2013年10月18日

荒川直人ジオラマ作品展 其ノ弐 「おもしろい。最上と三隈の衝突事故ジオラマとか」

「円形劇場 荒川直人ジオラマ作品展 其ノ弐」が、コトブキヤ秋葉原館で始まった。円形劇場とは『どの方向から見ても、どこを見ても何かしらのストーリーがある情景模型』で、chilidogさん『隅々まで行き届いた細工もさることながら、見せ方が唸らされます、sh!manuk!_H1ro23さん『最上と三隈の衝突事故ジオラマとかある』などなど。
-

プロモデラーWildRiver荒川直人氏の作品展「円形劇場 荒川直人ジオラマ作品展 其ノ弐」
コトブキヤ秋葉原館5Fで開催 開催期間は23日(水)まで

会場内の様子

chilidogさん「今回もまた凄くて口もとが開いたまま会場を廻ってたような。隅々まで行き届いた細工もさることながら、見せ方が唸らされます」

lycorisさん「ジオラマ眺めながら妄想に耽ってたら結構な時間が...」

SFアニメや太平洋戦争の艦船などのミリタリー系ジオラマたくさん

sh!manuk!_H1ro23さん「円形劇場おもしろい。最上と三隈の衝突事故ジオラマとかある」

修復を受ける重巡洋艦「最上」の様子を再現したジオラマ







円形劇場 折れたクチバシ月刊モデルアート 2012/6月号掲載)
「ミッドウェー海戦時、三隈の横腹に、最上の艦首が接触、その後、米軍機による攻撃をうけ第4/5砲塔、機関部にも損傷を受け、つぶれた艦首で、なんとかトラック諸島に。トラック諸島での、工作艦明石に横付けし、応急処置を行っているというシーン」

WildRiver荒川直人氏の作品展「円形劇場 荒川直人ジオラマ作品展 其ノ弐」が、コトブキヤ秋葉原館5Fで17日から始まった。入場料は無料で、開催期間は23日(水)まで。

WildRiver荒川直人氏は、ブログのプロフィールによるとスケールモデルジオラマ『円形劇場』を様々な模型雑誌などで発表されているプロモデラーさんで、『円形劇場』とは、解説パネルによると『360度、どの方向から見ても、どこを見ても何かしらのストーリーがあり、どこが正面/裏面という限度を取り外した情景模型(ジオラマ)です。視線位置を固定化せず、シチュエーションの中に誘導していくように心がけ、見ているうちにだんだん鑑賞者が情景の中に吸い込まれていくような感覚を目指しています』とのこと。

今回の作品展『円形劇場 荒川直人ジオラマ作品展 其ノ弐』は、イベント告知ページによると『陸・海・空スケールモデルから、宇宙戦艦ヤマト2199、ガンダム、宮崎駿 雑想ノートなど、ジャンルを超えたジオラマ作品群』、『過去1年間の各模型雑誌に発表した、新作14作品を中心に、WildRiver's G-World ガンダム作品集の過去のセレクトした作品の展示、メイキングに関してのパネル展示』とのことで、展示作品には太平洋戦争の艦船ジオラマ、ガンダム・宇宙戦艦ヤマト2199などのSFアニメ系ジオラマ、「宮崎駿の雑想ノート」を再現したジオラマ、「よつばとダンボー展」でも展示のダンボージオラマなどのほか、仕事場写真制作ノートジオラマ設計図などのメイキング関係パネル展示もあり、去年の第1回展示会と同じく荒川直人氏本人も来場されている様子。

なお、作品展「円形劇場 荒川直人ジオラマ作品展 其ノ弐」の感想には、sh!manuk!_H1ro23さん『円形劇場おもしろい。最上と三隈の衝突事故ジオラマとかある』、chilidogさん『今回もまた凄くて口もとが開いたまま会場を廻ってたような。隅々まで行き届いた細工もさることながら、見せ方が唸らされます』、lycorisさん『ジオラマ眺めながら妄想に耽ってたら結構な時間が...』などがある。

「円形劇場 荒川直人ジオラマ作品展 其ノ弐」 / WildRiver荒川直人氏のブログ

円形劇場 海龍隠家 「伊400のドックイン姿を中心に、駆逐艦とそれを囲むタグボート、積み込む為の荷物の山など、実際に人が居なくても、そこに人が見える艦船ジオラマを目指しました」





円形劇場 ダンボー秘密基地 「2013年よつばとダンボー展の依頼で製作」





円形劇場 熊の住む洞窟 「辺境の外惑星での戦闘における補給整備を行うために擬装された浮遊移動型ドック」



円形劇場 バレラス宇宙軍港(ホビーショー特別展示)





円形劇場 木馬の休息「ベルファスト軍港にて、オデッサ作戦直前の休息をとるホワイトベール」



円形劇場 水没林道 ジャブローに突入し始めたジオン軍





円形劇場 ジャングルの行軍 「連邦軍敷設工兵部隊のジムが、ジャングルを行軍する」



円形劇場 砂漠のモグラ「北アフリカ戦線の砂漠において、如何に巨大なMSを隠し、過酷な環境下で運用を行っていたかを再現」

円形劇場 ジャブロー迷宮門「ジャングルの中に隠されたジャブローへのゲートは、未解の迷宮への入り口の門でもある」







円形劇場 終わりの始まり「オデッサの戦いに破れ、疲労困憊のジオン軍は宇宙への帰路に」







円形劇場 純血の青きバラ「メランカのドックでの積み込みシーンを再現」

円形劇場 ターレットリング「ヤマトの内部として最も複雑怪奇なターレットリングの第2格納庫をフルスクラッチで製作」



円形劇場 天空の轟音「属州惑星オルタリアのシーンを再現。親衛隊所属のポルメリアから飛び立ったメランカは、無差別のオルタリアの殲滅作戦を開始する」



円形劇場 豚の虎「宮崎駿監督の雑想ノートの中から、ポルシェティガーの実験小隊の章を再現」



円形劇場 甲鉄の黒龍「宮崎駿監督の雑想ノートの中から、南北戦争時代にこんな艦船があったのか、というほど奇妙奇天烈な鉄鋼船のメリマックをフルスクラッチ」



光と影の円形劇場 轟音静寂「ベースとなったのは宮崎駿監督が導入漫画を描いたウェストール作の児童文学書<ブラッカムの爆撃機>のウェリントン爆撃機内部イラスト」

宮崎駿 雑想ノートの世界



「円形劇場 荒川直人ジオラマ作品展 其ノ弐」のパネル展示
仕事場写真、制作ノート、設計図やメイキングなど

【関連記事】
WildRiver荒川直人 円形劇場ジオラマ作品展 「その精巧さにため息が出ます」

フィギュアメーカー千値練の展示会「千値練 秋」 リヴァイ、ジョジョなど
「ゲーム史上、最も美しい2DアクションRPG」 ドラゴンズクラウン アートギャラリー開催
新世界樹×シャッツキステ 新・世界樹の迷宮コラボカフェ「新世界樹のものがたり」開催
「とある自治体の地域振興(プロモーション)秋葉原出張所」 コトブキヤ秋葉原館で開催
1989年公開の国産SFX映画「ガンヘッド」展。撮影用1/8ガンヘッドや画コンテなど
太陽の牙ダグラム&銀河漂流バイファム超立体作品集 作例展示会 「眼福でした」
1989年公開の特撮映画「ガンヘッド」可変装甲戦闘車両の特設コーナー
アスナや黒猫フィギュア 「コトブキヤホビー展示館 〜Autumn〜 in 秋葉原館」
トータル・イクリプス展示会 「BETAのソルジャー級の展示がきめぇぇぇぇ(((( ;゜Д゜))) 」
「プラキットダンボー」を使ったコトブキヤ社内ダンボーコンペ作品の人気投票開始
都内で47人が熱中症で搬送される真夏日のなか、アイルー&メラルースペシャル撮影会
「ニトロプラスミュージアム in KOTOBUKIYA」開催 主にすーぱーそに子
コトブキヤ秋葉原館でアニメ「ペルソナ4」の展示会。鳴上悠の部屋やアフレコ台本など

【関連リンク】
コトブキヤ 秋葉原館
円形劇場 荒川直人ジオラマ作品展 其ノ弐 開催!!
WildRiver荒川直人氏のブログ「WildRiver-World」 / Twitter / Facebook
本日個展に来ていただいたみなさんありがとうございました
「ダンボー秘密基地」が全国行脚の隙間で展示可能に
2013年秋 第2回個展開催のお知らせ

【感想リンク】
1つの台のうえにそれぞれの世界がある WildRiver荒川直人「円形劇場」 コトブキヤで開催中
E-M1と12-40mmと荒川直人氏ジオラマ作品展
隅々まで行き届いた細工もさることながら、見せ方が唸らされます
ジオラマ眺めながら妄想に耽ってたら結構な時間が...
円形劇場おもしろい。最上と三隈の衝突事故ジオラマとかある
コトブキヤ秋葉原館、「WildRiver荒川直人 ジオラマ作品展 其ノ弐」を10月17日より開催
WildRiver 荒川直人氏、秋葉原で個展開催






この記事はフィギュア カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51414959
この記事へのトラックバック
 秋葉原のコトブキヤで荒川直人氏の個展が開催されているというので仕事帰りに寄ってきました。数日前にアキバblogで紹介されていたのでちょっと覗いてみようと思った訳です。      入った瞬間は『凄いものが並んでいる!』という思いと半分アウェーな感じがしま
円形劇場、荒川直人作品展に行ってきました。 (2013.10.19)【ぎんいろ工作室】at 2013年10月21日 00:50