2013年09月14日

【コラム・ネタ・お知らせ】 ブシロード木谷社長推薦「烈風の魔札使(マージ)と召喚戦争」!著者・森田季節先生に直撃!9月刊の見どころや最新情報公開!

「ブシロード」木谷社長推薦「烈風の魔札使(マージ)と召喚戦争」!著者・森田季節先生に直撃!9月刊の見どころや最新情報公開! 命がけの熱いカードバトルが繰り広げられる、発売中の新作「烈風の魔札使と召喚戦争1」!!もうお手に取っていただけたでしょうか。こんにちは、オーバーラップ宣伝のミスティです。今回は著者の森田季節先生に製作秘話などを伺いながら、作品の魅力をご紹介します!9/25発売の新刊見どころ情報も!早速行ってみましょう!
-

著:森田季節 イラスト:クロサワテツ 「烈風の魔札使と召喚戦争1」発売中!
「魔札使(マージ)」とは、カードで精霊を召喚する魔法使いのこと!

この物語は、カードゲームで実力派プレイヤーとして頭角を現してきた主人公が、そんな「魔札使」たちが中心となって戦争を繰り広げる世界に召喚され、自分も「魔札使」として戦いに身を投じていく物語です。

ヒロイン・リッカは騎士にして召喚学のエキスパート。国を救うために力ある魔札使(マージ)を探し、ついに主人公・エイジを召喚します

あらすじや試し読みは、オーバーラップ文庫HPでも掲載しているので、そちらでぜひご覧いただきたいのですが、一度でもTCGの世界に浸ったことのある方には、きっと血が騒ぐような熱い本格バトルが繰り広げられます。ちなみに、私は残念ながらまだTCGを実際にプレイしたことがないのですが、エイジはもちろんのこと、ヒロインのリッカや、その他の少女たちも対等の立場でしのぎを削る姿はとにかくかっこよくて、実際にプレイしてみたくなっちゃいました!(別作品の話になりますが、ISのTCGもこれから出るし、これはいいタイミング!?)

エイジは戦場で最高のプレイイングを見せられるのか!?そしてリッカだけが使える特別な魔法「想念の代行者(コンセプション・アバター)」は、ほとんど洋服着てない!?

真ん中にいるのが、主人公・エイジが異世界に行くきっかけを作った謎の少女・芹香。「芹香先輩と…やりたい!」熱くなるエイジ。※カードバトルの話です

主人公のエイジは、異世界で「魔札使」として一から戦い始めるわけですが、とにかく強い!「それ反則だろう!」と言いたくなるくらい強い!ただ、周りには見せないだけで、本当はちゃんと努力の人でもあったりします。周囲のヒロインたちは、そんな彼のひたむきな姿にも徐々に気づき始め、だんだんと気になる存在になっていくわけです。

ざざっと作品の内容をご紹介させていただいたわけですが、ここで著者である森田季節先生にご登場いただき、作品の制作秘話や見どころをお伺いしてみたいと思います!


――よろしくお願いします!改めまして、森田先生の自己紹介をお願いいたします!

こんにちは、森田季節でございます。いろんなライトノベルレーベルでこそこそと仕事をさせてもらっています。

公務員が主人公のライトノベル、「つきたま 3 ※公務員でも世界を救えます」(ガガガ文庫)が9月18日に発売になります、よろしくお願いします! あと、来月には「お前のご奉仕はその程度か?」7巻(GA文庫)が発売になります! こちらもよろしくお願いします!

というわけで、思いっきり冒頭からほかの会社の本の宣伝をしていますが、『烈風の魔札使と召喚戦争』、よろしくお願いします。今回、企画がけっこう特殊だったので、ストーリーは自分の中では珍しい、アツい展開にしてみました!

――「烈風の魔札使と召喚戦争」を執筆に至るまでの経緯を教えてください。

これに関しては販促的な意味も込めて(こういうことは正直に書く)、ツイッターで連投ツイートをしたり、OVL文庫のブログでまとめたりしていただきました。

★togetter『烈風の魔札使と召喚戦争』制作秘話&楽屋話
★オーバーラップ文庫ブログ

ここを読んでもらえれば、だいたい分かると思います。もちろん、執筆に至る経緯はケースバイケースで、ここに書いてあることがすべての仕事に適用できるわけではないですが、参考にはなるかと思います。どうかご一読ください!

……簡単にお話させていただくと、カードゲームに関するようなライトノベルを書きませんかという依頼をオーバーラップさんから受けました。それで、ちょうど自分もカードゲームを結構やっていたので、これは何かの縁だということで「やります!」となりました。さらにイラストを描いていただいたクロサワテツ先生まで僕と同じカードゲームをプレイされていたようで、カードデザインなども非常に話が早く進みまして、助かりました。このへん、すごく運が良かったと思います。

――何か制作秘話や制作時の印象に残っているエピソードなどはありますか。

本が出る時に編集さんとイラストのクロサワテツ先生と新宿の飲み屋で打ち上げをしたのですが、編集さんがべろんべろんのぐでんぐでんに酔って、仕事用のノートパソコンを忘れて帰りました(お店の人が数分後、走って届けてくれました)。それ、紛失してたら色々と詰んでたんじゃないでしょうか。

そのあと、駅の前で編集さんが「終電までもう一軒行こう」と言ったので(深夜24時前)、これは付き合うと終電を逃すフラグだと思い、「八王子なんで遠いので帰ります」と言って離脱しました。そのあと、二次会に付き合わされたクロサワ先生が案の定、終電を逃しました。お酒は怖いなと思いました。
※このあと編集さんのチェックが入るので、不都合があった場合はこの部分は掲載されないと思います。

まあ、冗談はこのへんにしておいて、今回、本当に編集さんに「どうして、ここまで気合い入れてるの……?」と怖くなるぐらい気合いを入れていろいろとやっていただきました。正直、「ビジネス」の領域を超えて手伝っていただいた部分が大きく、感謝してもしきれないです。今年お世話になった人ランキングで確実に1位だと思います。

――企画のなかでのこだわりポイントを教えていただけますか。

こだわりというか、編集さんなど含めて悩んだ結果、決めていったのが異世界のカードに関するルールです。カードゲームのルールって細かく書いていくと、それこそ本一冊分ぐらいになってもおかしくないくらい多量になるので…。それを羅列してしまうと、本来のコンセプトから別の物になってしまいますよね。かといってざっくりしたルールだけ書くと、それはそれでまずい。後付けのルールがどんどん増えたら、なんでもありになってしまいますし。

そこで、結果的にカードのルールは「その世界で明文化されていない(慣習的に運用されてる)」ということにしました。

当初は、いっそゲームデザインを作る会社に、架空のカードゲームのカードをすべて作ってもらうという案もあったんですが、金銭的な面もあって、断念しました(笑)。

――クロサワテツ先生のイラストを初めて見た際の感想をお願いいたします。

これ、編集さんから来た質問文が最初「ラストを初めて見た」になってました。ラストのほうにえっちい挿絵があったので、それのことを聞いてるのか?と一瞬本当に迷いました(こういうことは正直に書く)。

ライトノベルのキャラクターデザインをいただくと、大抵はサブの女性ヒロインで一人ぐらい、作者も編集さんも想定していなかったような可愛い女の子が交じっているということがよくあるのですが、今回はマユというロリっ子がクロサワ先生や編集さん含めてツボに入りました(笑)。

11歳にして騎士団の副官というハイスペック少女。
でも作中に出てくるマユの日記の内容は完全におこちゃまでした(笑)!

いかにもいろんなことに顔を出して、余計なトラブルとか起こしそう! この子は何かやってくれると思いました(笑)。イラストをいただいてから、キャラクターのイメージが変わって、アクションが増えることはよくあるのですが、マユは早目にデザインを見せていただいて、そのあたりの変化が相当大きかったキャラクターですね。

――さて、何やらもうすでに2巻の構想が固まっているという噂を耳にしましたが!

かなり進んでおります! 上の質問の回答で出てきたキャラクター、マユのシーンで一箇所、編集さんが「吹いたw」と言っていたので(そういうメールが来た)、よかった、よかったと思っております。1巻のラストに、もう引きを作っておりますが、2巻は滅びそうな王国の王女アルティアと主人公のエイジたちとの戦いになります。敵のほうが押されていて、そっちが謀略を考えたりして挑んでくるって、けっこう珍しい展開なのかもしれません。自分の中では、作中の世界の年表はかなり先までできているので、それに合わせて国を滅ぼしたり作ったりしていければいいなと考えています。

――最後に、本作の見どころを教えてください。

ブシロード木谷高明社長から「リアルに負けない熱いバトルがここにある!」と帯コメントをいただきましたが、そういう熱いカードバトル小説になっているかと思います! カードをやったことないという人も、戦記小説として楽しんでいただけるのではないかと思っております! どうかよろしくお願いします! あと、主人公のエイジとヒロインのリッカのいわゆるラブコメ部分も、しっかり増量して2巻以降もお見せできるかと。こちらもご期待ください!

今まで自分がやったことのないジャンルなので、自分としてもイラストのクロサワ先生とともに楽しみながらやっていきたいと思います。

お読みいただき、ありがとうございました!


森田先生、ありがとうございました!!大いに語っていただきました!

どうやら編集担当は一日の中でかなり長い時間を共に過ごした戦友のようです。森田先生とクロサワテツ先生、そして編集担当との見事なコンビネーションで完成した傑作、ぜひご覧いただきたいです!固い絆を感じるエピソードとしまして、ノーカットバージョンのインタビューを掲載させていただきました!(笑)

そして、まもなくの9月25日には、オーバーラップ文庫9月刊が発売です!各作品の見どころを先取りでご紹介しようと思ったところ・・・なんと、新シリーズ2作品に関しては、著者さん自ら見どころをご紹介くださいました!ありがたい!!さっそくご覧下さい☆

姫ノ木あく先生よりコメント>
高校生活の一大イベントである修学旅行で、ハイテンションな幼なじみ、ボーイッシュなボクッ子、クールな天才幼女、そして金髪巨乳のエルフという四人の美少女たちを率いることになった主人公。ファンタジーな事件に巻き込まれつつも、恋愛や友情もやっぱり大事な少年少女たちの懊悩をコメディタッチで描いています。これから修学旅行を迎える学生さんにも、修学旅行にノスタルジーを感じる大人たちにも読んでほしい作品です。
高崎とおる先生よりコメント>
ぜひ注目してほしいポイントは、女の子がとにかく脱ぐところです。主人公および仲間の女の子たちが世界平和のために、恥ずかしがりながらも、夜の校庭、知人の前、公衆の面前で脱衣します。そして脱衣した上で敵(たいてい宇宙人)と戦ったり、仲間の女の子とくんずほぐれつしたりして、気持ちよくなっちゃったりします。

姫ノ木先生、高崎先生、わざわざコメントを寄せてくださりありがとうございます!!
この新作2つも要チェック作品です!

そして、多数の人気作品続巻も9月25日に発売となります!
各編集担当から、先取り情報も探りさぐり、取材してまいりました♪

最強の生徒会長、更識楯無とその妹である更識簪。二人の間にはただならぬ距離があるようで。そんな簪とタッグマッチのペアを組むことになった一夏は?対するヒロインたちは恋の火花を激しく燃やす! 恋のバトルもコメディも大増量の第7巻です!
オーバーラップ文庫、創刊タイトルからシリーズ第二弾が登場です。相変わらず風変わりな依頼をこなす主人公たちに加え、前巻で登場した神堂葛(しんどう・かずら)が意外な一面を見せてくれたり、水着のサービスシーンがたくさんだったりします! サブタイトル「魂縛りの少女」に込められた意味や、1巻では語られなかった主人公の実家「追儺」(ついな)の家系についても明かされるので、どうぞお楽しみに!
あなたは異世界に救世主として召喚されたのに、俺強くないしハーレムにもならないとします。意を決して地道に体を鍛えて心を育てて強さを身につけたのに、『選べ。救えるのはふたつにひとつ。世界か、彼女か』という現実が突きつけられたらどうしますか!?厳し過ぎるだろ現実!?選べねぇよ!!……そんな“木緒なち全開”の異世界ファンタジー、待望の第2巻です!アリサの危ないペロペロ研究から熱い魔法バトルまで、存分にお楽しみください!
今回は僕の大好きな鈴ちゃんが表紙!ちなみに2巻の内容は、鈴ちゃんファンにはたまらぬ感じで始まります。1巻の時制から考えると、信輝と命の運命の対峙から数週間後という設定です。この二人の関係性が2巻ではいったいどうなるのか、そして、初登場の美少女キャラクターの浅間サクヤの存在にも注目です!

編集担当チームも前のめりにコメントありがとうございます!
9月刊は9月25日発売です!発売日にぜひ店頭でチェックを☆

そして最後に!!緊急ニュースのお知らせです! 9月25日発売の「異世界因果のトラベローグ」が、秋葉原有数のPCゲームショップ「メディオ!秋葉原」様にて、特別に取り扱い頂けることが決定しました!

著者の姫ノ木あく先生はシナリオライターとして「カミカゼ☆エクスプローラー!」「プリズム◇リコレクション!」など、数々の作品に参加しておられ、PCゲーム業界の注目株と言っても過言ではありません。 今回は姫ノ木先生も関わった作品を多数販売してきたメディオ!さまで、数量限定ながら全点サイン入りにて取り扱いとなります。メディオ!さまに立ち寄られた方はぜひ「異世界因果のトラベローグ」もよろしくお願いいたします!

発売中の8月刊、そしてこれから発売する9月刊もお伝えしたい情報が盛りだくさん!そんなわけで、今回はすっかり長い記事になってしまい、申し訳ございませんでした! 最後までお付き合いいただきありがとうございます! なにか1つでも気になる作品との出会いとなっていたらこれ幸いです。

それではまた今度の記事でお会いしましょう!オーバーラップ宣伝のミスティでした!

上の段が9月刊、下の段が8月刊です。オーバーラップ文庫は毎月25日発売!

オーバーラップ文庫HP 
オーバーラップ文庫Twitter

【バックナンバー】
最強の騎士団が戦乱の時代にタイムリープ!?「時渡りの<紅女神騎士団(スカーレット・ナイツ>」制作秘話などインタビュー!
マゾヒスティック・エクスタシー「だから僕はHができない」橘ぱん先生の新作キタ━━(゚∀゚)━━!!口絵イラスト大公開!絶頂する美少女たちがエロ過ぎるぅぅ!!
IS<インフィニット・ストラトス> コミケ84で夏コミ限定オフィシャルグッズをゲットせよ!
「美少女宇宙人とふしぎ道具回収のはずが肌色展開すぎてヤバイ」初公開イラスト満載!…●●の表現て色々あるんだなって
「ろりひめさまの建国日誌」 10歳だけど、国を守るために一生懸命で前向きなとってもいい子なんです
「魔竜宣言」をアキバブログで初解禁!全世界配信開始!サイトウケンジ先生新作「聖剣と魔竜の世界」
オーバーラップ文庫2013年4月25日創刊!IS<インフィニット・ストラトス>最新第8巻発売他、続く再起動プロジェクト一挙発表!
IS<インフィニット・ストラトス>プロジェクト再起動!コミケ83ブース出展決定!

この記事はコラム カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51410834