2013年08月22日

【コラム・ネタ・お知らせ】 PCゲームメーカーLapis lazuliの新作 「十六夜のフォルトゥーナ」は、八木沼悟志が企画・原作、総合プロデュースを担当する入魂作です!

Lapis lazuli 十六夜のフォルトゥーナ皆さんこんにちは!PCゲームメーカーLapis lazuli代表の八木沼悟志です。僕の名前はfripSideなどの音楽活動で見かける人も多いと思うのですが、実は…ゲームを作りました!タイトルは 「十六夜のフォルトゥーナ」、8月30日予約開始です。この場をお借りして新作について、ブランドについてのあれこれなどもご紹介したいと思います!
-

え?これ?あぁ、オレオレ。八木沼悟志です。

■Lapis lazuli(ラピスラズリ)とは?

そもそもの経緯は2005年、現ディレクターの奏太 響(かなたひびき)氏との出会いがきっかけ。彼は当時インディーズだった fripSideの広報・web担当として、弊社に入ってきた訳ですが、彼が趣味で同人サークルでゲームを作っていたんですよ。

同人サークルMoviendoのゲーム第二作品目『Four-leaf』。
「まさか、この作品の次に商業作品を作ることになろうとは思いもしなかったです」(奏太談)

僕は当時、ビジュアルアーツさんと音楽面で業務提携をさせて頂いた頃で、PCゲームの歌曲をたくさん受注していた頃でした。 あの頃はいっぱいエロゲソングを作りましたね(遠い目)。

ビジュアルアーツ・ブランドに入ったきっかけは130僂気鵑量昇遏嵌狃たちの流儀」で「RED−reduction division-」というOP曲を作ったことからなのですが、UYE!さんにご評価を頂き、その後馬場社長を紹介して頂きました。
馬場社長との初対面、社長の一言目は「ほな、儲けまひょか?」だったのを今も決して忘れません。(笑)

で、そうやっているうちに僕は思ったのです。ビジュアルアーツさんで奏太くんとゲームを出してみよう、と。
人脈も整っているし、何より彼が一番好きなのがゲーム作りだったから。

ある年の冬コミにて、馬場社長に彼が作っていた同人ゲームの何本かをお渡しし、その後「じゃ、やってみなはれw」ということで出来たゲームがこちら!

Lapis lazuli処女作『Areas 〜 空に映すキミとのセカイ 〜』

この作品が、Lapis lazuliの処女作となりました。
おかげさまでユーザー様から一定のご評価を頂戴し、初商業作品にチャレンジしたスタッフも安堵。僕はこのゲームの音楽プロデュースを担当しました。


■苦悩と葛藤

僕はその後、音楽活動がメジャーに移り超多忙を極めたこともあり、ゲーム制作は奏太氏に一任していた訳ですが、Lapis lazuliはその後、おかげさまでスピンオフ作品 「Areas 恋する乙女の3H」まで発売させて頂く形となった訳です。

Lapis lazuli第二弾『Areas 恋する乙女の3H』

3Hで新たに加わった新ヒロイン、音羽瑞希。
僕のお気に入りキャラです!!

が、発売後社内では「もっとこう作るべきだったのではないか?」という議論が起こりました。
絵やキャラクター、システムは良くできている。でも、肝心のシナリオが弱い。。
ゲームとしての体裁は整ったけど、肝心の"ハート"がどうにも感じられない。。。

第一、ユーザーさんは「この主人公に共感できない」のではないか、と。。

恋愛ゲームとしては、致命的な欠陥です。
僕としての最終結論は、「ユーザーの気持ちを大事にした熱いゲーム作りを、この反省を生かして、もう一回全員一丸でやろうぜ!」でした。


■十六夜のフォルトゥーナ、制作開始!!

幸い、僕は数々の作品の音楽を作ってきたこともあり、作品の良し悪しは十分に経験してきました。音楽を作る際、僕は必ずシナリオを読みます。それが良い経験になっていたのではないかと。
そこで今回は、僕が自ら企画と原作、総合プロデュースを担当し、"絶対面白いエロゲーを作る"ことにしました。

それから2年半、僕が音楽活動の余暇を全て注ぎ込み、書き続けたプロットは1MB!
(…いや、我ながらよく頑張ったと思います。。)

ちなみに1MBと聞いてピンと来ない方に言い換えちゃいましょう。
ちょっと薄めの文庫本で200〜300KB程度と言われ、100KBで約50〜60分程度、読むのに時間が掛かるとされています。ということは、僕はライトノベル数冊分を書いたくらいになるんですねw
これを機にノベルデビューしようかな?と思えるくらい、自分が物語を書けることに気が付きました。

Lapis lazuli最新作『十六夜のフォルトゥーナ』
開発期間およそ3年半!超大規模作品となっています。

その後、今作は敏腕若手シナリオライター・mizuki ryo氏のもと、シナリオ容量3.8MBという大作になりました。 mizuki氏、本当によく頑張ってくれました!!


■十六夜のフォルトゥーナについて

今作は、ある特殊な能力を持つ主人公・薫(本人はそれを望んでいません!)がとある田舎町に降り立つことから、かけがえのない特別なひと夏が始まります。 楽しく!明るく!そしてちょっぴり奇妙なあれこれがあり、最後は壮大な結末へと向けて、一人の男がとてつもない経験をします。 ヒロインは4名。4名で3.8MBですから、一人あたりのシナリオがいかに壮大かお気づき頂けるかと思います。

ヒロインはこの4キャラ。
画像左から「汐宮ルシア」「冬月小菜」「冬月時雨」「九条乙女」です。

今回僕が定めたテーマはずばり、「泣き」「純愛」「エンターテイメント」の3つを、緻密で繊細なシナリオで描く!ということ。
「泣き」…心から感動できるシナリオ。
「純愛」…ユーザー様がキャラクターに恋していただける様、すべてにおいて完璧な配慮。
「エンターテイメント」…各ルート様々な趣向が凝らしてあり、予想できないシナリオの進行は、早く続きをプレイしたい、と必ず思って頂けると思います!

なかなか一言で「このゲームはこういうゲーム」と言い表せない作品を目指しておりまして、結果僕も「この作品はこういうゲーム」とはなかなか一言で言い表せません。キャラクターごとのルートによって様々ですから(笑)
が、このゲームを通じて、最高の思い出を皆さんにプレゼントできると思います!

主題歌、エンディング、BGMはもちろん僕が全てプロデュースしています!
最高のシナリオをより高めるサウンド面も期待していただければ幸いです。
もちろん、宮坂みゆ先生のビジュアル面も相当こだわっていますよ!!

3年間、僕が音楽で手にしたお金をほぼこのゲームに費やしましたw
結果として、"モノづくり"に対する僕のプライドを全て注ぎ込んだ入魂作になりました!
こういう言葉はブランドとして恥ずかしいのですが、「今作は前作までとは比較にならない完成度」とあえて言わせてください^^v

8月30日予約開始です。僕たちの情熱が皆さんに伝わると嬉しいですね。
ぜひ、ご期待頂けましたら幸いです!よろしくお願いします!!



(文章:fripSide / Lapis lazuli 八木沼悟志)

【バックナンバー】
M男のM男によるM男の為のエロゲーブランド、M−O!! 新作「魔少女〜M男絶頂地獄〜」で、強制射◯と射◯封じの相反する責めに身悶えろ!
今年もやってきました、ビジュアルアーツ・夏のグッズ祭り VA購買部出張所2013-SUMMER-!
にゅうしの生え替わる頃合いのちびっこしゅきしゅきIrisです!
”ほんたにかなえ”&”とらのすけ”が描く可愛い美少女キャラ満載の最新作カルマルカ*サークル! 作っているのはサガプラネッツです♪
感動の全年齢から究極のエロエロまで! ocelot / catwalk / catwalkNEROは、ガンガン行きますよ〜!
力を入れるのはキャラだけじゃない! エロゲーブランド・riffraff新作「3人いる! 〜Happy Wedding in Livingroom〜」で新婚生活体験!
LOな子たちを徹底追求!自分を止められない、はむはむソフト!
気高いご令嬢が、売春婦に堕ちる一部始終とは? 「聖娼女」開発過程をお届け!

今回のテーマは映画、アニメ、ゲームなどに欠かせない「エンドロール」について
『基本無料』というゲームが今の主流? 今回はその『基本無料』について考えてみよう!
コラムの連載が50回を迎えました! Twitterで募集した記念のメッセージにもご返信を。……え?なになに、何か依頼が来てるって?
「失敗は成功のもと!?」今回はビジュアルアーツや、私が過去にやった失敗談を語ってみよう。私が「いい気」になっていたら、警戒警報ですよ
クドは天才少女の系譜。ゲームやアニメのキャラクターを立てるってどういうこと?
今のライフスタイルにあったPCゲームってどんなものだろう?
ゲームを販売する上でとっても大事な「体験版」のお話しよう
新年あけましておめでとうございます! 2013年今年の抱負は『ユーザーに選ばれるメーカーになりたい!』そろそろ新たなプロジェクトの始動もね!!
突然ですみません!年末にかけての隠し玉「ビジュアルアーツ・アプリポータル」がオープンします!まずは「クドわふたー」の体験版をプレイしてみてね!
20周年を迎えたビジュアルアーツ社員の2012年10大ニュース! 今年の一番はもちろん……!?
迫るコミケ!高まる期待!? 今年も恒例、ビジュアルアーツのコミケ情報を先行でお伝えします!
無断転載と著作権。これからは作家が利用規定を決めていく時代
"絵柄とカリカチュア"の視点から見た、(幼い系)漫画・アニメ・ゲーム絵の解釈論
Keyの音楽クリエイター折戸伸治による初のパーソナルフルアルバム『circle of fifth』がまもなく発売!今回はその折戸伸治に関するお話です。
アニメ「リトルバスターズ!」放送直前特集なのです!!
今やゲームの時代はパッケージ購入型から、ブラウザゲームへ移りつつある……そんなお話しです
着メロを買ったり、痛車を出品したり…。今回はYahoo!オークションのお話しです
PCゲームは長編だけじゃない。そう、今回スポットを当てるのは「短編作品」です
「ビジュアルアーツ大感謝祭 Shift:NEXT→Generation! -きみとかなでるあしたへのうた-」が無事に終了しました! 果たしてイベントはどうなったのか……!
ビジュアルアーツ20周年記念イベントも開催直前!最後のおさらいを一緒にしましょう!
PCゲームの「声」はみんな声優さんの演技によって成り立ってる。今回のテーマはPCゲームにおける「声」について!
第二回キネティックノベル大賞開催、そしてVA20周年大感謝祭の展示物についてが今回のテーマです
歌は世につれ世は歌につれ(古い)。こんなボカロ時代に恐縮ですが、なんたって歌はいいものですよ。今回のテーマは「レコーディング」です
とうとうやらなきゃいけないテーマがやってきました。そう! 今回は「Rewrite Harvest festa!」についてです!
「ビジュアルアーツ大感謝祭 in 横浜アリーナ」では平行してクラブイベント『OTSU』もやろうと思っています。今回はその「クラブイベント」について
今、巷では実際に身体を動かし、行動して問題解決を目指す『リアルゲーム』が流行してます。暇な人はやってみそ!
今回のテーマは『痛車』。クドカーに続いて、そろそろまたやりたくなってきたんだな
いよいよVA20周年の基幹イベントが本格始動です!
4月1日といえば新たな季節・年度の始まり? いえいえ、それよりインターネッツですよ
ずばり"萌えゲー業界へ就職する方法"。ウチらはたぶんこういう人を求めています。来たれ!若者! その2!
ずばり『萌えゲー業界へ就職する方法』。ウチらはたぶんこういう人を求めています。来たれ!若者!
今VAで一番勢いのあるブランド…そう! SAGA PLANETSさんについてお話ししましょう!
紙もいいけど電子もな。今回は「本」について。私に10万売らせろーヾ(`皿´;)ノ
あけましておめでとうございます! 2012年のビジュアルアーツは、あなたの側にあります!!
映像配信もいいけど、まだまだネットラジオも捨てたもんじゃない! いつか音楽番組やりたいなー
2011年もあとわずか!ビジュアルアーツ社内10大ニュース!!
VA流ライブの作り方、お教えします。
ビジュアルアーツの年末大行事・冬のコミックマーケット! グッズ情報を先行でお届け!!
ビジュアルアーツの年末大行事・冬のコミックマーケット!
広報、マーケティングはビジュアルアーツの重要な業務のひとつなのです
全年齢のエロゲに意味はあるのか?今回のテーマはエロ無しの作品。「全年齢作品」についてです
私とBLゲームの出会い…そう、今回は「女性向け恋愛ゲーム」がテーマです。どっちが「オモテ」でどっちが「ウラ」か。いやさ、しばらくおつきあい下さい!
ビジュアルアーツ20周年記念イベント計画発動!色々と仕込を開始してます!!
今回は人によりちょっぴり耳の痛いお話し、ゲームや音楽の違法アップ、ダウンロード、そしてネットによる生放送について、です
PCゲームからのコンシューマー(家庭用ゲーム機)化ビジネス。それはただ単に"移植"すると言うことではないのだ!
アナタの周りにいる沢山の嫁、彼女、妹。今回はビジュアルアーツのグッズ版権許諾ビジネスについてお話ししましょう!
引き続き音楽集団I'VEさんについてお話ししましょう。
今回は音楽集団「I've」について語ってみたい
ビジュアルアーツ創業20周年、その中で最もエポックな出来事だったのはKeyの移籍でした
幹部脱退にすごく悩んだ結果が...今のビジュアルアーツです
ビジュアルアーツの生い立ち。当時はたった1.2MBの記憶容量でゲームを作ったんだ......
初めまして、ビジュアルアーツのvavaしゃちょーです

この記事はコラム カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51407902