2014年09月28日

北欧ハーフ小学生 銀のニーナ5巻 「ニーナ、日本の古き&新しき文化を楽しみ遊ぶ!」

銀のニーナイトカツ氏のコミックス「銀のニーナ」5巻【AA】が28日に発売になった。北欧ハーフ小学生(10歳)の姪とのお話で、5巻オビは『習字、焼き芋、プリクラ、ドッジボール、こたつ、そして東京へ― 初めての夢の街 秋葉原!』で、とらAのPOPは『ニーナ、日本の古き&新しき文化を楽しみ遊ぶ!』だった。
-

イトカツ氏のコミックス「銀のニーナ」5巻【AA】発売
とらのあな秋葉原店A「ニーナ、日本の古き&新しき文化を楽しみ遊ぶ!」

初めての習字をするニーナ(北欧ハーフ小学生10歳の姪)

アキバに来たニーナ 「アキバ スゴーイ!!」

メイドカフェでメイドに可愛がられるニーナ
「キャー何この子!?超カワイイ♥」

イトカツ氏が漫画アクションで連載されているコミックス「銀のニーナ」5巻【AA】が、28日に発売になった。

『銀のニーナ』は、1巻のコミックス情報によると『東京で職を失い田舎へ戻ることになった志摩崎修太郎。不本意な気持ちで開けた実家の扉の向こうには、美しい銀の髪と蒼い瞳を持つ少女・ニーナが 待っていた。無職独身27歳の叔父と、銀髪碧眼10歳の姪。高原の街を舞台に、疲れ気味の青年と日本大好きハーフ美少女のゆるやかな生活が始まる──』 な、27歳の無職の主人公と、小学生・10歳で銀髪碧眼のニッポン大好き北欧ハーフ「ニーナ」の田舎暮らしを描いたお話。

今回発売になった「銀のニーナ」5巻【AA】のオビは『習字、焼き芋、プリクラ、ドッジボール、こたつ、そして東京へ― ニーナと初めての夢の街 憧れの街 秋葉原!』で、ZIN秋葉原店のPOPは『ニーナ×アキバ ニーナ、アキバに降臨!名物ケバブおいしーい♥ニーナの可愛さは、メイドさんのお墨付き☆』、とら秋葉原店AのPOPは『ニーナ、日本の古き&新しき文化を楽しみ遊ぶ!』が付いてた。

無職独身27歳の叔父・志摩崎修太郎と、銀髪碧眼日本マニア10歳の姪・ニーナが送る、ゆっくりとした高原の生活。
北軽井沢の秋が深まり、ニーナが小学校生活に慣れてきたころ、再就職の誘いを受けた修太郎は面接を受けに東京へ行くことになった。大きな岐路に立った彼の隣には、初めての東京に心躍らせるニーナがいて…。
コミックス情報

「銀のニーナ」5巻【AA】の感想には、惰眠日記さん『ニーナと一緒に秋葉原へ行ったり遊園地に行ったり、修太郎はニーナに救われているな』、KONの徒然日記さん『元気のない修太郎を励まそうと軽井沢遊園地に連れて行きます。そこでニーナが修太郎に見せたかったものは…何ていい子なんでしょう(笑)』などがある。

なお、作者のイトカツ氏は『この連載を始めた当初から「自分の作風で日常モノ雰囲気マンガを描く場合、5巻分くらいの物量が揃ってやっと作品として成立する(単巻だと成立しない)」と考えていました()』、『なので、この5巻の刊行にはとても達成感も感じていますし、なにより読者の皆様に自信を持って「作品」をお届けすることが出来て本当に嬉しく思います。銀のニーナ第5巻、楽しく読んでいただけたら幸いです。(勿論、連載は続きます)()』などをツイートされている。

「銀のニーナ」5巻コミックス情報 / イトカツ氏のブログ

「ニーナは習字初めてか?」「うん」
「こりゃ立派なさつまいもだな」「大きい〜」
初めての秋葉原
JR秋葉原駅前で「わぁ〜」
「2人にあげるね」「それがアキバで撮ったプリクラかー」
秋の紅葉
「キレーだね」
「なんだニーナ、
コタツも知らないのか」

【関連記事】
銀のニーナ3巻 「銀髪碧眼10歳と、無職独身27歳、夏の終わりは楽しみがいっぱい!」
銀のニーナ2巻 「ニーナ(北欧ハーフ10歳)が可愛すぎて悶え死ねるレベル!!」
銀のニーナ1巻 「姪10歳 叔父27歳。高原の夏から始まる癒しの田舎ライフ」
ももそら 「ちびっこ未亡人と新たな生活。まったりほっこり癒されましょう」

【関連リンク】
双葉社 / 漫画アクション
「銀のニーナ」5巻コミックス情報
イトカツ氏のブログ「あらびき Day Drippers blog」 / Twitter
「銀のニーナ」コミック第5巻発売の告知
「自分の作風で日常モノ雰囲気マンガを描く場合、5巻分くらいが揃って作品として
読者の皆様に自信を持って「作品」をお届けすることが出来て本当に嬉しく思います

【コラム・ネタ・お知らせ】今、押しかけのニーナが絶望の居間で弟の夫に宙色アタック!!
「銀のニーナ」5巻、豊富な書店別の購入特典

【感想リンク】
ニーナが修太郎に見せたかったものは…何ていい子なんでしょう(笑)
ニーナと一緒に秋葉原へ行ったり遊園地に行ったり、修太郎はニーナに救われているな
ニーナは極めて純粋。見るものすべてが新鮮に映るのか、いつも本気で笑顔だ
軽井沢での銀髪碧眼姪と27歳無職叔父の日常を描く物語も5巻目



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51454066