2014年01月19日

舞阪洸×エレクトさわるのライトノベル 「ロムニア帝国興亡記」2巻

ロムニア帝国興亡記富士見ファンタジア文庫1月新刊、「ロムニア帝国興亡記II」【AA】が18日に発売になった。RPG「プリンセス・ミネルバ」の原作・シナリオで知られる小説家:舞阪洸氏と、「神曲のグリモワール」を連載中のエロ漫画家:エレクトさわる氏によるファンタジー戦記モノで、折込チラシは『皇帝急逝を受け、うつけ王子と群雄たちとの激戦が本格始動!』。
-

著:舞阪洸氏、イラスト:エレクトさわる氏のライトノベル「ロムニア帝国興亡記」2巻【AA】発売
「英雄、相立つ 世は群雄割拠!」

エロメイド服のヒロインたち「ちょ、これ、裳裾、短すぎ、本気で短すぎ」

「ヨーコは密集する兵士のあいだを駆け抜け、抜刀した刀の峰で兵を打ち倒していった」
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:特製ブックカバー
ゲーマーズ本店
特典:イラストカード

富士見ファンタジア文庫1月新刊、著:舞阪洸氏、イラスト:エレクトさわる氏のライトノベル「ロムニア帝国興亡記II ─風車を回す風─」【AA】が18日に発売になった。

『ロムニア帝国興亡記』は、特設ページによると『帝国の“うつけ皇子”サイファカールに辺境長官赴任の勅命が下る。次代皇帝の座を巡る政争と陰謀が渦巻く宮廷から放逐され、歴史の影に埋もれるものと誰もが思っていた。だが――突如としてもたらされた、世界帝国の命運を揺るがす報!“うつけ皇子”か?それとも“稀代の英雄”か?野に放たれた虎が帝国の運命を大きく変転させる興亡記、今開幕!』なファンタジー戦記モノ。

今回発売になった2巻書籍情報は『帝国全土を駆け巡った"皇帝崩御"の報せを受け、群雄たちが動き出す。皇位継承権を巡る皇子たち、帝国海軍を率いる女傑、帝国最強の将軍――。兵なき僻地を治めるうつけ皇子がとった生き残りをかけた奇手とは!?』で、巻頭には、エロメイド服のヒロインたちや、ふともも戦闘シーンなどのカラーページや、帝国の領域図を収録し、オビは『英雄、相立つ 世は群雄割拠!』、折込チラシは『“皇帝急逝”を受け、うつけ王子と群雄たちとの激戦が本格始動!』になってた。

帝国全土を駆け巡る“皇帝崩御”の報せ。ある者は己の正当性を掲げ、またある者は野望のため、あるいは大義のため――群雄たちが立ち上がる。一方、その群雄に埋もれる“うつけ皇子”サイファカールが示した指針とは、皇太子に反旗を翻す者を討ち、反乱の意思をみせず、密かに勢力の拡大を図ること。だが、それには大きな問題――圧倒的な兵力不足があった。
「少数でも問題ない。さて、皆には侍女(メイド)服を着てもらおうか」。突如始まるステラステラ、リ・イン、ネムネモの侍女修行。“うつけ皇子”の狙いとは?それとも、ただの思いつき?群雄たちが野心を明らかにする時、帝国の興亡が決する!? 裏表紙

「ロムニア帝国興亡記」2巻【AA】の感想には、らて。さん『一巻がほとんど導入だったからどうなることやらと思ってたけど良くできてると思います。途中でエロ路線に走るのが玉に瑕かな? 実際にあった歴史をこんな風に纏められたら日本史とかも好きになれそうです』、氷楼さん『真面目に戦記しているときはとても面白いですし良くできていると思いますが、多少ならともかく結構な量のエロ路線なシーンがあって、それが正直いって邪魔ですね』、るーしぇさん『色々な勢力が出てきて興亡記らしくなってきたのう』などがある。

なお、あとがきで、舞阪洸氏は『一巻は発売直後に重版がかかってくれたので、どうやら三巻で終了というケースは避けられたっぽいです。これも読者の皆さんの応援のおかげ。ありがとうございます。エレクトさわるさんが描く魅力的なキャラ絵がこの後も増えていくわけで、作者としても楽しみです』などを書かれている。

「ロムニア帝国興亡記II ─風車を回す風─」書籍情報 / 舞阪洸氏のブログ

「サイファカール様のお墨付きを戴いたぞ!」
「可愛い侍女として皇子様にご奉仕してやるからネ」
「わたくしにそのような大役を仰せになりますか!」
「わたしがいるのを完全に無視していますね!」
「敵は怯んでいます!
殲滅の好機です!」
「おまけに乳も大きい」
「それは関係ございません」


【関連記事】
乳首立ちまくりの競泳水着マンガ(原作:舞阪洸氏)

エレクトさわる/神曲のグリモワール 「触手、ぶっかけ、圧倒的なセッ○ス描写」
エレクトさわる/おっぱインフィニティ∞! 「ドロドロの白濁液を大量投入」
大量ぶっかけ エレクトさわる「PANDRA―白き欲望 黒の希望―II」特装版
エレクトさわる/PANDRA 「今回も巨乳ぶっかけ大量白濁液モノですよ」
エレクトさわる/せめちち限定版 「いわずもがな工口い」
「おっぱい神 エレクトさわる最新刊」 淫術の館
エレクトさわる氏の初単行本 「おっぱいやお尻やアソコが素晴らしくリアル」

エレクトさわる 艦これ同人誌「慰安戦艦ナガト」 ダブリの長門と陸奥は快楽洗脳調教
快楽天みたいな同人誌 COMICガルガン天 「いっぱいヌキヌキ...しちゃおっか?」
エレクトさわる冬コミ新刊 バイオ6同人誌 「肉体改造を施されたシェリーが徹底陵辱」
サークルERECT TOUCH モバマス酪農系巨乳アイドル「及川雫」 ぶっかけ白濁同人誌
サークルERECT TOUCH新刊 QUEEN'S SLAVE 「性奴隷へと堕ちていく…!!」
サークルERECT TOUCH新刊 白濁液まみれのまどかマギカ同人誌
けいおん!!同人誌 白濁液まみれのムギのアルバイト
ぶっかけサークル ERECT TOUCHのモンハン同人誌
ぶっかけサークルといえばERECT TOUCH 同人誌ランキング

【関連リンク】
富士見書房 / 富士見ファンタジア文庫
「ロムニア帝国興亡記II ─風車を回す風─」書籍情報
「ロムニア帝国興亡記」特設ページ(試し読みあり)
舞阪洸氏のブログ / Twitter
舞阪洸 - Wikipedia
エレクトさわる氏のブログ / Twitter / pixiv

【感想リンク】
実際にあった歴史をこんな風に纏められたら日本史とかも好きになれそうです
帝国のうつけ皇子が仲間と共に希代の英雄へと駆け上がる戦記ファンタジー
帝国の秩序の崩壊は既に秒読み段階
色々な勢力が出てきて興亡記らしくなってきたのう
嫌いじゃないんだけどマイナス面が目立って気になって仕方ない
多少ならともかく結構な量のエロ路線なシーンが...
ロムニア帝国興亡記II ─風車を回す風─ 感想 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit