2014年04月04日

輪廻転生ファンタジー スピリットサークル3巻 「前世の因果が絡んできて面白い!」

水上悟志 スピリットサークル3巻 水上悟志氏のコミックス「スピリットサークル」3巻【AA】が3日に発売になった。オビ謳い文句は『過去千年万年…因縁の殺し合い!輪廻転生バトル第3巻!』で、ZINインフォメーションは『交錯し、繋がり合う過去・現在・未来。物語は更に深まりを見せていきます』など。たんすにごんさんの感想は『前世の因果がいろいろ絡んできて面白い!!』。
-

水上悟志氏のコミックス「スピリットサークル」3巻【AA】
「過去千年万年…因縁の殺し合い!“お前の呪いを打ち破ってみせる!!”」

現代 ・桶屋家の光景 両親と主人公の中学生・風太

輪廻転生してきた、今までのいろんな過去 「(おれは桶屋 風太…)」

過去生でのヒロインとの殺し合い 「また会えてうれしいよ」
メロンブックス秋葉原1号店
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード

水上悟志氏がヤングキングアワーズで連載されている、コミックス「スピリットサークル」3巻【AA】が3日に発売になった。

『スピリットサークル』は、1巻コミックス情報が『桶屋風太は中学2年生。平凡な中学生生活だったはずが額に大きな傷のある美少女の転入生・石神鉱子の出現によって一変する事に!壮大な輪廻転生スペクタクル!』で、主人公の「桶屋風太」と、ヒロインの「石神鉱子」が、前世で殺されたり殺したり、転生を繰り返してるお話で、コミックス3巻では江戸時代の前世「方太朗編」を主に収録してる(もくじ)。

今回発売になった「スピリットサークル」3巻【AA】のオビ謳い文句は『過去千年万年…因縁の殺し合い!水上悟志の輪廻転生バトル第3巻!!』で、COMIC ZINインフォメーションの紹介は『交錯し、繋がり合う過去・現在・未来。まだ見ぬ縁をたどり、物語は更に深まりを見せていきます』、まんが王倶楽部の紹介は『水上悟志先生の作品はしっかりと最初から考えられているなと感心させられます。1度目は過去話で涙して、2度目はどこに何の伏線が潜んでいるのか探りながら読めるというのもこの作品の魅力ですね』になってる。

中学2年の桶屋風太は、石神鉱子と7つの過去生で互いに殺し合ったという因縁を持っていた。2人は共に持っていた“スピリットサークル”という道具で古の南米、中世欧州、古代オリエント…等の過去生を視てゆく。現在・過去・未来が交錯する輪廻転生ファンタジー、第3巻が登場!! 裏表紙

なお、「スピリットサークル」3巻【AA】の感想には、ねろ助さん『主人公が生まれ変わる前の過去の記憶を辿りながら、主人公を殺したいほど憎んでるヒロインとの因縁を紐解いて行くって感じの。 学校の友達とかが過去生で出てきたり現代と色々繋がっていくのが本当に楽しい……』、みずまさん『今回は4番目の過去生で、これまで辿ってきたエピソードがしっかりリンクしているから話にさらに厚みが出てきて泣かせる気満々。というか泣いた』、おださん『今回の過去生の舞台は日本。 過去生の最後は必ず死ぬ。そしてそれが、このマンガの最大の見せどころ』などがある。

「スピリットサークル」3巻コミックス情報 / 水上悟志氏のブログ

「風太くん!!これ以上 過去生を見てはいけない!!」
江戸時代の前世
「方太朗編」
「うおお!!」
「うあああああ」
「劇的というか…方太朗は若いうちに死んだけど その分 濃い経験をしたような…」
「…ふぅ…終わるわけないでしょ だって私はコーコで あんたはフルトゥナだもの」


【関連記事】
スピリットサークル1巻 「本格的な輪廻転生ファンタジー。予想以上に面白い」
究極アンソロジー TRIGUN Multiple Bullets 水上悟志氏「砂の惑星の民」
ブラコンアンソロジー リキュール / 水上悟志氏「わにあに」

【関連リンク】
少年画報社 / アワーズ
「スピリットサークル」3巻コミックス情報
水上悟志氏のブログ「続・みずかみ小屋」 / Twitter
水上悟志 - Wikipedia
スピリットサークルとは - ニコニコ大百科

【感想リンク】
魂に刻まれた友情「スピリットサークル」3巻
主な登場人物は同じなのに、いや、同じだからこそ毎回毎回の生きざまに涙腺が緩んでしまう
家督争いの渦中に転生した風太と鉱子。生死をかけた戦いの中、二人の心に変化が
毎回毎回の過去生話がほんとそれぞれしっかりおもしろいんです
方太朗編、熱かったですね
スピリットサークル3巻読了。最近ではこれが一番かもしれん
フータと鉱子の関係に変化も。因縁は回る、縁も続くです
異なる時空でストーリーが展開する構成は変わらず
ああースピリットサークル3巻面白かったんじゃあー・・・
主人公を殺したいほど憎んでるヒロインとの因縁を紐解いて行くって感じの話
話にさらに厚みが出てきて泣かせる気満々。というか泣いた
後味が良い様な悪い様なスッキリする様なモヤモヤする様な悲しい様な嬉しい様な…
毎回配役に因縁がついてまわるのに今度はどうなるのかわからずにどきどきしてなー
ただのループものではないが、今回は中継ぎ的、作品世界設計確認の巻
くはー、泣ける。 連載でも泣いてたけど、やっぱいいわー
過去生の最後は必ず死ぬ。そしてそれが、このマンガの最大の見せどころ
何度読み返しても目頭が熱くなるよ...
見る度に鉱子が可愛くなっていくのでなんとも。方太朗編、ラストガン泣きですわ
前世の因果がいろいろ絡んできて面白い!!次は未来の話なんだよなー!!
やっぱ面白ぇーな水上作品は!!
はー。ウミテツが良すぎて泣ける
スピリットサークル 3巻 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit