2014年07月30日

三浦建太郎24年振りの新作 ギガントマキア発売 「ドカンと来ました。スゲェ」

三浦建太郎 ギガントマキア三浦建太郎氏が「ベルセルク」休載中に短期集中連載された24年振りの新作コミックス「ギガントマキア」【AA】が29日に発売になった。1億年後の世界を舞台に主人公が巨人化して戦ったりするお話で、ZIN秋葉原店のPOPは『絵の力の凄まじさを思い知らされる逸品。ドカンと来ました。スゲェ』だった。
-

三浦建太郎氏24年振りの新作コミックス「ギガントマキア」【AA】発売
ZINPOP「絵の力の凄まじさを思い知らされる逸品。ドカンと来ました。スゲェ」

主人公:泥労守(デロス)「これから殺そうとする者の名前 心に刻んでおくっス」

デロスと共に旅をする少女:風炉芽(プロメ)「炉心構築 物質1グラム相転移」

巨人化したデロス
「峰綸保主の巨人を討滅せよ!巨人戦争(ギガント・マキア)開始!」
COMIC ZIN秋葉原店
メロンブックス秋葉原1号店
とらのあな秋葉原店A

三浦建太郎氏のコミックス「ギガントマキア」【AA】が29日に発売になった。

『ギガントマキア』は、ファンタジーアクション漫画「ベルセルク」で知られる三浦建太郎氏が、ベルセルク休載中にヤングアニマルで短期集中連載された24年振りの新作みたいで、アニメ!アニメ!によると『神話の巨人を擁する帝国に、泥労守(デロス)と風炉芽(プロメ)の二人の男女が挑むSFロマン作品』で、1億年後の世界を舞台に主人公のデロスが巨人化して戦ったりしてる。

「ギガントマキア」【AA】の裏表紙は『数億年に一度繰り返される地球規模の大災厄の彼方。その変わり果てた世界を舞台に語られる生命群の激突。神話の巨人を擁する帝国に、ただ一組の男女が挑む』とかで、オビでは『「ベルセルク」の作者が物語る渾身の本格SFロマンス』、販促ポスターでは『変わり果てた世界にも“生命”はいきづく!渾身の筆力が描き出す1億年後の世界――!!』だった。

発売日のアキバでは、とら秋葉原店AのPOPは『壮大すぎる設定と迫力の、命を懸けた種族の戦い!!!』、ZIN秋葉原店のPOPは『絵の力の凄まじさを思い知らされる逸品。ドカンと来ました。スゲェ』が付いてた。

なお、「ギガントマキア」【AA】の感想には、アーリオ オーリオ さん『先生独特の気持ち悪くも繊細なタッチで描かれる世界観は圧巻。レスリングを通して、純粋で正義を貫く主人公の姿は、ガッツとはまた違ったヒーローの誕生を予感させるものでした』、KEATONBUSTERSさん『精霊幼女とガチムチ戦士とプロレスと巨人。圧倒的画力で描写された世界とキャラに引き込こまれる』、スペース☆マイティさん『大御所の短期集中連載は、熱量がヤバい。プロレス!怪物!巨人!幼女!!etc… ウラケンの趣味が、これでもかってくらい一冊に濃縮されてる』などがある。

「ギガントマキア」コミックス情報 / 作品紹介(試し読みあり)

「二度とほざけぬ様 まずはその顎からぶち砕いてくれる」

「ようこそ 若き旅人と小さき精霊(カー)よ」
「やれやれ こいつァ
困ったぞ」
「積年の怨讐 雄郡が拳に
乗せ叩き砕いてくれる!!!」
「デロスの目論見は
成功した」
「黒煙に聳える白亜の巨躯
その名は…」
「今 古の神話が 蘇る」
「苦痛と喚声を喰らって最大
の力を爆発させるっス」

【関連記事】
ヤングアニマル20祭 「祝20周年! ヤングアニマル真夏のファン感謝祭」フォトレポート
どこかで見たことあるようなキャラの抜刀シーンをイラスト化した「抜刀禁止標識」
がくっぽいどフライング販売 「イケメン兄さんをガックガクに調教!」

【関連リンク】
白泉社 / ヤングアニマル
「ギガントマキア」作品紹介(試し読みあり)
「ギガントマキア」コミックス情報
三浦建太郎 - Wikipedia
三浦建太郎とは - ニコニコ大百科

三浦建太郎24年ぶりの新作「ギガントマキア」7月29日発売 特別トレーラーを公開中
ベルセルクの三浦建太郎、24年ぶり新作発売
三浦建太郎の集中連載が始動、1億年後が舞台のSFロマン
【漫画】「ベルセルク」三浦建太郎先生の完全新作キタ━(゚∀゚)━!!
漫画家・三浦建太郎さん ベルセルクを放置して新連載を始めるw

【感想リンク】
遠未来プロレスラー英雄譚「ギガントマキア」
肉弾相打つ巨神対巨神のセメントマッチ! 新時代の“神話”の幕開けだ!!
レスリングを通して正義を貫く主人公は、ガッツとはまた違ったヒーローの誕生を予感
気の遠くなるような未来、人智を超える生態系といった世界観
個人的には「ベルセルク」よりこちらを連載して欲しいです
ベースはプロレスッすか?
ファンタジーものなのにプロレスのすごさが堪能できちゃいますよ!!
ギリシャ神話がベースなのかな?続きが出るんであれば買うつもりではあるけれど…
プロレス好きは読んでおくべき
精霊幼女とガチムチ戦士とプロレスと巨人
金髪幼女がガチムチ男に股から聖水を飲ませようとするし飲ます話だった
プロレス!怪物!巨人!幼女!!etc… ウラケンの趣味が、これでもかってくらい濃縮
クーデレ尊大ロリの放尿で体力回復とか業が深すぎる。あとプロレス最強
ベルセルク!はよ!と思いつつ面白いっていうかもっと読みたいと思ってしまう。凄いなぁ
SFかと思いきや…戦い方がプロレ・・・
巨人対巨人!ノーパン幼女!プロレス!昆虫人間!
ギガントマキア 感想 - 読書メーター


ギガントマキア (ジェッツコミックス)ギガントマキア (ジェッツコミックス)
三浦建太郎

春風のスネグラチカ (F COMICS) バガボンド(37) (モーニング KC) エクゾスカル零 7 (チャンピオンREDコミックス) PEACE MAKER(13) (ヤングジャンプコミックス) テラフォーマーズ 10 (ヤングジャンプコミックス)

by G-Tools

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51448424