2014年04月24日

福島第一原発作業員ルポ漫画 いちえふ1巻 「煽らない。冷静さや客観性が素晴らしい」

福島第一原発作業員ルポ漫画 いちえふ 竜田一人氏の福島第一原発作業員ルポ漫画「いちえふ」1巻【AA】が23日に発売になった。コミックス情報は『働き続ける作業員たちの日々を記録』 で、マンガ一巻読破さんの感想は『センセーショナルな描き方はしない。煽ることはない。〜冷静さや客観性が、本作の、題材以上に素晴らしい点である』とのこと。
-

竜田一人氏のコミックス「いちえふ」1巻【AA】発売
「福島第一原発作業員が描く原発ルポ漫画。彼がその目で見てきた"福島の現実"」

福島第一原発 3号機原子炉建屋の外観 

「1Fは"いちえふ"と読む。現場の人間、地元住民、皆がそう呼ぶ。
1Fをフクイチなんて言う奴はまずここにはいない」

「"あのマスクって息苦しくないですか?" 勿論息苦しくない筈がない
それより厳しいのは暑さの方だ」
K-BOOKS秋葉原新館
COMIC ZIN秋葉原店
アニメイト秋葉原

竜田一人氏が週刊モーニングで不定期連載されているコミックス「いちえふ 福島第一原子力発電所労働記」1巻【AA】が、23日に発売になった。

『いちえふ』は、竜田一人氏が福島第一原子力発電所(1F=いちえふ)で作業員として働かれた経験を描かれたルポ漫画で、MSN産経ニュースでは『竜田さんは東日本大震災後の平成24年6月から約半年間、1Fで働いた。1巻では、作業員の日常や首都圏のハローワークから1Fにたどり着くまでの曲折が、筆描きの緻密な絵で再現されている』とか書いていた。

「いちえふ」1巻【AA】のオビは『これは「フクシマの真実」を暴く漫画ではない。福島第一原発作業員が描く原発ルポ漫画。これが、彼がその目で見てきた「福島の現実」』を謳い、裏表紙オビは『「モーニング」に掲載されるや、読者、国内外メディアから凄まじい反響を読んだ話題作!』になってた。(もくじ)。

福島第一原発作業員が描く渾身の原発ルポルタージュ漫画! 「メディアが報じない福島第一原発とそこで働く作業員の日常」、そして「この先何十年かかるともしれない廃炉作業の現実」を、あくまでも作業員の立場から描写。「この職場を福島の大地から消し去るその日まで」働き続ける作業員たちの日々を記録した、いま日本に暮らすすべての人たちに一度は読んでみてもらいたい「労働記」です。 コミックス情報

なお、コミックス「いちえふ 福島第一原子力発電所労働記」1巻【AA】の感想には、マンガ一巻読破さんの感想では『センセーショナルな描き方はしない。煽ることはない。確かに特殊な仕事場であるが、その日常を淡々と描く様は、他の作家やマスメディアには薬とすべき者も多いのではないか』、『冷静さや客観性が、本作の、題材以上に素晴らしい点である』などを書かれている。

「いちえふ 福島第一原子力発電所労働記」1巻コミックス情報 / 作品情報

福島第一原発周辺の様子

「これが俺たちの職場1F(=福島第一原発)っス」
「バンドは締め過ぎると頭が痛くなるから気をつけろ」
「ご安全に――」
「ご安全に!」
「この重装備じゃ長い時間働けないからなぁ…」
「収束しない方が自分の主張に好都合ぐらいに考えてるような人もいるんじゃ」
「1F構内でも全面マスクを
外せるエリアは増えて来ている」
「俺たちがこごをどうにがしねがったら、戻りてぇ人だって戻ってこれねえべ」

【関連記事】
白竜LEGEND 原子力マフィア編上下巻 「安全神話崩壊の禁忌へと切り込む問題作!」
白竜LEGEND 原子力マフィアスペシャル 「原発の闇、衝撃作が遂に再開!」
放射脳と戦う、風評破壊天使ラブキュリ 「我らが大和田秀樹の社会派(?)コミック!」
ザ・松田 2巻 「ムカつく外道は、この俺様がぶん殴る!」 どう見ても東京電力
ラムちゃんコスプレなど50人弱 「電気代値上げ反対・原発ヤメレ」デモ

【関連リンク】
講談社 / 週刊モーニング
「いちえふ 福島第一原子力発電所労働記」1巻コミックス情報 / 作品情報
竜田一人氏のTwitter
モーニング21・22合併号に最新第七話「原発無宿」が巻頭カラーで掲載されてます
『いちえふ』を巡る竜田一人氏と井上リサ氏のやりとり
ハフィントン・ポスト - いちえふ
「いちえふ」福島第一原発の作業員が描く渾身のルポ漫画 48歳新人がデビュー
マンガ「いちえふ」作者インタビュー
【MANGAレビュー】「いちえふ」第1巻発売 「真実」でなく現実描く
お客様から結構な数のお問い合わせを戴いておりましたですよ

あの「いちえふ」が持ち込まれたのにボツ判断の編集者がいた?

【感想リンク】
大反響『いちえふ』下請け作業員が福島第一原発を描いたマンガ
ぼく自身は、このマンガを、客観的なイメージの記録として高く評価する
日常としての福島第一原発での廃炉作業の日々。この淡々としたペースが実に面白い
本書の目的。読者の知らないことを、ぜひ、伝えたい、という欲求で描かれたマンガ
事実は小説よりも奇なり、というが、 一方で、事実は報道よりも地味なものである
フクイチ作業員のルポ漫画、話題になってたけどこんな早くコミックスになるとは…
原子力工学のかたが、「いちえふ」は現場の様子を正確に描いていると言っていた

原子力発電所 - Wikipedia
特別リポート:福島作業員を蝕む「違法雇用と過酷労働」
福島第一原発作業員の現状「違法雇用」と「過酷労働」
原発事故収束を担う被曝労働者の「劣悪な環境」
放射能あびて、250円の弁当食って、日当1日6000円。過酷すぎる『原発労働記』
原発ではどんな人が働いているのか? 底辺労働者の実態に迫る


いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1) (モーニングKC)いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1) (モーニングKC)
竜田 一人

ストーリー311 あれから3年 漫画で描き残す東日本大震災 (単行本コミックス) あの日起きたこと 東日本大震災 ストーリー311 (角川つばさ文庫) 会いにいくよ (少年マガジンコミックス) いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話 (単行本) スティーブ・ジョブズ(2) (KCデラックス)

by G-Tools

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51435112