2014年03月29日

重版出来3巻 デビューする&したい新人漫画家と編集者 「ヤバい。期待を上回る面白さ」

重版出来 松田奈緒子氏のコミックス「重版出来!」3巻【AA】が28日に発売になった。ちゃむさんの感想『新人作家のデビューまでの話がベースだったので、夢をもって目をキラキラとさせている人がたくさん』、edy_choco_edyさんの感想『ヤバい。裏切らない、むしろ期待を上回る面白さ』などがある。
-

松田奈緒子氏のコミックス「重版出来!」3巻【AA】発売
「悔し涙が流せる、幸福。漫画を売る情熱。全ての仕事人に捧ぐ、骨太チーム戦記!!」

「はいッ“バイブス”編集部黒沢です!! え、担々麺? 大好物です!!
じゃなくて…うちは来来軒じゃありません…」

「ウチへの持ち込みは初めてとありますが、他誌への持ち込みや受賞経験はありますか?」「いえっ あっ ありませんっ!! まっ 漫画描いたの初めてででで
あっ すみませんっ なんか噛んで!!」

「“あの作家の本は売れなかった”と会社にレッテルを貼られると、次が出せない。新人に
限っては絶対に重版がかかりやすい本の設計をしろ。作家の可能性にキズをつけるな」
ゲーマーズ本店
COMIC ZIN秋葉原店
K-BOOKS秋葉原新館

松田奈緒子氏が月刊スピリッツで連載されているコミックス「重版出来!」3巻【AA】が28日に発売になった。

コミックス『重版出来』は、1巻では、編集・営業・宣伝・製版・印刷・デザイナー・取次・書店の人たちを経て漫画が読者に届くまでのドラマを描かれ、2巻は漫画家と編集者を中心に漫画が作られていく過程がメインで、今回発売になったコミックス3巻はデビューする&したい新人漫画家と編集者が中心のストーリー。

「重版出来!」3巻【AA】には、 13話「新人さんいらっしゃい!」、14話「才能のあるものはその才能の奴隷となれ!」、15話「◯!」、16話「選ぶのはキミだ!」、17話「白、虹色、赤!」、18話「GIFT!」の6編を収録し、オビ謳い文句は『悔し涙が流せる、幸福。漫画を売る情熱。全ての仕事人に捧ぐ、骨太チーム戦記!!』、裏表紙では『何者でもない彼らが「漫画家」になる。その才能を支える者たちの骨太人間ドラマ!!』とかになってた。

第3巻のテーマは「新人作家をどう売り出すか?」です。「たった一人で自分の世界を切り拓いていくんだ。ペンと努力と才能で――」新人作家たちを支える編集部、先輩作家、デザイナー、書店員…第3巻も仕事人たちの名セリフが満載です! コミックス情報

コミックス「重版出来!」3巻【AA】の感想には、edy_choco_edyさん『3巻がヤバい。裏切らない、むしろ期待を上回る面白さ。さらに4巻が楽しみになる、ってのがイケてるなー』、ちゃむさん 『すっごくよかったです!今回は新人作家のデビューまでの話がベースだったので、夢をもって目をキラキラとさせている人がたくさん出てきてなんだか泣けてきました…。本への愛情があふれてる一冊です』などがある。

また、あとがき松田奈緒子氏は『(自分がデビュー前のころ)デビューが決まったのに版元の都合でポシャったり、せっかく賞をいただいても担当と合わずデビューの機会を逃したり――描きながらいろいろ思い出して本気で泣きました。ほんとうに辛かった!!!しかし今…こうしてみなさまに読んでいただけてほんとうにほんとうにうれしいです!!!これからも頑張ります☆どうぞごひいきに♡』などを書かれてる。

「重版出来!」3巻コミックス情報 / 特設ページ(第4話試し読みあり)

「五百旗頭さんから
目を離しませんでした」
「“物語”を作れる新人は
貴重だよ」
「わたし…漫画家になりたい
です!!」
「ただワタシと組むのであれば条件がいくつかあります」
「アホみたいにコスト乗せて原価計算が甘くなる。その結果重版がかけられない」
「大丈夫ですか、五百旗頭
さん!」 「武者震いだよ」

【関連記事】
漫画家・編集者・印刷所の人たち 重版出来!2巻「紙面から熱気が漏れ出てる!」
重版出来!1巻 「編集者から書店員までのチーム戦!!! 出版業界騒然の胸熱ドラマ!!」

【関連リンク】
小学館
小学館コミック / 月刊!スピリッツ
「重版出来!」3巻コミックス情報 / 特設ページ(第4話試し読みあり)
松田奈緒子氏のブログ「松田定食」 / Twitter
松田奈緒子 - Wikipedia
第91回 『重版出来!』こぼれ話 その1 / その2 / 編集者という仕事
重版 - Wikipedia
重版出来 ‐ 通信用語の基礎知識

【感想リンク】
激変していく「担当編集者と作家」の関係『重版出来!』3
『バクマン。』と異なるのは夢破れくすぶっている人々を多く登場させている点。
今巻の題材は「新人デビュー」。3人の新人がデビューに向けて編集者と二人三脚していくエピソード
この巻にも胸に沁みる言葉がありました!
3巻がヤバい。裏切らない、むしろ期待を上回る面白さ。さらに4巻が楽しみになる
本への愛情があふれてる一冊です。本作りに関わる人はみんな読んでほしいなあ
なんというか「正しいってなんだろう」と思わされる
泣ける感じではないけど、上昇志向と近道志向の対比ですげぇ面白かった!
一気に読むの勿体なくて後半さしかかったところで止めてるけど絶対今日読んじゃう
重版出来! 3巻 - 読書メーター / ブクログ








この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51432517