2013年10月29日

ドクムシ1巻 「閉鎖空間の中で膨れ上がる狂気」 処女レ◯プもあり

合田蛍冬 ドクムシ八頭道尾氏サバイバルホラー小説を原作にした、コミックス「ドクムシ」1巻【AA】(作画:合田蛍冬氏)が28日に発売になった。7人の男女が食糧のない廃校に閉じ込められZIN秋葉原店のPOPは『最初に喰われるのは誰?閉鎖空間の中で膨れ上がる狂気。ルールすら不明のサバイバル開始...』で、処女レ◯プもしてる。
-

原作:八頭道尾氏、作画:合田蛍冬氏のコミックス「ドクムシ」1巻【AA】発売
ZINPOP「最初に喰われるのは誰?閉鎖空間の中で膨れ上がる狂気」

封鎖された廃校に閉じ込められた7人の男女
「ここ...どこ...!?」

レ◯プされる女子大生 「!!!」ズンッ

「う...あ...ごめ...な...さ...許...して...」 「俺を...なめがって...!!」
K-BOOKS秋葉原新館
COMIC ZIN秋葉原店
ゲーマーズ本店

原作:八頭道尾氏、作画:合田蛍冬氏がE★エブリスタで連載中のコミックス「ドクムシ」1巻【AA】が、28日に発売になった。

『ドクムシ』の原作小説「コドク〜蠱毒〜」は、八頭道尾氏が小説・コミック投稿コミュニティサイト「E★エブリスタ」で連載され、双葉社から商業出版もされ、『7人の男女が目覚めたのは、封鎖された廃校だった。そこにあるのは7日間をカウントダウンする電光掲示板と土鍋、そして肉切り包丁』、『あまりの過激さで強制非公開を連発した問題作!(原作書籍情報)』なサバイバルホラーみたい。

今回発売になったコミックス『ドクムシ』1巻は、「王様ゲーム 終極」「奴隷区」などを出している双葉社・Dsideの新刊で、オビ謳い文句は『7日間耐えるか、最後の1人になるか...殺らねば喰われる』で、裏表紙によると廃校に閉じ込められたのは大学生・サラリーマン・キャバ嬢・9歳の少女など7人の男女。ZIN秋葉原店には『最初に喰われるのは誰?閉鎖空間の中で膨れ上がる狂気。ルールすら不明のサバイバル開始...』POPが付いていて、処女レ◯プもあり。

なお、コミックス「ドクムシ」1巻【AA】の原作小説「コドク〜蠱毒〜」の感想には、吉太郎さん『物語の展開、構成など深みはあまり感じられないが、人間の負の感情、行動の描写が、かなり直接的でグロい仕上がりです(笑)おそらく、その点に最も力を入れたのだろう』、日向さん『1人1人からの視点で見られて、登場人物たちから感じるただならぬ狂気がひしひしと伝わってきました』、chibitaさん『この手のジャンル作品としては、読みやすく、まさにエログロ。〜しかし、そのオチはないでしょ』などがある。

「ドクムシ」1巻コミックス情報 / 連載ページ

壁には電光掲示板
「おおよそ7日間」
「監視者が期待しているのはボクらの殺し合い」
「食い合い...蠱毒...!」
「食糧もないのに土鍋
それに肉切り包丁だ」
「女子は素手で男性にかなうわけないじゃないですか」
「オレたちはここでこれからどうなっていくのか...」

【関連記事】
奴隷区3巻 「24人の主人公が繰り広げる欲望群像劇!」 相手を奴隷にできる器具SMC
勝てば相手を奴隷にできる 奴隷区2巻 「偏愛・暴力・恩返し…悪逆無道の暴走展開!」
コミックス奴隷区1巻 「勝ちさえすれば相手を奴隷に。24人の欲望バトルロイヤル!」
サバンナゲーム The Comic1巻 780万人が参加する政府公認の殺戮ゲーム

負けたら死ぬソシャゲ ダーウィンズゲーム2巻 「現実を侵食するダークサスペンス!!」
王国ゲェム1巻 「高校生7人が巻き込まれた支配と服従のデスゲーム」
BTOOOM!12巻 「リアルボンバーマン ゲームクリア…!?」
FLIPFLOPs/ダーウィンズゲーム1巻 「殺せば勝ち。負けたら死にます」
ヴァイアンメイデン1巻 「学校が戦場!初回から残虐!衝撃のバトルロワイヤル!」
ヒト喰イ 1巻 「閉鎖空間で行われる生き残りをかけたホラーサスペンス」
石川マサキ/13GAME(1) 「生き返る為の強制バトルロワイヤル!」
月ノ輪航介/ストロボ1巻 「自らの死因を武器に生き返る為に殺し合え!!」
ライフ・イズ・マネー1巻 「一億円か、死か。サイコロの出目が死へと誘う」
賞金1億円の心理デスゲーム「THE QUIZ(ザ・クイズ)」 ホラーミステリー小説の漫画化

【関連リンク】
双葉社
WEBコミックアクション / Dside
「ドクムシ」1巻コミックス情報
原作小説「コドク〜蠱毒〜」書籍情報
小説・コミック投稿コミュニティ「E★エブリスタ」
WEBコミック「ドクムシ」連載ページ
原作:八頭道尾氏のブログ / Twitter
作画:合田蛍冬氏のブログ / Twitter

ライトなホラー。ライトなエログロ

【原作小説感想リンク】
人間の負の感情、行動の描写が、かなり直接的でグロい仕上がりです(笑)
登場人物たちから感じるただならぬ狂気がひしひしと伝わってきました
この手のジャンル作品としては、読みやすく、まさにエログロ
コドク〜蠱毒〜 感想 - 読書メーター






この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51416265