2013年09月29日

アメコミ専門店 BLISTER comics(ブリスターコミックス)が秋葉原に移転オープン

ブリスター コミックス アメコミ専門店「BLISTER comics」が、29日に日本橋から秋葉原に移転本オープンした。場所はアニメイト裏手のビル3F。アメコミ新刊(リーフ)・グラフィックノベル・TPB(単行本)を中心にし、本オープンの感想には隣人さん『品揃えが新宿にあった頃に若干戻ってて嬉しかった。これからは毎週通います!』などがある。
-


アメコミ専門店「BLISTER comics(ブリスターコミックス)」が秋葉原に移転オープン


お店ブログによると「アメコミやハリウッド映画など独自のカルチャーストーリーを持つアイテムを軸に、"FUN & COOL"なモノをお届け」




アメコミ新刊(リーフ)コーナー


アメコミヒーローのフィギュアとかも


コトブキヤから、これから発売されるサンプル含むフィギュアいろいろ


こっちは新刊以外




入ってすぐの平台には邦訳ものアメコミとか


28日に日本上陸発売の新刊翻訳本「デッドプール:マーク・ウィズ・ア・マウス」【AA】

アメコミ専門店「BLISTER comics(ブリスターコミックス)」が、29日に日本橋から秋葉原に移転本オープンした。場所はアニメイト裏手のビル3F。

ブリスターコミックスは、アメリカのキャラクターアイテムのネット通販や卸売もやっているエンジン株式会社のアメコミ専門店で、お店情報では『最新リーフから邦訳版・関連グッズまで取り揃え』、お店ブログによると『アメコミやハリウッド映画など独自のカルチャーストーリーを持つアイテムを軸に、"FUN & COOL"なモノをお届け』とのことでアメコミ通販もやってる。

28日に本オープンしたBLISTER comics(ブリスターコミックス)は、日本橋から移転してきたもので、その以前は2002年原宿→2005年渋谷→2007年原宿→2010年日本橋と移転してきたとのこと。店内にはアメコミ新刊の1話分を収録「リーフ」や、画集くらいのサイズ「グラフィックノベル」・TPBを中心にし、リーフは1話分を収録し、厚みとかサイズは同人誌くらいで、グラフィックノベルは画集くらいのサイズ。

また、28日に日本上陸発売の新刊翻訳本「デッドプール:マーク・ウィズ・ア・マウス」【AA】もいくつか在庫があり、開店チラシは『新刊コミックブックが毎週入荷!本国アメリカで発売されるマーベルやDCのコミックスを毎週航空便で入荷!翻訳されたアメコミも豊富に取りそろえております』とかになってた。

今回同店が日本橋から秋葉原に移転。店舗面積は約5坪で、店内ではマーベル、DCの人気作品や日本でほとんど知られていないマイナータイトルなど、現在進行形で毎週出版される最新のアメコミを取りそろえる。
毎週直送されるコミックブック(=リーフ)は本国発売日から約1週間後に店頭に並べるほか、単行本(TPB・グラフィックノベル)や日本語翻訳版も多数用意。書籍の取り扱い点数は約1万5000点。アメコミ関連のフィギュアやTシャツも扱う。 価格帯は、1話収録のコミックブック=約400〜600円、単行本=約1,200〜3,000円 アキバ経済新聞
近年、アメコミへの注目度は以前に比べて飛躍的に増している。ひとつは人気作品のハリウッド大作映画への登場だ。さらにアメコミの翻訳出版が拡大していることも、ファン拡大につながっている。アメコミは完全懲悪のシンプルなストーリーという偏見はすでに過去のものだ。〜同店は米国の流通元から直接仕入れることもあり、商品の入荷の早さと品揃えはピカいちだ。秋葉原という土地柄は、そんな最先端の作品を追うファンとも親和性が高いのでないだろうか。従来からのファンには有り難い、そして新しいファン獲得にも力を発揮しそうな移転だ。 アニメ!アニメ! 

なお、ブリスターコミックスの秋葉原移転・本オープン(すでにプレオープンはしていた)の感想には、隣人さん『品揃えが新宿にあった頃に若干戻ってて嬉しかった。これからは毎週通います!』、主水Comicsさん『新店舗は小さいながらも充実した品揃えでした』、おかめるさん『ブリスターさん書籍増えて見ごたえあったなあ。こんでたからじっくり見てないけどスーパーガール買いにまた行きたい〜〜〜』、snzaiさん『新しいブリスターさんはUDXの真ん前で、滅茶苦茶行きやすいポジションです』などがある。

アメコミ専門店 BLISTER comics (ブリスターコミックス)  / Twitter


BLISTER comics(ブリスターコミックス)」の場所はアニメイト裏手のビル3F




UDXのお向かい


ビル入り口の看板


階段を登って3Fへ


3Fに着くと、通路にアメコミなポスターいろいろ






アメコミ新刊(リーフ)コーナー


リーフ「薄い平綴じの冊子で、月刊、B5サイズ、フルカラー、ページ数は20P前後(広告を除く)
日本のコミック誌に連載されている1話(1タイトル)のみが毎月刊行されているようなもの」










リーフは、サイズ的には厚み的にも値段も、同人誌くらい。ほとんどカラー?


原書の「グラフィックノベル」「TPB」(単行本)








邦訳モノ単行本








「リーフ」の新刊以外いろいろ








アメコミヒーローなグッズもあり






アメコミヒーローフィギュア




受注開始前のコトブキヤ「ARTFX+ナイトウィング」のデコマス展示


オープン記念。マーベル日本語版コミック含む3,000円以上を購入で
デッドプール [マーク・ウィズ・ア・マウス] トートバッグの先着プレゼント


ブリスターコミックスの開店チラシ
営業時間は11:00-20:00 定休日:月火(祝日の場合は営業)<


「新刊コミックブックが毎週入荷!本国アメリカで発売されるマーベルやDCのコミックスを毎週航空便で入荷!翻訳されたアメコミも豊富に取りそろえております」

【関連記事】
2012/10:秋葉原にオープンする男性オタク向け料理教室「きっちんあらも〜ど」 先行レポr
2012/08:牛カツ専門店「牛かつ壱弐参」オープン 牛刺しのようなレアのトロ旨 牛カツ試食レビュー
2012/03:ラーメン屋 田中そば店オープン 「塩スープと中太麺。あっさりとしたバランスが凄く良い」
2012/03:シャッツキステプロデュースのメイド花屋さん 「forget-me-not」オープンレポ
2012/03:からあげ屋 KAG250 オープン 「外はカリカリ、中はホクホク唐揚げ」
2012/02:うさぎカフェ 「キャンディフルーツ うさぎの館」オープン
2011/09:海洋堂「ワンフェスカフェ」がプレオープン
2010/05:秋葉原のメインストリートに、マジコン屋が堂々オープン
2009/10:女の子がビンタしてくれるお店「CuteRoom」オープン ビンタして貰いました

2009/10:「マグマニ アキバ進出」 マグマニ秋葉原店開店
2009/07:古炉奈跡地にオープンする欧風ギルドレストラン 「ザ・グランヴァニア」先行レポ
2009/04:同人専門店 D-STAGE秋葉原店オープン
2009/02:激戦区アキバに「COMIC ZIN」オープン
2008/12:成年コミックス専門店「ダンジョンブックス」開店
2008/06:GAME BAR A-Button(ゲームバーAボタン) プレオープン

2005/07:「仕込竹箒から対戦車ロケットまで!」の武装商店 開店

【関連リンク】
アメコミ専門店 BLISTER comics (ブリスターコミックス)  / Twitter
ブリスターMagazine -"FUN & COOL"なニュースサイト
2013年9月28日ブリスターコミックスが秋葉原でグランドオープン!
店舗紹介
BLISTER - World Characters Store:ブリスター

秋葉原のアメコミ専門店「ブリスターコミックス」が移転1周年−記念企画開催(2014/9)
アメコミ専門店「BLISTER comics」、秋葉原に移転−毎週出版最新コミックそろえる
アメコミ専門店BLISTER comics 秋葉原移転 9月28日新オープン
アメコミ基礎知識
現代アメコミの基礎知識
初心者のためのアメコミ解説サイト

新店舗は小さいながらも充実した品揃えでした
品揃えが新宿にあった頃に若干戻ってて嬉しかった
ブリスターさん書籍増えて見ごたえあったなあ
新しいブリスターさんはUDXの真ん前で、滅茶苦茶行きやすい
11時10分くらいだったけど、 混んでて待機列ができてたなー


デッドプール:マーク・ウィズ・ア・マウス (ShoPro Books)デッドプール:マーク・ウィズ・ア・マウス (ShoPro Books)
ヴィクター・ギシュラー ボン・ダゾ

シークレット・インベージョン (MARVEL) スパイダーマン:ニューウェイズ・トゥ・ダイ(仮) ウルヴァリン:エネミー・オブ・ステイト (ShoPro Books) ロビン:イヤーワン バットマン:ハッシュ 完全版

by G-Tools

この記事はよもやま カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51412646