2014年02月08日

女子高生バドミントン はねバド!2巻 「萌え+燃えの破壊力が大きな魅力!」

女子高生バドミントン漫画 はねバド! 濱田浩輔氏の女子高生バドミントン漫画「はねバド!」2巻【AA】が7日に発売になった。オビは『跳ね、飛び、駆ける、全力青春!高校バドミントンストーリー!』で、かーずSPさんの感想は『なぎさに、ガチンコで立花コーチが向き合う展開が熱すぎるっ!!』『萌え+燃えの破壊力、これが「はねバド!」の大きな魅力』などを書かれている。
-


濱田浩輔氏の女子高生バドミントン漫画「はねバド!」2巻【AA】発売

「次はIH(インターハイ)で…!」

「IH出場経験もある攻撃型の荒垣、守備型でデンマークのコニーを圧倒した羽咲…この二人が並んで戦うダブルスは、息が合えば全国屈指のペアになれる…!!!」

かーずSPさん「どうですかこれ! 最高の1ショットでしょっ!!さも自分が描いたかのように言ってますが、いや〜濱田浩輔先生、マジ天才!」
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
4Pリーフレット
ゲーマーズ本店
特典:ブックカバー

濱田浩輔氏がgood!アフタヌーンで連載されている女子高生バドミントン漫画「はねバド!」2巻【AA】が7日に発売になった。

作品情報によると『県立北小町高校バドミントン部のコーチになった立花健太郎。部員数が足りず団体戦にも出られない部を立て直せないかと悩む中、校庭の大木を難なく駆け上る運動神経抜群の少女「羽咲綾乃」を見つけ、なんとか勧誘しようとするが、彼女はなんとバドミントンが嫌いだった!』で、驚異の運動神経を持つが極度の人見知りで声が小さい「羽咲綾乃」、3年エースの巨乳バド部主将「荒垣なぎさ」、バド部副主将「泉理子」などが登場する(裏表紙のキャラ紹介)。

今回発売になった「はねバド!」2巻【AA】のオビ謳い文句は『跳ね、飛び、駆ける、全力青春!高校バドミントンストーリー!!放課後が私たちの楽園!』で、まんが王倶楽部の紹介『2巻は1巻よりもバドミントンシーンが熱い!1巻は綾乃の超人的なプレイの演出に目を奪われていましたが、2巻は普通に強いなぎさがメインとなるためにどう選択して、どう動いてとバドミントンの選手が何を考えて動いているのかをしっかり描いています』とかもあり、とら秋葉原店AのPOP『綾乃のほんわか性格の真相!!IH前に立ちはだかる荒垣の試練!そして、斜め上を行く綾乃の行動!!w』がついてた。

5人目の部員を得て、インターハイ予選へ向けて活動を開始する一同。しかし、活動初日からスランプ中のエース「荒垣なぎさ(あらがきなぎさ)」と衝突……部は崩壊寸前に!  裏表紙

なお、コミックス「はねバド!」2巻【AA】の感想には、かーずSPさん『全力でスポーツに取り組んでる二人、ついには夜遅くに体育館で……いや〜青春してますわ、みんな!』、『ラリーがあって、めくったところにこの躍動感ある止め絵がドン!!(あと若干エロいのも見事!)これが萌え+燃えの破壊力、これが「はねバド!」の大きな魅力だと勝手に思ってます!』、東雲あずみさん『荒垣さんをメインに据えつつ、女子バドがまとまっていく様子という感じですかねー。ひとりでお色気と王子様分を担う、ショートカット高身長爆乳の荒垣さんマジ可愛い』、マンガとかラノベ等の感想ブログさん『愛脳な今時の女子高生たちの王道青春バドミントン漫画だった。所々ある着替えシーンもあざといw』などがある。

「はねバド!」2巻コミックス情報 / 全国一部書店でもらえる購入特典を紹介!

「夏のIH予選までもう一月切ってんだぞ!!」
「団体戦は互いのチームの同じ番号同士が対戦するの」
バッ
「両手が使える羽咲の守備範囲は恐ろしい程広い」
「理想の返球はクロスへのドライブリターン!!」
「ごめん…!今日は勝手に練習抜け出したりして…」

【関連記事】
はねバド!1巻「パジャマな彼女 濱田浩輔先生の新作!とにかく女の子が動く動く」
パジャマな彼女。最終3巻 「最終話付近の内容は本当に濃かった」
パジャマな彼女。2巻 「4ページ目から乳首解禁だああああああ!」
パジャマな彼女。1巻 「乳首券発行 くりかえす、乳首券発行!!! 股間が熱くなるな…」

女子高生バドミントン漫画 ガズリング4巻(完)「久々にアツいスポーツ漫画だった」
女子高生バドミントン漫画 ガズリング2巻 「初心者の女子高生が跳ぶ! 走る! バテる!」
女子高生バドミントン漫画 ガズリング(1) 「かなり熱いぞ。完全にスポコン作品w」

【関連リンク】
講談社 / good!アフタヌーン
「はねバド!」2巻コミックス情報
「はねバド!」アフタヌーン公式サイト
全国一部書店でもらえる購入特典を紹介!
濱田浩輔氏のTwitter / pixiv
濱田浩輔 - Wikipedia
ジャンプからアフタヌーンへ。はねバド!1巻発売の濱田浩輔先生インタビュー(1巻発売時)

【感想リンク】
青春スポーツ漫画として面白くなってきた感じですね
荒垣なぎさの青春「はねバド!」2巻
これが萌え+燃えの破壊力、これが『はねバド!』の大きな魅力
青春スポーツ漫画として面白くなってきた感じですね
母親の存在などは謎のままですがようやくバドミントン部として始動?していきそうです
今時の女子高生たちの王道青春バドミントン漫画。所々ある着替えシーンもあざといw
立花のコーチらしさが出てて良かった。何かスカウトしてるイメージしか無かったからさ
第2巻読了!相変わらず絵が可愛いし話も面白い!
ひとりでお色気と王子様分を担う、ショートカット高身長爆乳の荒垣さんマジ可愛い
意外とちゃんとバドミントンやってるのね、これがまた
はねバド 2巻面白かった! 羽咲ちゃん可愛い
スゲー良かった!1巻とは方向性の違う面白さで、それでいて今後も楽しみになる感じ
青春すぎて読んでる方が恥ずかしくなるけどとても良かった
よかった! 作者はジャンプから講談社に移籍して本当に良かったと思うわ
コーチとなぎさのシングルスが良かったな…というかなぎさがかわいい…
はねバド! 2巻 - 読書メーター






この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51427460