2014年08月20日

ネット炎上型ヒーローラノベ「天網炎上カグツチ」 人型兵器の動力はネット炎上パワー

砂義出雲「天網炎上カグツチ」  ガガガ文庫8月新刊、砂義出雲氏のライトノベル「天網炎上カグツチ」【AA】が19日に発売になった。オビは『ネット炎上!?新世代ネット炎上型ヒーローアクション、熱く開幕!』で、新刊折込は『ネット炎上しながら戦う、新感覚のヒーロー物語!かっこよくて、かわいくて、ネットリテラシーがつきます!』になってた。
-

著:砂義出雲氏、イラスト:Artumph氏のライトノベル「天網炎上カグツチ」【AA】発売

「初見、即垢BAN。例外はないわ」 「これが”インターネットの闇”だ!」

インフレーム インターネット接続機能搭載型 強化外骨格
ネット上で起きる人々の反応から"感情"をエネルギーに変える
アニメイト秋葉原
ゲーマーズ本店
こんな展開
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード

ガガガ文庫8月の新刊、砂義出雲氏のライトノベル「天網炎上カグツチ」【AA】(イラスト:Artumph氏)が19日に発売になった。

オビ謳い文句は『人型パワードアーマー。その動力は――ネット炎上!!??新世代ネット炎上型ヒーローアクション、熱く開幕!』で、感情をエネルギーに変えるパワードスーツで戦うことになった、ネットで発言すると燃えやすい高校生の「匂坂焔」とヒロインたちが登場し、新刊折込は『"炎上体質"に悩む高校生の焔は、ある日、完璧超人の先輩・華蓮にその素質を見込まれ、彼女が開発した人型機械《カグツチ》に乗り込むことに』になってる。

“炎上体質”によってネット炎上を繰り返し、ついにネット断ちを決意した高校生・匂坂焔。そんな焔の前に現れたのは、大企業・八雲重工の令嬢である華蓮だった。彼女に誘われ、焔は人型パワードアーマー《カグツチ》に搭乗するが――その動力は、まさかの『炎上』!?ネット炎上型ヒーローアクション、熱く開幕ッ! 裏表紙

ライトノベル「天網炎上カグツチ」【AA】の感想には、この世の全てはこともなしさん『実際にあった炎上ネタなんかも目についたけど、意外にもネタでなく真面目に「ネットと青少年の距離感」についてテーマにしている部分もあった』、『一つの作品として面白かったですが、次巻でさらにエスカレートした展開を読んでみたくはありました』、petrovichさん『インターネッターにはマストバイの一冊すぎるでしょこれ・・・』、alafishさん『なかなかパンチの利いた設定の作品。主人公視点だと、炎上してる=大衆からヘイトを稼いでるからアンチヒーロー的雰囲気があるけど、垢バレしない限りカグツチは清いヒーロー。炎上と同時にカグツチを賞賛するまとめがやたらRTされてんだろなーと考えると世知辛い』などがある。

なお、著者の砂義出雲氏新刊折込で『ネット炎上しながら戦う、新感覚のヒーロー物語です!かっこよくて、かわいくて、ネットリテラシーがつきます!』、ブログでの新刊告知では『ネット炎上ネタだぜ。ほぼネットネタだぜ。陸上で酸素を吸うようにかれこれ十数年ネット上で生きる糧を得て暮らしている俺が、このネタで書いて生き生きとしないわけないでしょう。商業でデビューして、手探りでも一シリーズ完結させられたので、もう今度は満を持して得意分野いくぞーーッ! オラーーッ!みたいな勢いですね。』などを書かれてる。

「天網炎上カグツチ」書籍情報(試し読みあり) / 著者の新刊告知「」

「やってしまった。その後も
罵倒の連鎖は止まらない」
「特に恥じるような
パンツじゃなかったぞ!」
「……よく作りましたね、
こんなの」
「どうしたの?早くもっと炎上して、京子ちゃん」
「みょろきー…スマイルっ!」「すげえプロ根性だな…」
「お前には……炎上経験が
十年足りなかったな」

【関連記事】
寄生彼女サナ3巻 「初恋と寄生虫とアイドル対決!?」
寄生彼女サナ(2) 「第2次寄生虫時代がキタ―(゚∀゚)―!」
美少女寄生虫ヒロイン 寄生彼女サナ 「寄生虫の時代がキター!」

【関連リンク】
小学館 / ガガガ文庫
「天網炎上カグツチ」書籍情報(試し読み)
砂義出雲氏のブログ「やや最果てのブログ」 / Twitter
『天網炎上カグツチ』8/19点火。あとC86とか
砂義出雲 - Wikipedia
天網炎上カグツチとは - はてなキーワード
炎上パワーで人型兵器を動かすライトノベルが意味不明(ほめてる)
炎上が続くライトノベル界に救世主が! 炎上するヒーローが主人公のラノベが登場

炎上 (ネット用語) - Wikipedia
炎上とは - ニコニコ大百科
ブログ炎上 とは - コトバンク
止まらないネット炎上事件…あなたのネットリテラシーは大丈夫?
炎上 - NAVER まとめ

【感想リンク】
ネット炎上ヒーローラノベ『天網炎上カグツチ』を著者の砂義出雲先生が解説
ネタ臭がすさまじい作品ですが、ヒーローものとしては真っ当です
主人公の炎上能力が、一番強力なのかなぁ。何を書いても炎上するんですね
面白かったです 次巻でさらにエスカレートした展開を読んでみたくはありました
インターネッターにはマストバイの一冊すぎるでしょこれ・・・
しっかり燃える展開を見せてくれるヒーローモノ
もっとこう、読者の魂を奪い取る気で仲間キャラ作れと思う
炎上と同時にカグツチを賞賛するまとめがやたらRTされてんだろなーと考えると世知辛い


天網炎上カグツチ (ガガガ文庫 す 4-6)天網炎上カグツチ (ガガガ文庫 す 4-6)
砂義 出雲 Artumph

カナエの星 (電撃文庫) のうりん 9 (GA文庫) 絶対ナル孤独者 (1) ―咀嚼者 The Biter― (電撃文庫) 人類は衰退しました 9 (ガガガ文庫) ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (5) (電撃文庫)

by G-Tools

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51450370