2014年05月15日

マグロ的生命体 「大海の戦士ツナマン!02 〜コミックス未収録集〜」

大海の戦士ツナマン! サークルbeetle beat(松平鶴次郎侍氏)のセルフ同人誌『大海の戦士ツナマン!02』が14日にCOMIC ZIN秋葉原店に入荷してた。サークルさんのコメントによると『コミックフラッパーに連載されていた「大海の戦士ツナマン!」のコミックス未収録集になります。マグロ的生命体が女子中学生にウザく絡む感じのギャグ漫画です』とのこと。
-

サークルbeetle beatの「大海の戦士ツナマン!02 〜コミックス未収録集〜」

「予想や期待を裏切ってこそその存在は輝きを増す…それがこの私…ツナマンなのだよ!」
「ああー…忘れかけてた このウザさ……」

「えーまずこの図のように私がこのような服を着ることによってー…」
「それ不可能でしょーーー!!!」

「この私こそが!!精子をかける側だ――!!!!」
「まっ まさか…オトコの娘――!!?」

サークルbeetle beat(松平鶴次郎侍氏)のセルフ同人誌『大海の戦士ツナマン!02 〜コミックス未収録集〜』が、COMIC ZIN秋葉原店に14日に入荷してた(とら委託もある様子)。

もともと松平鶴次郎侍氏同人誌で描かれていたものを商業化された作品みたいで、商業版『大海の戦士ツナマン!』1巻のコミックス情報で『平凡な女子中学生・葵が友人の家で出会ってしまったのは、限りなくキハダマグロに似た自称“大海の戦士”ツナマン。魚類マンガの先駆者(!?)・松平鶴次郎侍が贈る新感覚魚介類コメディ!!()』を謳った魚介類コメディみたいで、表紙は貧乳水着で股開いてる

『大海の戦士ツナマン!』の主な登場人物は『海棲生物全ての頂点に君臨する大会の王者(自称)。エラの脇から生える謎の触椀には生命の神秘がつまっている…らしい』というマグロ(みたいな生命体?)の「ツナマン」、『ツナマンから話し相手兼ストレスのはけ口と認定されてしまった可哀想な主人公』の女子中学生「成瀬葵」や、ツナマンの飼い主「小宮山ほのか」、寿司屋の娘「大塚晶」とかで、今回入荷してたセルフ同人誌『大海の戦士ツナマン!02』には、コミックフラッパーに掲載されたものの単行本化されていない第13話〜第20話を収録し、巻末には4コマキャラ初期デザインコミティア100のお祝いコメント&イラストなどなど。

コミックフラッパー(メディアファクトリー)に連載されていた「大海の戦士ツナマン!」のコミックス未収録集になります。2巻だよ!という意味の02です!マグロ的生命体が女子中学生にウザく絡む感じのギャグ漫画です。 サークルさんのコメント

なお、セルフ同人誌『大海の戦士ツナマン!02』のあとがきで、サークルbeetle beat松平鶴次郎侍氏は『「ツナマン」というキャラクターは、ここまで来たらもう自分の代表キャラと言っていいと思うので、4コマ版もあわせて描き続けていこうかなと!〜仕事のほうは早く新しい作品を見ていただけるように精進いたします』などを書かれてる。

サークルbeetle beat / 「大海の戦士ツナマン!02表紙」(pixiv)

「"全魚類ヒト化計画"を実行に移そうと思いますッ!」
「これが女子中学生の感覚……!!」ギョピ〜ン
ツナマン女体化
「おおーーー!!」
「何だこの水晶玉!!ちょっとおかしいでしょ!!?」
「お前達とこの私が力をあわせればきっと明るい未来が待っているに違いない…!」
「刺身にして食べてくれ」
「ええーーーー!!?」



この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit