2013年10月05日

河下水希x大崎知仁 てとくち1巻 「江戸にはびこる悪行をスカッ!と解決!」

てとくち漫画:河下水希氏、原作:大崎知仁氏のコミックス「てとくち」1巻【AA】が4日に発売になった。コミックナタリーによると『話術が巧みな少年と、便利屋稼業を営む無口な女性剣士のコンビが事件を解決していく人情時代活劇』で、とら秋葉原店AのPOPは『最強な可憐なる女剣士と、最強な饒舌少年が、江戸にはびこる悪行をスカッ!と解決!!』。
-

漫画:河下水希氏、原作:大崎知仁氏のコミックス「てとくち」1巻【AA】発売
「人情時代活劇!!」

口数が少ないが剣の腕が立つ便利屋稼業の里江
「てめぇには一生つきまとってやるぜ...」 「その五両で終わりにするんだな」

喋りで相手を楽しませるのが得意な商人見習いの周助
「オヤジ...」 「いつまで喋ってるんだお前は」

「かくして出会った里江(て)と周助(くち) 二人の物語にいましばらくのお付き合いを...」
アニメイト秋葉原
特典:イラストカード
メロンブックス秋葉原1号店
とらのあな秋葉原店A

「いちご100%」「(G)えでぃしょん」などで知られる漫画家の河下水希氏と、小説版"銀魂"「3年Z組銀八先生」のほか舞台脚本なども手がけられている小説家・劇作家の大崎知仁氏のコンビが、ジャンプSQ.で連載されているコミックス「てとくち」1巻【AA】が4日に発売になった。

コミックナタリーによると『商いはからきしだが話術が巧みな少年と、訳あって便利屋稼業を営む無口な女性剣士のコンビが事件を解決していく人情時代活劇』で、新刊折り込みは『商人見習いの周助は、喋りで相手を楽しませるのが得意。便利屋稼業の里江は、口数が少ないが剣の腕が立つ。対照的な二人がコンビを組んで、江戸八百八町の悪に立ち向かう!』、裏表紙の謳い文句は『八百八町に蔓延る悪事は、この二人にお任せあれ!空前絶後の人情時代活劇、ついに開幕!! 』などなど。

発売日のアキバではメロン秋葉原1号店に『二人で里江(て)x周助(くち)このコンビ、読んでて気持が良い!』POPが、とら秋葉原店Aに『最強な可憐なる女剣士と、最強な饒舌少年が、江戸にはびこる悪行をスカッ!と解決!!』POPが付いてた。

腕の立つ美少女剣士と何は無くとも口が達者な優男。二人が組んで便利屋稼業、江戸に蔓延る悪を討つ〜てな、人情時代活劇。定番の組み合わせのコンビによる掛け合いや物語の進行は、おかしみもありつつ爽快感も抜群。なにより河下先生による作画が最高。 ときわ書房本店Blog

コミックス「てとくち」1巻【AA】の感想には、クワルナフブログさん『人情時代活劇という通り、人間ドラマの描写がしっかりと描かれていて、軽妙なノリとバトルとともに、時代劇的な作品として楽しめました』、ktさん『表紙にまず惹かれ、読後も満足…面白かった♪』、みきこさん『クールな里江と周助のコンビがいい感じ!お色気要素は少なそうだけど女の子は可愛いです!里江さんがもっとデレたとこが見てみたいな』などがある。

なお、河下水希氏はカバー折り返しで『「てとくち」は「なんちゃって江戸時代マンガ」です。時代的にコレは変!とか無粋なことは言わずにお読みいただければ幸いです』などを、大崎知仁氏はあとがきで『里江と周助の物語を作ることは、毎回大変ではありますが、本当に楽しいです。お前ら、どんなやつなの?と彼らに問いかけながら原作を書いています。というわけで、この第一巻で、里江と周助のことを気に入っていただけましたら、是非、スクエア本誌のほうもね、覗いてみてやってください』などを書かれ、コミックス1巻の巻末に「キャラデザあれやこれや」も収録してる。

「てとくち」1巻コミックス情報 / 試し読み

「周助ってんですけど」
「里江だ」
「便利屋?」
「欲しかったんだろ?ご隠居さんの家の百両が」
「顔 そして声」
「...口ではなく剣を動かしたらどうだ...?」
「鬼水流剣術 表の小太刀
"凛枝"」

【関連記事】
未来型漫画製作コメディー (G)えでぃしょん最終2巻 「乳首描写があるとは!」
河下水希/(G)えでぃしょん1巻 「少女漫画家を目指す女子高生が、エロ漫画家へ」
あねどきっ最終巻 「おまけページに最高の結末が!?」
打ち切りになった「あねどきっ」 "ドジっ子&ツンデレ"妹が登場する第2巻発売
あねどきっ1巻 「お姉さんが工口過ぎて困る」
「初恋限定」最終巻 ポロリもあるよ
おっぱい増量 「初恋限定。2巻」発売
いろんな初恋 「初恋限定。(ハツコイリミテッド)1巻」発売

【関連リンク】
集英社 / ジャンプSQ.
「てとくち」作品紹介
「てとくち」1巻コミックス情報 / 試し読み
河下水希 - Wikipedia
大崎知仁 - Wikipedia

二人が組んで便利屋稼業、江戸に蔓延る悪を討つ〜てな、人情時代活劇
河下水希×大崎知仁「てとくち」、話術と剣術で事件を解決

【感想リンク】
軽妙なノリとバトルとともに、時代劇的な作品として楽しめました
表紙にまず惹かれ、読後も満足…面白かった♪
便利屋を通してどう真相に近づき解決するのか…見守りたい
クールな里江と周助のコンビがいい感じ!
てとくち 1巻 感想 河下 水希 - 読書メーター




この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51413381