2014年02月25日

拷問66種 本当はやってはいけない拷問マニュアル 「内容はかなりショッキング」

本当はやってはいけない拷問マニュアル 拷問解説本「本当はやってはいけない拷問マニュアル」【AA】が、アキバでは24日に出てた。裏表紙では『この本を読んでも、決して真似をしないで下さい...』を謳った、古今東西の“拷問”解説本で、66種類の拷問・拷問具を(一部)美少女が拷問を受けるイラストとともに収録し、あきのねさんの感想は『内容はかなりショッキング…(鬱』。
-


皮剥ぎ「皮膚に切り込みを入れて生皮を剥ぐ」「死亡率が非常に高いため、拷問よりも刑罰としての意味合いが強い」 地域:全世界 時期:紀元前古代社会?

刻み責め「用いられる刃物は様々で、意外とはさみの使用例が多い」
地域:全世界 時期:紀元前古代社会?

電気アイロン責め 「熱した電気アイロンを素肌に押し当て、苦痛を与える」
「コンセントさえあればすぐ始められる」「熱する範囲が広いため、治りにくく苦痛が長引く」 
地域:中国など 時期:20世紀末?

著:松代守弘氏、協力:鳥山仁氏の拷問解説本「本当はやってはいけない拷問マニュアル」【AA】が、アキバでは24日に出てた。

古今東西の“拷問”をテーマにしたテキストメインの拷問解説本で、書籍情報では『木馬責め、吊るし責め、遮断責め、ガロット、ドライサブマリーノ。あまたの拷問を既に絶滅したもの、未だ行われているもの、現実には存在しなかったものに分類し、拷問が発明・採用された当時の社会情勢、効果、登場作品まで網羅した異色の拷問本がついに登場』になってる。

冒頭の「総論」では、「拷問の定義」、「拷問の歴史」、「拷問の効果」、「拷問と医療」、「拷問の暴走」、「拷問なき社会」について書かれたほか、スペインの宗教裁判、拷問を禁止する条約の抜け穴、アメリカCIAによる自白実験「MKウルトラ計画」を扱ったコラムなどについて書かれ、収録している拷問は、『皮剥ぎ』、『刻み責め』、『電気アイロン責め』、『ガロット』、『頭蓋骨粉砕機』、『コウノトリ』など、66種類の拷問・拷問具を、(一部)美少女が拷問を受けるイラストとともに解説し、あきのねさんは『内容はかなりショッキング…(鬱』とのこと。

著者の松代守弘氏は、「本当はやってはいけない拷問マニュアル」【AA】のあとがきで、『本書には様々な拷問を収録したが、最近では「照射責め」や「ストレスポジション」あるいは「騒音責め」といった、拷問者が手を下さない拷問が好まれる傾向にある』、『娯楽作品における拷問者は往々にして勤勉で、額に汗しつつ熱心に暴力をふるい、絶え間なく犠牲者を責め立てる。それは現実に存在する怠惰な拷問者とはかけ離れた姿であろうが、怠惰な観客は娯楽においてまで怠惰な他人の姿を見たくないのかもしれない』などを書かれている。

なお、カバー折り返し巻頭注意書きは『本書は拷問、および拷問に類似した非人道的な行為に対して警鐘を鳴らし、それらを未然に防ぐためにリテラシーを身につける目的で執筆されています』で、裏表紙では『この本を読んでも、決して真似をしないで下さい...』になってた。

「本当はやってはいけない拷問マニュアル」書籍情報 / 松代守弘氏のブログ

ガロット
頭蓋骨粉砕機
コウノトリ
海老責
拷問椅子
白い拷問
長靴責め
鼠責めと猫責め
歯責め

【関連記事】
拘束少女絵巻 学園編 「拘束による甘美な痴態の数々」「悦ぶ少女たち」
拘束少女絵巻 高潔編 「"高潔なる少女"を拘束、妖艶でフェティッシュな世界」
死亡、寝取られ、切断、拷問。「エロゲー トラウまにあくす」
世界の処刑と拷問 「この本を目にしたスタッフの目の輝きが怖ぃですぅ‥‥」
いじめられっこ少女コレクション 「全ページ責められっ娘でいっぱい!!」 性的な意味で
責められ少女絵巻 「好きだからこそ、いじめたい!」「着衣×責め」
大人の為のレザークラフト同人誌 「手縫い革拘束具の作り方 首輪編」
美少女を着衣で拘束 拘束少女絵巻 「俺の征服欲が満たされる!」
化物語・ラププラス・けいおん!などのヒロイン達が責られる SM器具萌え同人誌
「おしおき娘大全集」発売 スク水ニーソで絞首刑ほか

【関連リンク】
三和出版
「本当はやってはいけない拷問マニュアル」書籍情報
松代守弘氏のブログ / Twitter
三和出版の「本当はやってはいけない拷問マニュアル」を書きました!
これまでの拷問本にない切り口から迫っています
類書に収録されていなかった拷問も含め、様々な手法を解説しています
拷問の解説のみならず、拷問の歴史や発生しやすい環境、効果なども言及しています
協力:鳥山仁氏のブログ / Twitter
鳥山仁 - Wikipedia

拷問 - Wikipedia
ヨーロッパの拷問方法・処刑方法【古代/中世/近代/異端審問/魔女狩り】
【閲覧注意】1番おぞましい拷問てなんだろうな

内容はかなりショッキング…(鬱
発売前から話題の書籍「本当はやってはいけない拷問マニュアル」


本当はやってはいけない拷問マニュアル本当はやってはいけない拷問マニュアル
松代守弘 鳥山仁 菊一もんじ

本当に正しいフェティシズム ~性的嗜好大事典~ (SANWA MOOK) 本当に正しいセックス 複数プレイ編 (SANWA MOOK)

by G-Tools

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51429168
この記事へのトラックバック
本当はやってはいけない拷問マニュアル [単行本]松代守弘三和出版2014-02-26 三和出版より2月26日発売の「本当はやってはいけない拷問マニュアル」を書かせていただききました。早 ...
三和出版の「」を書きました!【松代守弘の展示日記】at 2014年02月25日 18:07