2014年08月18日

かつて大海原を駆け抜けていた戦艦霧島 生存者インタビュー漫画「戦艦霧島の最期」

サークルFirstspearの夏コミ新刊「戦艦霧島の最期 生存者の語るその瞬間
」サークルFirstspearの夏コミ新刊『戦艦霧島の最期 -生存者の語るその瞬間-』が17日に入荷した。アイアンボトムサウンドで沈没した戦艦霧島の元乗組員のインタビュー漫画で、感想にはΣ・)かもさん『断片的に語られるエピソードが逆に現実味有った。読んでるとうるっと来てしまうです』などがある。
-

サークルFirstspear(野上武志氏)の夏コミ新刊同人誌
「戦艦霧島の最期 -生存者の語るその瞬間-」

戦艦霧島がアイアンボトム・サウンドで沈没したとき
乗組員だった城野光昭氏のインタビュー漫画の同人誌

霧島に命中した砲弾の衝撃で大怪我を負った城野氏
「6発以上の16インチ砲弾が命中。前部通信室全滅、第3、第4砲塔細動不能etc…」

2時間後…「総員退去!」
動けない重傷者達は砲術科の兵に背負われて外に出た――

サークルFirstspear(野上武志氏)の夏コミ新刊同人誌『戦艦霧島の最期 -生存者の語るその瞬間-』が、メロンブックス秋葉原1号店とらのあな秋葉原店Cに17日に入荷した。

夏コミ新刊『戦艦霧島の最期 -生存者の語るその瞬間-』は、サークルさんの新刊告知によると『昨年(2013年)、戦艦霧島沈没時の生存者にインタビューすることができました。そのお話をもとに、本作品は書かれております。戦艦霧島の最期、その真実とは』で、金剛型戦艦4番艦『霧島』の元乗組員(通信士)だった城野光昭氏へのインタビュー漫画で、アインボトム・サウンド「霧島」が沈没した際の様子を中心に、生還後に入院した海軍病院での出来事、原爆のキノコ雲を目撃し終戦を迎えるまでを描かれている。

野上武志先生が戦艦霧島の元乗組員の体験談を漫画で再現した、貴重な1冊が登場です。昭和17年11月14日、運命の第三次ソロモン沖海戦を戦う霧島の通信室で戦況を聞いた彼!その時伝声管から敵艦発砲炎確認の声が入り、霧島の艦体が直撃弾の衝撃で揺れ…?臨場感たっぷりな「みつどうえ」海戦でのお話も見逃せない、珠玉の逸品をお楽しみ下さい メロンブックス通販

同人誌『戦艦霧島の最期』の感想には、Σ・)かもさん『断片的に語られるエピソードが逆に現実味有った。読んでるとうるっと来てしまうです』、nekomeさん『生々しいわー。船体が海底に着底した時ってそんな凄い音がするのな……』、野良黒猫さん『ミッドウェー海戦で空母が爆発炎上するのを目撃、戦艦霧島の最後を見届け、一時的とは言え大和にも乗ったことがあるって色々とヤバイ』、たんさくあきさん『生々しいな...茸雲に大和。人が産み出した業っぽいものを目撃したのか』などがある。

なお、同人誌『戦艦霧島の最期 -生存者の語るその瞬間-』のあとがきで、サークルFirstspear野上武志氏は『こういう話ってなかなか商業だと発表する機会がないので、同人誌やっててよかったなと思いました。自費でなら、自分が覚悟決めれば、ほしい人に伝えることができるしね。あと10年もすれば第二次世界大戦を当事者として体験した人は世界中からほぼいなくなってしまいます。その時までになんとか後世にその体験や経験を伝えることの手伝いが出来るのなら、漫画家冥利に尽きます.』などを書かれている。

サークルFirstspear / 夏コミ新刊予告篇「戦艦霧島の最期」(pixiv)

「大治療室へ連れてかれた
地獄のような情景だった」
「甲板はぐしゃぐしゃ。私は
背負われたまま船を一周」
「駆逐艦朝雲が接舷して
救助活動していた」
「とっさに無事な右足指で
ロープの結び目を掴んだ」
「悲劇を繰り返さないよう
未来に生かしてほしいな」
「かつて確かに大海原を
駆け抜けていたのだ」

【関連記事】
艦これ同人誌 艦娘戦場写真記録 「激闘の様子から心温まるシーンまで」
昭和の小学生向け軍艦本をオマージュした、野上武志の艦これ同人誌「大和と武蔵」
昭和の小学生向け軍艦本をオマージュした、艦これ同人誌「壮烈!水雷艦隊」

"戦艦の発達史"をテーマにした軍艦同人誌 「艦これガイド 戦艦ヒストリア」

艦これ同人誌「軍艦のひみつ その1」 索敵(艦載機とレーダー)と砲撃をマンガで解説
イラスト・漫画で空母を解説した同人誌 「正規空母の乙女たち(赤城・加賀編)」
神通轟沈 第二水雷戦隊の同人誌「水雷戦隊」 軽巡洋艦コラムも収録
旧日本海軍の駆逐艦同人誌 吹雪型・陽炎型・秋月型・松型の解説と艦内生活

艦これ同人誌 航母これくしょん 「艦これに登場する空母を詳細解説」

金剛型四姉妹 艦これ軍事読本01 「全国の提督にお勧めする逸品!」

旧日本海軍の空母同人誌 「搭載機数の計画から実際の運用などの検証」

水雷長だった老人の回想。太平洋戦争時の駆逐艦がどう戦い沈んだかの同人誌
「加賀」「赤城」「蒼龍」 艦これ同人誌・・・ではなく、ガチの太平洋戦記ミッドウェー編
「戦艦大和の主砲の撃ち方」 男なら1度は撃ちたい大和の主砲

【関連リンク】
サークルFirstspear
野上武志氏のTwitter / pixiv
夏コミ新刊予告篇「戦艦霧島の最期」(pixiv)
野上武志 - Wikipedia
「霧島」元乗組員:城野光昭氏のホームページ
戦争秘話1 / / /
霧島 (戦艦) - Wikipedia
メロンブックス通販「戦艦霧島の最期」
とらのあな通販「戦艦霧島の最期」

【感想リンク】
断片的に語られるエピソードが逆に現実味有った。読んでるとうるっと来てしまうです
生々しいわー。船体が海底に着底した時ってそんな凄い音がするのな……
戦艦霧島の最後を見届け、大和にも乗ったことがあるって色々とヤバイ
生々しいな...茸雲に大和 人が産み出した業っぽいものを目撃したのか
戦艦霧島の最期めっちゃ面白かった
感想は色々だが良い本だった

【C86関連リンク】
コミックマーケット公式サイト
C86ジャンルコード一覧
コミックマーケット - Wikipedia
カタログ表紙イラスト:ゆーげん氏のホームページ「キャッスルトン」 / Twitter / pixiv
「C86」のイラスト・作品検索一覧(pixiv)
コミケ86:3日間で55万人来場 昨夏より4万人減少
小林幸子:CD1500枚が2時間40分で完売 想像以上の熱気に“ラスボス”もびっくり
小林幸子:ついにコミケデビュー “ラスボス降臨”に会場騒然
コミックマーケットに“ラスボス”降臨! 小林幸子ブースに行列
【C86】コミックマーケット 三日目まとめ
【C86】3日目入場者数は21万人!3日間ののべ入場者数は55万人に
多少マシって程度でやっぱキツかったですな……
今日は本番である「3日目」なので本気を出してきました!
ファンネる飛ばして渡して受け取って欲望の限りを尽くしてきました!
待機列無しでフリー入場♪もう行列に並んで入場とか無理だわ〜(笑)
3日目は実力のあるサークルさんがいっぱいいるので気合入れて行きましたよ!
いや〜分かってはいたものの、相変わらず凄まじい混みっぷりですね
朝は非常に涼しくて待機列時は非常に快適でしたし、この数年で一番快適
開催してくれる事に感謝しつつ、楽しんできました♪
久々の3日目始発。みんな無理をしないのか、案外空いている感がありました
如何せん、体力の衰えには抗いきれずそれほど満足に回れなかったでござる
最終的には晴れと曇りが混ざる 最高のコミケ日和だったと思います
【ラスボス小林幸子】コミケを語る コミックマーケット86 - YouTube



この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51450191