2014年05月22日

デスニードラウンド最終3巻 「夢と希望の国、DNRへようこそ!」 敵は狂気のネズミ

デスニードラウンド オーバーラップ文庫5月の新刊「デスニードラウンド」最終3巻【AA】が21日に発売になった。新刊折込は『悪夢と絶望の国DNRで壮絶なサバイバルゲームが始まる!』で、とらAのPOP『ネタ的にもヤバイ、絶望のショータイム!』。1巻の「ロナウド」、2巻「警視庁のP君」に続く最後の敵はテーマパーク「デスニードラウンド」の狂気のネズミ。
-


「"ハピデスを、君に!!"―― 光のない目、固定された唇の笑み、夢見る狂気のネズミ
ニッティー・ザ・モルモット」

「絶望に、苦しみに、哀しみに打ち負けるのはもう十分だ。座して死を待つつもりはない
足掻いて足掻いて、それから、死んでやる」

パレードの光るフロート(山車)の上に立つ狂気のネズミ
テーマーパークのマスコット「ニッティー」
ゲーマーズ本店
特典:ブロマイド
アニメイト秋葉原
メーカー特典:SSペーパー
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード

オーバーラップ文庫5月の新刊、著:アサウラ氏、イラスト:赤井てら氏のライトノベル「デスニードラウンド」最終3巻【AA】がアキバでは21日に発売になった(公式発売日は22日)。

『デスニードラウンド』は、「ベン・トー」で知られるアサウラ氏によるオーバーラップ文庫創刊ラインナップのうちの一作で、莫大な借金を背負った女子高生傭兵・ユリのお話。1巻では某ハンバーガーチェーンのピエロみたいな「ロナウダ・ワックマインド」、2巻では某警視庁のマスコットのP(ピー)君が"敵"として登場してて、最終3巻の"敵"はテーマパーク「デスニードラウンド」の狂気のネズミて「ニッティー・ザ・モルモット」(敵マスコット一覧)。

オーバーラップ文庫広報室の3巻告知では『いつ書店頭から撤去されてもおかしくない、 大変アグレッシブ&チャレンジングな内容となっておりますので、再三のお願いになりますが、お買い求めはお早めに!』とかで、新刊折込は『悪夢と絶望の国DNRで壮絶なサバイバルゲームが始まる!』。とら秋葉原店AのPOP『真のゲストだけが許されるDNR裏イベントへの潜入と実態!!ネタ的にもヤバイ、絶望のショータイムが始まる!!』だった。

尋常ではない高額なギャラのその仕事とは、『デスニードラウンド』というテーマパークで夜な夜な行われている『何か』の調査だった。そこでユリ達は知る。DNRの真実と仕組まれた狂気のシステム。そして閉園後の禁断のイベントを。「悪夢と絶望の国へようこそ! 幸福な死を君に――ハピデス!!」。悪夢に占められた夜に、未来を求めて足掻く者達のサバイバルゲームが始まる! 裏表紙

なお、ライトノベル「デスニードラウンド」3巻【AA】のあとがきアサウラ氏は『DNR三部作、いかがでしたでしょうか』、『実際の団体・企業・人物・テーマパークとは一切何の関係もない完全フィクションな作品なのにそのまんますぎてヤバイからもう少しフィクションを混ぜろ!と何故か言われたり、相変わらず弁護士さんから「このままでは大変危険である」とまじめに指摘を受けたり、本当に最後の最後になって担当のIさんもしくは編集部かがビビり出して妙な修正を要請してきたり……と、なかなか一筋縄ではいかない制作具合でしたが……』などを書かれてる。

「デスニードラウンド」3巻書籍情報 / 作品紹介

「女の子が大勢いて、カメラで堂々と撮影していても問題ない場所…」
「パレードを見るために嬉々として股を開く」
「うん、玉子の具合、いいな。ユリ、俺にもバターをくれ」
「……この落とし前は必ず付けてやる。一人残らずだ」
「あぁ、生を受けて一七年……ついに今日…」
「ヘリの羽音と共に、風が強くなっていく」

【関連記事】
デスニードラウンド2巻 「今度の敵は警察だ!」 ピーポくんじゃなくてP君
オーバーラップ文庫創刊 デスニードラウンド1巻「血と硝煙とゲロにまみれたアサウラ」

ベン・トー(8) 超大盛りスタミナ弁当クリスマス特別版 「毎回、本当にネタ盛りだくさん」 
ベン・トーzero 「原作と同じ絵師さんなので期待してたけど、思った以上に良い漫画化」 
ベン・トー 7.5 箸休め 「露天風呂と水着とロリロリな温泉旅行編!?」 
半額弁当争奪戦 ベン・トー(7) 「TVアニメ化決定!」 
半額弁当争奪バトル ベン・トー6巻 「旨い!売れそうで売れてない少し売れてきた本」

【関連リンク】
オーバーラップ / オーバーラップ文庫
オーバーラップ文庫広報室 / Twitter
悪夢と絶望の国デスニードラウンドへようこそ!ハピデス!!刊行直前最新情報!
「デスニードラウンド」3巻書籍情報 / 作品紹介
著:アサウラ氏のブログ「アサウラの生存観察室」 / Twitter
ここでこれまでに登場してきた敵マスコットを振り返って見てみましょう
プロットにまとめて出したところ、担当編集さんは何故かそれを一冊だと勘違いしていた
アサウラ - Wikipedia
イラスト:赤井てら氏のブログ「てら速」 / Twitter / pixiv
デスニードラウンドとは - ニコニコ大百科

【感想リンク】
際どいところを攻めきったシリーズもこれにて完結。これでもかというくらいやりきった!!
アサウラさん、ギリッギリだな!
三部作の最終巻。くっそ下種い。ゆえに面白い
最終巻も狂気に満ちた一冊でした








この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51441113