2014年08月09日

コミックス新世界より7巻 「最終話の真実が超驚愕!この事実を受け止められるか!?」

コミックス新世界より 7巻コミック版「新世界より」最終7巻【AA】が8日に発売になった。オビ『暴かれる人類1000年の〈罪〉』や、コミックス情報『“神々の黄昏”を迎えた世界で明かされる、最大にして最悪のおぞましき「真実」とは!!?』などで、とらAのPOPは『最終話の真実が超驚愕!アナタはこの事実を受け止められるか!?』だった。
-

及川徹氏のコミック版「新世界より」最終7巻【AA】(原作:貴志祐介氏)
「最終話の真実が超驚愕!!アナタはこの事実を受け止められるか!?」

「殲滅開始!!」

「私達は人間だ」 「わはははは!」

「今から千年後にこの手記をあなたが読んでいるとしたら…私達が変われたかどうか答えを知っていることだろう。願わくばその答えがイエスでありますように」
K-BOOKS秋葉原新館
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
ゲーマーズ本店
特典:ブロマイド

及川徹氏が別冊少年マガジンで連載されていたコミック版「新世界より」最終7巻【AA】(原作:貴志祐介氏)が、8日に発売になった。

「新世界より」最終7巻【AA】には、第24話から最終27話の「謀略」、「罠」、「戦いの帰趨」、「闇に燃えし篝火は」を収録し、前巻までのあらすじは『早季達は東京に上陸した。だが、不寝番の乾が殺され、奇狼丸への不信の念が高まる。そんな中、追手の中に"悪鬼"の存在を認めた早季は、危険生物の棲息する地下を進む決断を下す』、『命と引き換えに遥香が翔を守った頃、早季はサイコ・バスターを発見。未来を創るため、スクィーラとの最終決戦に臨む!』になってる。

また、オビ謳い文句は『暴かれる人類1000年の〈罪〉。その凄絶な真実!魂震える最終巻!!』で、アキバではとら秋葉原店AのPOP『最終話の真実が超驚愕!!アナタはこの事実を受け止められるか!?』があった。

遙香を“業魔化”により失うも、先史文明の遺産“サイコ・バスター”という対抗手段を手に入れた早季たちは、親友の子供である“悪鬼”と対峙する。人類vs.バケネズミ、血みどろの戦いに終止符を打つものとは!? そして、“神々の黄昏”を迎えた世界で明かされる、最大にして最悪のおぞましき「真実」とは!!? 全てが覆る圧巻の最終巻。 コミックス情報

コミック版「新世界より」7巻【AA】の感想には、ENOKOROさん『衝撃の展開が連続する人類vsバケネズミの最終決戦。もうこのあたりの展開はアニメでも毎回集中して見てましたわ。そして奇狼丸さんはやっぱすげぇカッコいいです。「心臓の鼓動が止まるまで」のセリフはホント誇り高き戦士』、 かんぴょうの★プリンスさまっ♪ さん『こんなに独自の色だしながら、根幹のテーマは変えずにしかも漫画としても相当魅力的にうまくまとめてるコミカライズって本当になかなかないと思う!1〜7巻あますところなく面白かった!』などがある。

なお、原作:貴志祐介氏の巻末コメントでは『小説を漫画にするのは、読者が想像する以上にたいへんなことです。活字で衝撃を与える小説と、絵で見せる漫画とでは、インパクトのポイントがずれていますし、小説だと書かずに省略できることも、絵だとそうはいきません。しかも、「新世界より」は、アニメが先にあるという制約もありました。似すぎるのも違いすぎるのもまずいというのは、大きなハードルだったはずです。しかし、この作品は、見事に難題を克服したと思います。原作のテーマと物語を忠実に再現した上に、独自の世界を作り上げたのです』などを書かれている。

「新世界より」7巻コミックス情報 / 作品情報(試し読みあり)

「罠よ…!私達が…
狩られる側だった…!」
「私共が戦争するのは神を自称する人間共とです」
「戦い続けるのが生物としての本分なのです…!」
「あいつの攻撃抑制は人間じゃなくバケネズミが対象…!」
「変われるさ…変わらなきゃ」
「全ての同胞を開放する壮大な夢が…」

【関連記事】
新世界より6巻 「シリアスな展開の中、おっぱいは外さないその姿勢。すばらしい」
コミックス新世界より5巻 「シリアスな展開、唐突にボノボおっぱじめるとかけしからん」
コミック版 新世界より4巻 「いきなりおっぱい祭り(残りはひたすらグロ祭り)」
コミック版 新世界より3巻 「世界の血塗られた過去が明らかになる衝撃的な展開」
コミック版 新世界より2巻 「アニメ版と展開は違いますが、瞬の結末は変わらず・・」
コミックス新世界より1巻 「表紙のおっぱいを見て飛びつくと度肝を抜かれるw」 

コミックス悪の教典3巻 「俺の愉しみを邪魔する奴は例外なく排除」
コミックス悪の教典2巻 「教師という仮面をかぶった"悪"の最高傑作」 
コミックス悪の教典1巻 「善でも悪でも人でも怪物でもない…この男…"evil"」

【関連リンク】
講談社
別冊少年マガジン / Twitter
「新世界より」7巻コミックス情報 / 作品情報(試し読みあり)
作画:及川徹氏のTwitter
おまけ漫画ゆう麗子ちゃん完結8P、原作者貴志祐介先生コメントも頂きました!
アニメ「新世界より」公式サイト / Twitter
貴志祐介 - Wikipedia
新世界より (小説) - Wikipedia
ボノボるとは - ニコニコ大百科

【感想リンク】
奇狼丸さんはやっぱすげぇカッコいいです
漫画版は人間のエゴが丁寧に描かれていて考えさせられました(ネタバレあり)
最後の最後が気になる引きだったなぁ
1〜7巻あますところなく面白かった!
コミックおまけページの真理亜のシーンが見れて感激しました!
流石にボノボるをぶっこむ余裕は無かったかw
新世界より <完> 7巻 - 読書メーター



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51449340