2014年06月05日

童貞地獄 「逝きたい地獄No.1!童貞魂が震える魅惑の青春コメディー♥」

童貞地獄 小菊路よう氏のコミックス「童貞地獄」【AA】が4日に発売になった。コミックス情報は『17歳の間田道貞は交通事故に遭い即死。魂は童貞地獄へと送られた。そこは女鬼達が童貞に群がるハーレムだった』で、とら秋葉原店AのPOPは『逝きたい地獄No.1!童貞限定の死後の世界、少年の童貞魂が震える魅惑の青春コメディー♥』になってた。
-

小菊路よう氏のコミックス「童貞地獄」【AA】
とら秋葉原店A「逝きたい地獄No.1!!童貞魂が震える魅惑の青春コメディー♥」

「現実では傷つくのがイヤで何もできない…それがお前ら童貞だッ!!」

「お前が堕ちるのは極楽と地獄の狭間… 童貞地獄!!

「童貞を捨てる…ここで…」
K-BOOKS秋葉原新館
とらのあな秋葉原店A
イラストカード
ゲーマーズ本店

小菊路よう氏がマガジン・ラボで連載されていたコミックス「童貞地獄」【AA】が、4日に発売になった。

「童貞地獄」【AA】は、主人公・間田道貞が童貞のまま死亡し、死後の世界で童貞魂喪失のための場所"童貞地獄"に堕とされて、同じく童貞地獄に堕ちた童貞達や、鬼の女の子達と童貞を捨てるための日常生活を送ってるお話で、裏表紙『未体験のまま死んだ魂が逝く場所――それが童貞地獄。ノスタルジックな空間で繰り広げられる意外と純愛な物語!』。

また、 オビ謳い文句は『きみにあえてよかった。WEBで連載されるや大反響を読んだ青春リバイブコメディ待望のコミックス化!』になっていて、とらのあな秋葉原店Aには童貞のまま死んだら…待っていたのは生前経験しなかったパラダイス!?』POP、『逝きたい地獄No.1!!童貞限定の死後の世界に来た少年の童貞魂が震える魅惑の青春コメディー♥』POPが付いていた。

童貞のまま死んでしまった魂が逝く天国でも地獄でもない場所――それが「童貞地獄」。17歳の間田道貞(まだみちさだ)は交通事故に遭い即死。魂は童貞地獄へと送られた。しかしそこは地獄とは名ばかりで、女鬼達が童貞に群がるハーレムだった。間田はそこで新米の鬼「燈本オニコ(ひのもとおにこ)」と出会い、童貞卒業を目指すのだが…。ノスタルジックな風景で繰り広げられる純愛青春リヴァイブ・コメディ!コミックス情報

徒然なる一日さんの感想では『ノスタルジックな舞台で、童貞を喪失する為に色々なハプニングに巻き込まれる主人公・・・物語の要はそんな主人公とオニコの甘酸っぱくて不器用極まりないラブストーリーって感じ?おバカで(ノ∀`)アチャーな展開や設定もありますが・・・とにかくオニコがいい娘過ぎて困るw』などを書かれている。

なお、「童貞地獄」【AA】のあとがきで、小菊路よう氏は『「童貞しか行けない地獄があってさぁ…」。そんな担当さんとの雑談から2話分のネームが生まれました。それがWEB漫画サイト「マガラボ」で連載させて頂くことになり、単行本になり、こうして皆様に読んでいただいていること少し恥ずかしくも嬉しく思います。拙い漫画にも拘わらず応援して下さった方、WEBで読んで感想を伝えて下さった方、こんなタイトルなのに手にとって下さった皆様、本当に本当にありがとうございます!』を書かれている。

「童貞地獄」コミックス情報 / 小菊路よう氏のTwitter

「堕とされた者は童貞魂を
喪失せねばならない!」
「燈本オニコです!
よ…よろしくお願いします!」
「ハーレムだよ!
半永久的な!」
「どわ――!手垢まみれの展開きた――!」
「浴衣の破壊力
あなどってた!!」
「俺の童貞は
オニコに捧げる!」

【関連記事】
東京DTED1巻 「片思いしてた女の子が自分の兄と処女喪失。そのアエギ声を聞きながらオナニーをしてインポになった主人公」
三十路童貞の婚活 ハッピーネガティブマリッジ最終巻 「こんな女性と性交したいわw」
ブサメン童貞と美人デリヘル嬢 コミックス「風俗行ったら人生変わったwww」上下巻
俺が童貞を捨てたら死ぬ件について3巻 「死と隣合わせの青春。2度殺されないために」
LOVE理論1巻 「究極理論で理想の女を手に入れる。超実用ギャグコメ開幕!」
30才独身デブハゲ素人童貞 ルサンチマン新装版上巻 「これが俺たちのSA◯だ!!」
アイゼンファウスト天保忍者伝4巻 「発禁スレスレ!変態忍者バイオレンス!」
童貞カウンセラー 「おねがいアンナ先生P」 初めから最後までヌルヌルグチョグチョ
童貞向けレクチャーDVD 「30歳なのに保健体育」発売

【関連リンク】
講談社 / マガラボ
「童貞地獄」コミックス情報
小菊路よう氏のTwitter
17ページのおまけ漫画がつきます…!
そこは常に童貞を狙われる世界

あーあ、俺も鬼娘といやらしいことしたいなぁ。童貞地獄に落ちたいなぁ




この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51442818