りつつある……そんなお話しです
着メロを買ったり、痛車を出品したり…。今回はYahoo!オークションのお話しです
PCゲームは長編だけじゃない。そう、今回スポットを当てるのは「短編作品」です
「ビジュアルアーツ大感謝祭 Shift:NEXT→Generation! -きみとかなでるあしたへのうた-」が無事に終了しました! 果たしてイベントはどうなったのか……!
ビジュアルアーツ20周年記念イベントも開催直前!最後のおさらいを一緒にしましょう!
PCゲームの「声」はみんな声優さんの演技によって成り立ってる。今回のテーマはPCゲームにおける「声」について!
第二回キネティックノベル大賞開催、そしてVA20周年大感謝祭の展示物についてが今回のテーマです
歌は世につれ世は歌につれ(古い)。こんなボカロ時代に恐縮ですが、なんたって歌はいいものですよ。今回のテーマは「レコーディング」です
とうとうやらなきゃいけないテーマがやってきました。そう! 今回は「Rewrite Harvest festa!」についてです!
「ビジュアルアーツ大感謝祭 in 横浜アリーナ」では平行してクラブイベント『OTSU』もやろうと思っています。今回はその「クラブイベント」について
今、巷では実際に身体を動かし、行動して問題解決を目指す『リアルゲーム』が流行してます。暇な人はやってみそ!
今回のテーマは『痛車』。クドカーに続いて、そろそろまたやりたくなってきたんだな
いよいよVA20周年の基幹イベントが本格始動です!
4月1日といえば新たな季節・年度の始まり? いえいえ、それよりインターネッツですよ
ずばり"萌えゲー業界へ就職する方法"。ウチらはたぶんこういう人を求めています。来たれ!若者! その2!
ずばり『萌えゲー業界へ就職する方法』。ウチらはたぶんこういう人を求めています。来たれ!若者!
今VAで一番勢いのあるブランド…そう! SAGA PLANETSさんについてお話ししましょう!
紙もいいけど電子もな。今回は「本」について。私に10万売らせろーヾ(`皿´;)ノ
あけましておめでとうございます! 2012年のビジュアルアーツは、あなたの側にあります!!
映像配信もいいけど、まだまだネットラジオも捨てたもんじゃない! いつか音楽番組やりたいなー
2011年もあとわずか!ビジュアルアーツ社内10大ニュース!!
VA流ライブの作り方、お教えします。
ビジュアルアーツの年末大行事・冬のコミックマーケット! グッズ情報を先行でお届け!!
ビジュアルアーツの年末大行事・冬のコミックマーケット!
広報、マーケティングはビジュアルアーツの重要な業務のひとつなのです
全年齢のエロゲに意味はあるのか?今回のテーマはエロ無しの作品。「全年齢作品」についてです
私とBLゲームの出会い…そう、今回は「女性向け恋愛ゲーム」がテーマです。どっちが「オモテ」でどっちが「ウラ」か。いやさ、しばらくおつきあい下さい!
ビジュアルアーツ20周年記念イベント計画発動!色々と仕込を開始してます!!
今回は人によりちょっぴり耳の痛いお話し、ゲームや音楽の違法アップ、ダウンロード、そしてネットによる生放送について、です
PCゲームからのコンシューマー(家庭用ゲーム機)化ビジネス。それはただ単に"移植"すると言うことではないのだ!
アナタの周りにいる沢山の嫁、彼女、妹。今回はビジュアルアーツのグッズ版権許諾ビジネスについてお話ししましょう!
引き続き音楽集団I'VEさんについてお話ししましょう。
今回は音楽集団「I've」について語ってみたい
ビジュアルアーツ創業20周年、その中で最もエポックな出来事だったのはKeyの移籍でした
幹部脱退にすごく悩んだ結果が...今のビジュアルアーツです
ビジュアルアーツの生い立ち。当時はたった1.2MBの記憶容量でゲームを作ったんだ......
初めまして、ビジュアルアーツのvavaしゃちょーです

この記事はコラム カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51405512