2013年12月20日

藤崎竜/かくりよものがたり1巻 「これは当たりだわ。封神好きなら外さない日本版封神」

藤崎竜 かくりよものがたり 藤崎竜氏のコミックス「かくりよものがたり」1巻【AA】が19日に発売になった。新刊折込紹介は『[封神演義][屍鬼]の藤崎竜 最新作――人の世界=現界と霊の世界=幽界を巻き込んだ2人の戦いが幕を開く!』で、tatsukiさんの感想では『これは当たりだわ。封神好きなら絶対外さない。だって、日本版封神だもの』とのこと。
-

藤崎竜氏のコミックス「かくりよものがたり」1巻【AA】発売

「今月に入ってこれで十回目だ!!!どう見ても出すぎだろう 怨霊がっ!!!」

「まいりましょう みなさまのお役に立てることこそはアメの幸せ」

「現界の怨霊は怨念の権化であり、超常的な力をふるい人に災いをもたらす存在となる」
K-BOOKS秋葉原新館
メロンブックス秋葉原1号店
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード

藤崎竜氏が週刊ヤングジャンプで連載されているコミックス「かくりよものがたり」1巻【AA】が19日に発売になった。

『かくりよものがたり』は、コミックナタリーによると、『とある山中に存在する霊場カミツヨミドの姫・アメと、彼女の幼馴染・サルタヒコが織り成す物語。人に災いをもたらす怨霊を鎮魂し、怨霊絡みの事件に巻き込まれた人を“黄泉返らせる”役目を担うアメの前に、故意に怨霊を黄泉返らせる少女が現れたことからストーリーは動き出す』みたいで、強い未練を持って成仏せず人に災いをもたらす「怨霊」と戦ってるお話。

コミックス1巻のオビ謳い文句は『現世(アラワヨ)×歴史(レキシ)×神話(シンワ)の靈語(モノガタリ)』で、新刊折込は『[封神演義][屍鬼]の藤崎竜 最新作――人の世界=現界と霊の世界=幽界を巻き込んだ2人の戦いが幕を開く!!』になっていて、とら秋葉原店AでPOP『教科書には載らない死後の歴史上の人物たちの未練を巡る物語が始まる――』が付いてた。

霊が住まう霊のための町、霊場・カミツヨミド。不可思議なる「お力」で荒ぶる魂の鎮魂を使命とするアメ姫。そして、命を賭して彼女を護る事を誓ったサルタヒコ──。現界(人の世界)と幽界(霊の世界)の運命の靈語が今、紐解かれる!!! 裏表紙より

また、おたぽるの紹介には、『その能力ゆえに、人間を黄泉返らせるたびに歳をとってしまうアメ、怨霊との戦いで体のほとんどをカラクリ(サイボーグ)化されてしまったサルタヒコ、カワイイ顔してエグイことをする敵役。それぞれのキャラクターの造詣はもちろんのこと、登場キャラたちのとぼけた会話、衣装やメカニックの細部の書き込みなど、作中にはフジリューテイストがふんだんに盛り込まれている』とかになってる。

なお、コミックス「かくりよものがたり」1巻【AA】の感想には、tatsukiさん『これは当たりだわ。封神好きなら絶対外さない。だって、日本版封神だもの』、麻里邑圭人さん『封神演義とドリフターズを足して2で割ったような感じでなかなか面白い』、竹竿さん『かくりよものがたり面白いw久々の藤崎竜だけどやっぱ好きだなぁ〜』、minagiさん『フジリューが好きな自分にとってはもうなにもかもが素晴らしい。特に絵の美しさは流石のフジリューです。歴史上の人物もフジリューが書いたと思えば絵をみるだけで楽しい』などがある。

「かくりよものがたり」1巻コミックス情報 / 作品情報(試し読みあり)

怨霊 佐田三兄弟
「500年ぶりの現界なるぞ兄者!!!」「ああ!今こそは積年の恨みを晴らす時!!!」

怨霊 武蔵坊弁慶
「われらに敵対する者どもよ 怨霊の真の力を思い知らせてやるぜ!!」
卑弥呼「幕末の武士の怨霊が出まする〜っ!!!」
「怨霊!!!テメーの相手は
オレたちだぜ!!!」
「もはや刀の斬れ味などどうでも…よいわ〜〜っ!!!」
「上空から怨霊を黄泉返らせてやがったのか!!」
「――ってマジか!!!」
「さっ 三体!!?」
「死返玉
(マカルカエシノタマ)!!!」

【関連記事】
屍鬼11巻完結 「この悪夢は死ぬまで覚めることはない――」
屍鬼3巻発売記念 藤崎竜コーナー 「この場所はフジリューが乗っ取った!」
コミックス屍鬼 「傑作ホラーをフジリューが大胆にリアレンジ!」

ソウルリヴァイヴァー2巻 「逝ったものを再び還す、魂の救出屋」 地獄的な意味で
藤沢とおる×秋重学 ソウルリヴァイヴァー1巻 「無になる前に魂のサルベージ」
平野耕太 ドリフターズ3巻 「歴史上の勇者達が入り乱れる戦争激化!」
歴戦の武将や軍人が時空を超え集まるドリフターズ2巻 「男なら読んどけっ!」
ドリフターズ1巻 「平野先生最新作キタ━ !」「異界戦国群雄絵巻!」

【関連リンク】
集英社
週刊ヤングジャンプ / Twitter
「かくりよものがたり」1巻コミックス情報 / 作品情報(試し読みあり)
藤崎竜 - Wikipedia
かくりよものがたり - Wikipedia
藤崎竜「かくりよものがたり」1巻、荒ぶる怨霊の鎮魂を描く
フジリューテイスト満載!現界と幽界の狭間を描く『かくりよものがたり』

【感想リンク】
人々を脅かす過去の偉人たちを命を賭して粛清する若い2人の霊語!?
死者を復活させることのできる力。それを持つ者同士が戦う話
独特のタッチ、個性的なキャラクター、独創的なキャラデザに世界観、描く全てが“藤崎竜”
黄泉返らせる少女二人の戦いが・・・始まる!
かくりよものがたりめっさおもしろかった件
日本神話・日本史オールスター漫画で嫌いなわけないじゃんばか!すき!
楽しみにしてた表紙が美しくて感動っ><美麗の一言に尽きますな
何よりカラーが見れないのが残念でたまらん
封神演義とドリフターズを足して2で割ったような感じでなかなか面白い
もっと癖が強いと思ったらふつうに面白かった
雰囲気は過去の連載作の中ではWaq waqに近いのかもしれない
タケミカズチが設定とキャラデザ的に好きだわー
かくりよものがたり面白いw久々の藤崎竜だけどやっぱ好きだなぁ〜
なんか唐突に顔面で作画崩壊するのなんなの
相変わらずどストライクの作画の漫画がまた読めるだけで幸せ
これは当たりだわ。封神好きなら絶対外さない。だって、日本版封神だもの
フジリューが好きな自分にとってはもうなにもかもが素晴らしい
アメ(とワタ)の献身は健気というより痛々しくて、藤崎竜っぽくて良い
かくりよものがたり 1巻 - 読書メーター








この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51422042