2014年08月27日

エロマンガノゲンバ増刊 「エロマンガ界の大発明、表現のパラダイムシフト“乳首残像”」

サークルフラクタル次元 エロマンガノゲンバ増刊 乳首残像サークルフラクタル次元の成人コミック研究の同人誌『エロマンガノゲンバ増刊 乳首残像』がZIN秋葉原店に26日に入荷した。エロ漫画での「乳首残像」インタビューや過去の乳首残像を収録し、サークルさんの新刊告知は『エロマンガ界の大発明表現、表現のパラダイムシフト「乳首残像」特集です』とのこと。
-

サークルフラクタル次元の夏コミ新刊・大人向けコミック研究同人誌
「エロマンガノゲンバ増刊 Vol.9.5 乳首残像」

奥浩哉 全乳首残像ライブラリー
「世界で初めて"乳首残像"が表現されたとされている記念すべきコマ」1988年

特別解説 乳首残像の歴史 乳首残像は宇宙であった

「1995年を一つのラインとして、急激にこの"乳首残像"表現が増えていくのだ」
「おっぱい思想が、おっぱいダイナミクス(乳力学)として独立した瞬間でもあった!」

サークルフラクタル次元(稀見理都氏)の成人コミック研究の同人誌『エロマンガノゲンバ増刊 Vol.9.5 乳首残像』が、COMIC ZIN秋葉原店に26日に入荷した(ZIN専売)。

『乳首残像』とは、まえがきの解説によると「巨乳が揺れている様を、乳首の移動によって表すときに、乳首の移動軌跡がまるで車のヘッドライトのように残像として描かれるマンガ表現」で、サークルフラクタル次元の稀見理都氏の調査によると、奥浩哉氏が「変[HEN]」(雑誌掲載は1988年)で描かれたのが最初で、ほぼ同時期にうたたねひろゆき氏も同人誌で「乳首残像」表現を描かれたみたい。

夏コミ新刊の『エロマンガノゲンバ増刊 Vol.9.5 乳首残像』は、サークルさんのコメントが『乳首残像の発明者の2人、奥浩哉先生とうたたねひろゆき先生へのインタビュー号』で、奥浩哉氏&うたたねひろゆき氏へのインタビューを中心に、乳首残像を『エロマンガ界の大発明表現、表現のパラダイムシフト』と定義され、乳首残像がメジャーな表現になっていく過程を追った「特別解説 乳首残像の歴史」も収録してる。

このマンガ表現におけるパラダイムシフトは1988年の夏に2人の天才漫画家によって、ほぼ同時にお互いがお互いの作品に影響されることなく発見され、発表されることになる。このエロマンガ界における大発見が、同時多発的に発生したという事象は、一緒の奇跡と言えよう。いや、奇跡ではあるが、そこには誕生しなくてはいけない「必然」があったのかもしれない。今回は急遽、この秘密を調べるべく、「乳首残像」の発見者でもある、奥浩哉先生とうたたねひろゆき先生へのインタビューを決行した。いったい、何が彼らをそうさせたのであろうか!? まえがきより

なお、乳首残像特集の『エロマンガノゲンバVol.9.5』の感想には、さんかく同盟さん『おっぱいの揺れを乳首の残像で表現するエロ漫画技法のルーツと歴史を解き明かす研究本。熱の入ったインタビューと豊富な資料で読ませるのはさすが』などがあり、サークルフラクタル次元稀見理都氏夏コミ新刊告知で『エロマンガの表現の発明者というものはあまり明確に発見者が見つからない事が多いものなんですが、この乳首残像に関しては、出典がわかっている希なケースになります。現在のエロマンガではもう当たり前のように使われている表現ですが、この発明者が実は、バリバリのエロマンガ家さんではなく、一般の方での活躍が多い2人だったというのも意外です』などを書かれていた。

サークルフラクタル次元 / ZIN通販「エロマンガノゲンバ 増刊 乳首残像」(ZIN専売

「乳首残像とは?」
奥浩哉氏のインタビュー
「乳首残像 表現の大革命・誕生秘話を大公開」
うたたねひろゆき氏の
インタビュー
「グラデーショントーンを乳首に使おうと思ったんです」
「乳首残像の進化は
とまらない!!」

【関連記事】
工口マンガのいろんな人インタビュー 「エロマンガノゲンバ Vol.2」

EroManga Lovers Vol.3 アイテム・ギミック編 「知ればエロ漫画はこんなにも奥深い」
エロ漫画用語の基礎知識「EroManga Lovers Vol.2」 肉便器・ビッチ・寝取られほか
液汁描写・アヘ顔・擬音などエロ漫画の性的表現 同人誌「EroManga Lovers Vol.1」
工口マンガの同人誌 淫漫姫 「工口マンガってこんなに面白いんだぜ!!」
「淫漫姫」 特集がマニアックすぎるエロマンガの同人誌
雑誌みたいなエロマンガの同人誌 「淫漫王」 ウソ広告入り

【関連リンク】
サークルフラクタル次元
稀見理都氏のTwitter
「乳首残像」少部数委託開始
コミケお疲れ様でした&委託情報
新刊届いたよ〜〜
夏コミ速報 新刊出ます!「乳首残像」
予備刷り分の少部数だけCOMIC ZINさんのみで委託開始です
エロ表現における乳首残像の歴史 / 続報 / 一部解決編
イラスト・カット:枝空氏のホームページ「枝蘭堂」 / Twitter
[R-18]「エロマンガノゲンバ Vol.9.5 乳首残像特集 表紙」(pixiv)
COMIC ZIN通販「エロマンガノゲンバ 増刊 乳首残像」(ZIN専売)
乳首残像拳 (ちくびざんぞうけん)とは【ピクシブ百科事典】

奥浩哉氏の公式サイト / Twitter
奥浩哉 - Wikipedia
うたたねひろゆき - Wikipedia

【感想リンク】
揺れる乳房と流れるトーン:『乳首残像』で知る残像の起源と歴史
タイトル通りのテーマで、奥浩哉さんとうたたねひろゆきさんの緊急インタビュー
熱の入ったインタビューと豊富な資料で読ませるのはさすが



この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51451135