2013年12月20日

げんしけん二代目の六(15巻) 「すっげー!完全に斑目中心のハーレムルートじゃん!」

げんしけん 二代目 「げんしけん二代目の六」(15巻)DVD付き特装版【AA】が、アキバでは19日に発売になった。特装版のDVDは『第9巻収録の「成田山初詣エピソード」完全新作アニメ化!』みたいで、漫画本編の何かよくわからん気まぐれBlogさんの感想は『すっげー!完全に斑目を中心としたハーレムルートじゃん!これって何てエロゲ??w』。
-

木尾士目氏のコミックス「げんしけん二代目の六」(15巻)DVD付き特装版【AA】

「マダラメ総受ケ…」

「BL好きのままだと、セクシャリティが変わっちゃって…斑目先輩を好きに…」

「We'll let him love ALL THEREE OF US!! (三人いっしょに愛してもらおう!!)」
メロンブックス秋葉原1号店
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード

木尾士目氏がアフタヌーンで連載されているコミックス「げんしけん二代目の六」(15巻)DVD付き特装版【AA】が、アキバでは19日に発売になった。

「げんしけん二代目の六」(15巻)特装版【AA】のパッケージ裏面は『第9巻収録の「成田山初詣エピソード」完全新作アニメ化!』、『荻上千佳・二年生の冬、年の瀬。来年は日本に留学したいというスーが、コミフェス後に荻上の家に泊まることになった。まだぎこちない距離感の荻上とスーが過ごす一夜。翌日は現視研メンバー総出で成田山へ初詣。それぞれの年が明けてゆく――』になっていて、「げんしけん」9巻のエピソードをアニメ化した「ボンノーはとめどなく」を収録DVD付き

また、15巻のコミックス情報は『斑目への感情のコントロールが効かないことを自覚したオトコの娘・波戸賢二郎は、もう女装もBL趣味もやめると宣言した。現視研の会員たちも不安になりつつ見守る中、コミフェスの季節がやってくる。コミフェスといえば現れるアンジェラが、斑目の周囲をさらにかき回す。それぞれの想いは加速して、事態は思わぬ方向へ――。既刊と同様、描き下ろしのおまけページも大量に収録!』、カバー下は艦これ・島風コスプレのスー

なお、「げんしけん二代目の六」(15巻)の感想には、惰眠日記さん『斑目のモテ期が到来、女に男に大人気ですな(笑)。この状況はラッキーと言うよりはアンラッキーと言う感じだな』、何かよくわからん気まぐれBlogさん『斑目に対する想いが飛び交う中で始まる波乱のコミフェス!』、『すっげー!完全に斑目を中心としたハーレムルートじゃん!・・・ってか、これって何てエロゲ??w』などがある。

「げんしけん 二代目の六」(15巻)特装版コミックス情報 / 通常版

「ハト×マダ!!」
「このままじゃ本当に、頭がおかしくなりそうだから」
「波戸ちゃんは自分と闘ってるんだと思いまスよ?」
「言ってましたよ、斑目さんにモテ期来てるって!」
「BLの為に、先輩を売るんじゃねぇ」
「やっぱり逃げた!!」

【関連記事】
画像:げんしけん(15)DVD付き限定版 発売
げんしけん二代目の伍(14巻) 斑目の告白「唇をかみしめながら読む事間違いなし!」
げんしけん二代目の四 「波戸の恋愛事情と斑目のモテキ到来が面白くてたまらないw」
げんしけん 二代目の参(12) 「新旧交代はあれど、現視研やっぱ濃いわ〜」
げんしけん 二代目の弐(11) 「カミングアウトがこだまする、オタクな青春物語」
げんしけん 二代目の壱(10)発売 「アキバ系青春物語!新シリーズ開始!」
げんしけん9巻特装版が発売。とら1号店「思いっきり凄い山積み」
げんしけん8巻 「荻上キター 荻上ファンには正に至高の一冊」
げんしけん7巻発売 「でかすぎるぞ大野さん 髪を下ろした荻上もなんかイイかも」
「げんしけん6巻 特装版」アキバは山盛り
げんしけん第5巻特典にみる「くじアン人気キャラ1位」は副会長?
「世間を忘れたとき、そこには素敵な世界が広がるのかもしれません。嘘ですが」

楽園 Le Paradis 「恋愛系コミック最先端」 あの冷やし縞パンも
ぢごぷり2巻 「木尾士目の子育て漫画、ここに完結!!」
木尾士目の「恐い育児マンガ」 ぢごぷり1巻

【関連リンク】
講談社 / アフタヌーン
「げんしけん 二代目の六」(15巻)特装版コミックス情報 / 通常版
TVアニメ「げんしけん二代目」公式サイト / Twitter
げんしけん - Wikipedia
木尾士目 - Wikipedia

【感想リンク】
DVDは懐かしい1期のエピソード、本編は斑目さんハーレムルート!?
斑目晴信のモテ期!「げんしけん 二代目の六」15巻
自分の中で湧き上がる感情を理性で押さえ込みにかかった波戸
斑目のモテ期が到来、女に男に大人気ですな(笑)
なんというハーレム展開。これぞモテ期!
「げんしけん」ファンなら「もしも斑目と咲がくっついていたら?」のIFが楽しめる
斑目さん、モテ期を無視しすぎてヤバイ結末が予感される
いきなりハーレムルート突入?これって何てエロゲ??w






この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51422040