2014年09月12日

森薫 シャーリー2巻発売 「11年ぶりの新刊!みんなが待ち望んだ第2巻!」

森薫 シャーリー森薫氏の英国メイドコミックス「シャーリー」2巻【AA】がアキバでは11日に発売になった。1巻から11年半ぶりの新刊で、オビは『20世紀初頭のロンドン。メイドと女主人の穏やかなる生活』とかで、ZIN秋葉原店では入口すぐの棚で展開し、『11年ぶりの新刊!みんなが待ち望んだ第2巻!』POPなどを付けてた。
-

森薫氏の英国メイドコミックス「シャーリー」2巻【AA】
「20世紀初頭のロンドン。メイドと女主人の穏やかなる生活」

「シャーリー」2巻【AA】を、COMIC ZIN秋葉原店では入口すぐの棚で展開

「11年ぶり待望の新刊!」

「11年ぶりの新刊!みんなが待ち望んだ第2巻!!」
ゲーマーズ本店
メロンブックス秋葉原1号店
とらのあな秋葉原店A

森薫氏の英国メイドコミックス「シャーリー」2巻【AA】が、アキバでは11日に発売になった(公式発売日は13日)。

『シャーリー』はWikipediaによると『ヴィクトリア朝時代のイギリスを舞台に、女主人が一人で暮らす家で働くことになった少女、シャーリー・メディスンのメイド生活を描く』、『当初は作者の森薫が漫画家デビュー前に描いていた創作同人作品であったが、2006年以降は商業漫画誌にて不定期に新作が発表されている』という、13歳のメイド・シャーリーとその女主人を描かれた作品で、コミックス第2は1巻(2003年2月発売)から11年半ぶりで、シャッツキステで「シャーリー2巻発売記念 森薫原画展」もしてる。

今回発売になった「シャーリー」2巻【AA】には、コミックビームFellows!・Fellows!・ハルタに掲載された「ダンス」、「風」、「お給料」、「留守番」、「届け物」、「お願い」、「ハイヒール」、「昔のこと」の8編を収録していて、オビ謳い文句は『20世紀初頭のロンドン。メイドと女主人の穏やかなる生活』、『「乙嫁語り」、「エマ」を代表作に持つ森薫が、ライフワークとして発表してきた「シャーリー」待望の第2巻です』で、コミックス情報は『ひとつ屋根の下でふたりが暮らす、穏やかなロンドンでの生活を描いた読切シリーズが、ふたたび1冊の本にまとまりました』になってる。

発売日のアキバでは、「シャーリー」2巻のポスター()が『11年ぶり待望の新刊!』、『20世紀初頭、エドワード朝ロンドン。メイドと女主人の穏やかなる生活』になっていて、とら秋葉原店Aには『11年ぶりの待ちに待ちに待ちに…待った第2巻!!』POP、『働き者のメイド少女と、女性主人の暖かく穏やかな生活を丹精込めて描く10年越しの新刊!』POPがあり、ZIN秋葉原店では入口すぐの棚で展開し『11年ぶりの新刊!みんなが待ち望んだ第2巻!』POPが付いていた。

カフェを経営する女主人ベネット・クランリーが屋敷のメイドとして雇ったのは、まだ13歳の少女シャーリー・メディスン。婚期をのがしかけてる(?)年齢のベネットと、メイドとしては若すぎるシャーリー。そんなふたりが過ごす穏やかで幸せな日々!2006年から2014年にかけて描かれた8本の作品を収録 オビ裏面

「シャーリー」2巻【AA】の感想には、にしやさん『やはり森先生はこの時代のイギリスとメイドさんを描く為に生まれてきた方なんだとしみじみ痛感致しました。素晴らしい。素晴らしい!』、okadaken1さん『森薫の真骨頂、幼メイド。毎度のことながら作者のキャラへの偏愛が滲み出るような作品です。いいぞもっとやれ』、らずりさん『シャーリーのちみっこ感が増してて超絶かわいかった』、徒然なる一日さん『穏やかな日常の中の、楽しみ、葛藤、失敗、悩みなど・・・2人の人間模様と心情がとっても細かく描かれていますねー、ホッとするような作風の中に、何処かチクりと痛むエピソードもあり・・・シャーリーやベネット・・・それぞれの立場で作品に入り込める深さを感じました』などがある。

なお、森薫氏はあとがき漫画で『「シャーリー」自体は不定期でもずっと描いていこうと思っていた作品ですが、なにぶん一話一話が短いためここまで溜まるのにずいぶんかかってしまいました』、『シャーリーは今後ともスキを見て描いていくつもりですし、あわよくば他にもちょいちょいメイド話を描いていけたらと思っています』などを書かれている。

「シャーリー」2巻コミックス情報

「カフェを営むベネット・クランリー(28)の家にはシャーリー(13)というメイドがいる」

「マーマレードがおいしくなってる」 「あ、作り方をかえてみました」

「あっ あの ごっ ごめんなさ…」 グキッ

「なにしろシャーリーは
年のわりによくできた子で」
「あとおねがいね」
「いってらっしゃいませ」
「何やってるのかしらねー」
「お財布、忘れてる…!」
「い、いただきます」
「できるだけ長く一緒にいたいのよ、何があってもね」

【関連記事】
シャッツキステで「シャーリー2巻発売記念 森薫原画展」 描き下しペーパーの配布も
乙嫁語り6巻 「ひさしぶりのアミル回。前回を越える戦闘シーンはまさに圧巻」
森薫 / 乙嫁語り5巻 「相変わらず素晴らしい。結婚式のエピソードの構成は見事」
森薫/乙嫁語り4巻 「褐色美少女双子とか凄いのきたぞこれは!!」
森薫拾遺集 「すがすがしいほとに森薫のすべてを詰め込んだ一冊」
森薫/乙嫁語り3巻 「未亡人のタラスさんが美人過ぎてヤバイ!」
原画展示やサイン会「フェローズフェスタ2010」 COMIC ZIN秋葉原店で開催
森薫/乙嫁語り2巻 「マジすげぇ…抜群のセンスに驚くべき表現力!」
森薫/乙嫁語り1巻 「夫12歳!妻20歳!これだけで掴みはOK」
新創刊 fellows!(フェローズ)発売 「新!漫画誌誕生」
英國戀物語エマ 第二幕 「これが本当のメイドですよ、みなさん」
「この街の○○○どもは、エマから学べ!」

【関連リンク】
エンターブレイン
「シャーリー」2巻コミックス情報
シャーリー (漫画) - Wikipedia
森薫 - Wikipedia

ZIN新宿店開店5周年記念&ポイント交換アイテム 森薫先生描き下ろしバインダー
森薫「シャーリー」2巻、1巻から11年ぶり
森薫「シャーリー」の原画展、秋葉で本日から
「シャーリー」第2巻発売原画展がシャッツキステで始まる
【11年ぶり】森薫『シャーリー』第2巻9月13日発売予定!

【感想リンク】
穏やかで何気ない日常をキラキラと輝かせる、無垢で健気な眼差し
メイドに深いこだわりのある作者による、メイド愛あふれるマンガ
感想を一言で述べるならば「シャーリーが可愛い」の一言に尽きます
10年越しの名作『シャーリー』1・2巻
13歳メイドの健気さがたまらない…森薫『シャーリー』第2巻
相変わらずシャーリーかわいい、そして女主人もまたいいご主人様で嬉しい限り
2人の人間模様と心情がとっても細かく描かれていますねー
11年ぶりの新刊でもシャーリーの可愛いさは健在
素晴らしい。素晴らしい!!
森薫の真骨頂、幼メイド
シャーリーのちみっこ感が増してて超絶かわいかった
シャーリー 2巻 - 読書メーター


シャーリー 2巻 (ビームコミックス)
森薫
KADOKAWA/エンターブレイン
2014-09-13


シャーリー (Beam comix)
森 薫
エンターブレイン
2003-02


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51452602