2014年10月10日

11年ぶり EAT-MAN THE MAIN DISH1巻 「あの世界一の冒険屋が帰って来た!」

吉富昭仁のEAT-MAN THE MAIN DISH 吉富昭仁氏の11年ぶりの「EAT-MAN」新シリーズ、「EAT-MAN THE MAIN DISH」1巻【AA】が9日に発売になった。オビは『ネジや金属を食す世界一の冒険屋、ボルト・クランク、新たな冒険がかつてないドラマを紡ぎ出す異世界SFアクション!』で、とらAのPOPは『あの世界一の冒険屋が帰って来た!』になってた。
-

吉富昭仁氏のコミックス「EAT-MAN THE MAIN DISH」1巻【AA】発売
とらAのPOP「あの世界一の冒険屋が帰って来た!」

「ひでぇな…いったい何があったんだ…?」「おっと…これ見ろ誰かいるぞ」

「…!」

「町を破壊した容疑者はボルト・クランクという男とのことです」 ザワッ
K-BOOKS秋葉原新館
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード

吉富昭仁氏が月刊少年シリウスで連載中の、11年ぶりの「EAT-MAN」新シリーズ「EAT-MAN THE MAIN DISH(イートマン ザ・メインディッシュ)」1巻【AA】が9日に発売になった。

『EAT-MAN』は、ネジや金属片を食べ、体内で再構成して武器などが作れる「ボルト・クランク」が主人公。Wikipediaによると『世界一の冒険屋(報酬を受けて殺し以外の依頼を引き受ける特殊職)として知られる男ボルト・クランクを狂言回しとした一話から数話完結の連作ストーリー。電撃コミックガオ!で1996年〜2003年にかけて連載』されたみたいで(新装版は全10巻)、TVアニメにもなった作品。

今回発売になった11年ぶりのコミックス「EAT-MAN THE MAIN DISH」1巻【AA】は、オビ謳い文句が『吉富昭仁の代表作[イートマン]待望の新シリーズ!ネジや金属を食す世界一の冒険屋、ボルト・クランク、新たな冒険がかつてないドラマを紡ぎ出す異世界SFアクション!』で、第1話〜4話「BOLT CRANK」、「砂漠の友人」、「少年とボルト」、「セオルドのコイン」の4編を収録し、とら秋葉原店AのPOP『あの世界一の冒険屋が帰って来た!壮大な異世界冒険ストーリーが再び幕を開ける!!』だった。

黒煙に包まれる町を背に一人歩く男がいた。この時すでに3つの町が破壊されていた。これらの事件を起こした容疑者として一人の男の名があがる。その名はボルト・クランク。
ネジを食み、金属を食すあの世界一の冒険屋ボルト・クランクの新たな冒険がはじまる! コミックス情報

コミックス「EAT-MAN THE MAIN DISH」1巻【AA】の感想には、TELさん『何よりまず、懐かしい。帰ってきましたねボルト・クランク。3話は何となく先が読めましたが、以前と同じ雰囲気で、続きも楽しみです』、 猫ウルフさん『スライガーやジェットなど以前のキャラが出てこないのが寂しいですが、きっと今後何らかの形で出てくれると信じて!うおぉ次巻が楽しみだ!』、まなぶくんさん『色褪せずかっこ良いキャラです!改めて、前シリーズも読み直したくなりました』などがある。

なお、著者の吉富昭仁氏あとがきで『戻ってまいりました。第1巻をお届けいたします。前の連載から10年の時を経て、再び描かせていただく事となりました。10年前のボルト・クランクとあまり変わらないボルト・クランクに私もおどろいております』、『10年前からボルトを知っている方々、新しくボルトを知った方々、彼の冒険を通して色々感じてみたり楽しんでいただければと思います。私も10年ぶりに彼との冒険を樂しむ所存です』などを書かれている。

「EAT-MAN THE MAIN DISH」1巻(試し読みあり) / 吉富昭仁氏のホームページ

「食べた物を手から再生する特別な力…」
「ボルトが食ったんだ」
「ひ… ひいっ…」
「相変わらず仕事ばかりしてやがんだな」
「何世代にもわたって居ついてやがる寄生虫さ」
「まだ他にもあるんじゃないのか?例えば…キミ自身…」

【関連記事】
吉富昭仁/へんなねえさん 「少女達が巻き起こすヘンなSF世界短編集」
吉富昭仁/スクール人魚1巻 「恋の為に殺しましょう。恋心が狂気を招く学園ホラー!」
女性減少・少子化した日本を舞台に、女に改造された少年たち「バランスポリシー」1巻
原作:手塚治虫 作画:吉富昭仁 「ブラック・ジャックB・J×bj」
吉富昭仁/地球の放課後1巻 「誰も居ない地球で女の子達と共同生活!」
BLUE DROP〜天使の僕ら〜1巻 「ちょwww 開始2言目でこの単語!?」

【関連リンク】
講談社
少年シリウス / Twitter
「EAT-MAN THE MAIN DISH イートマン ザ・メインディッシュ」1巻(試し読みあり)
「EAT−MAN」旧シリーズ新装版既刊一覧
吉富昭仁氏のホームページ / ブログ「RAKUGAKI砂漠」
吉富昭仁 - Wikipedia
EAT-MAN - Wikipedia

吉富昭仁「EAT-MAN」新シリーズ1巻が発売 - コミックナタリー
出版社コラム:名作SFの続編が、約10年の時を経て新たに描かれます(連載開始時)
吉富昭仁先生の漫画『EAT-MAN』がシリウスで連載決定!(連載開始時)
『EAT-MAN』が10年ぶりに復活! 月刊少年シリウス7月号から(連載開始時)
吉富昭仁先生インタビュー【EAT‐MAN/地球の放課後/etc…】(2013年)

【感想リンク】
何よりまず、懐かしい。帰ってきましたねボルト・クランク
10年の時を経て現れるその男……ボルト・クランク!!
今度は、何が明らかになっていくのか?
魅力的な世界観、寡黙でありながら不敵なボルト、謎に満ちたサブキャラクターたち
旧作ファンにはたまらない展開のオンパレードです。 こんなに出していいのか!
10年の時を経て、作風も空気感もそのままにボルトが帰ってきた!
作者の言う通りボルトは変わってませんね。色褪せずかっこ良いキャラです!
EAT-MAN THE MAINDISH 1巻 - 読書メーター


EAT-MAN THE MAIN DISH(1) (シリウスKC)EAT-MAN THE MAIN DISH(1) (シリウスKC)
吉富 昭仁

EAT-MAN COMPLETE EDITION(9) (シリウスKC) EAT-MAN COMPLETE EDITION(10)<完> (シリウスKC) ドリフターズ  第4巻 (ヤングキング・コミックス) EAT-MAN COMPLETE EDITION(8) (シリウスKC) EAT-MAN COMPLETE EDITION(7) (シリウスKC)

by G-Tools

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51455770