2014年03月18日

聲の形3巻 「甘酸っぱさと切なさが絶妙に織り交ぜられたターニングポイント的1冊!」

聲の形少年と聴覚障害の女の子を描かれた、大今良時氏のコミックス「聲の形」3巻【AA】が17日に発売になった。3巻裏表紙は『硝子のために、将也は断ち切ったはずの過去と向き合う』とかで、とら秋葉原店AのPOPは『甘酸っぱさと切なさが絶妙に織り交ぜられた、注目のターニングポイント的1冊!』だった。
-

大今良時氏のコミックス「聲の形」3巻【AA】発売
「甘酸っぱさと切なさが織り交ぜられた、注目のターニングポイント的1冊!」

「せっきょくてきィ!FOW――!」 「バ バカ!そんなんじゃねーって!」

将也の旧友・植野「(補聴器を)ぶん投げて遊ぶ? 昔みたいにさ」

ポニーテールの硝子
COMIC ZIN秋葉原店
メロンブックス秋葉原1号店
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード

大今良時氏が週刊少年マガジンで連載されている「聲の形」3巻【AA】が17日に発売になった。

『聲(こえ)の形』は、『聴覚の障害によっていじめを受けるようになった少女・硝子と、彼女のいじめの中心人物となったのが原因で周囲に切り捨てられ孤独になっていく少年・将也の2人の触れ合いを中心に展開し、人間の持つ孤独や絶望、純愛などが描かれる(Wikipedia)』というお話で、販促POPでは朝日新聞の書評とともに「新聞・テレビなど各メディアでも続々紹介!」を謳ってた。

今回発売になった3巻裏表紙は『かつて、奪ってしまった硝子の幸せを取り戻すために生きると決めた将也。硝子のために、将也は断ち切ったはずの過去と向き合う。旧友たちとの再会は、将也と硝子の関係にも変化をもたらし――』で、とら秋葉原店AのPOPは『自ら掘り起こす過ちと葛藤――。甘酸っぱさと切なさが絶妙に織り交ぜられた、注目のターニングポイント的1冊!』だった。

なお、コミックス「聲の形」3巻【AA】の感想には、あなたが、ここにいてほしい!さん『作り笑顔ばかりだった硝子ちゃんに喜怒哀楽の表情が生まれ始める第3巻、少し心が和らぎました(^_^)』、録読・漫さん『この巻の最後の話の硝子ちゃんは天使。大天使。まもりたい、この可愛さみたいな感じ』、海猫さん『いよいよ物語のポテンシャルが発揮してきた感大有り。むしろこれ以降の展開がこの作品の本領だろう。ラスト数ページで起こる出来事のみずみずしさ、これで次巻に引く憎たらしさ』などがある。

「聲の形」3巻コミックス情報 / 作品情報(試し読みあり)

「さはっ 佐原さんのが
知りたいの?」
「大丈夫?石田君 私...
佐原だよ 覚えてる?」
「過去を断ち切ること
これが俺にとっては決着
であり救いなんだ」
「え... 久し... ぶりー」
「は?この前会ったじゃん」
「なんか西宮...変わった...?
なんで...」
「あ〜〜〜殺したい
昔の自分」



【関連記事】
少年と聴覚障害の女の子 聲の形2巻 「こんな濃密な漫画めったにない」
少年と聴覚障害の女の子 聲の形1巻 「やばい!読み切りの時よりはるかに凄い!」
マルドゥック・スクランブル3巻 「怒涛の銃撃戦」「全俺が大絶賛!」
マルドゥック・スクランブル1巻 「冲方丁先生のサイバーパンクSF ついにコミックス化!」

【関連リンク】
講談社 / 週刊少年マガジン
「聲の形」作品情報(試し読みあり)
「聲の形」3巻コミックス情報
大今良時 - Wikipedia
聲の形 - Wikipedia

『聲の形』残りは単行本3冊分…年内終了か?
聴覚障害の少女への壮絶いじめが話題 マンガ『聲の形』
聴覚障害者の少女、そして彼女をいじめた少年

【感想リンク】
今巻の見どころはやはり植野直花
お話の展開はラブコメ路線か、とも思わせますが、そんな単純な話でもないですよね・・
この巻の最後の話の硝子ちゃんは天使。大天使
作り笑顔ばかりだった硝子ちゃんに喜怒哀楽の表情が生まれ始める第3巻
将也と硝子をめぐる世界はふたたびかき回され、波乱含みとなっていきます
将也に恋してしまった硝子が今後どうなるのかも楽しみだ
植野さん凄いなぁーと思いつつ、やるじゃないか西宮さん!
理解したい、理解できない、そもそも踏み込んでいいのか、という葛藤が巧く描かれている
人の弱さ、醜さ、素直さ、優しさがごちゃ混ぜで流れ込んできて、何とも言えない気分
揺れ動く心の機微がもどかしくも丁寧に描かれていて、目が離せません
ラスト数ページで起こる出来事のみずみずしさ、これで次巻に引く憎たらしさ
聲の形 3巻 感想 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51431322