2014年10月15日

僕らのファミコン日記 ―80's熱中時代― 「ファミコンに燃えたあの思い出がよみがえる」

僕らのファミコン日記「僕らのファミコン日記 ―80's熱中時代―」【AA】がとら秋葉原店AZIN秋葉原店に14日に入荷した。裏表紙は『子供も大人も、日本中がファミコンに熱中した、あの頃…』などを謳い、とら秋葉原店AのPOPは『ファミコンに燃えたあの思い出が、たくさんの作家さんの手によってよみがえる…!』だった。
-

「僕らのファミコン日記 ―80's熱中時代―」【AA】発売
「ファミコンに燃えたあの思い出が、たくさんの作家さんの手によってよみがえる…!」

裏表紙「子供も大人も、日本中がファミコンに熱中した、あの頃…」

桑佳あさ氏「スーパーマリオブラザーズ」

ハナムラ氏「スターソルジャー」

フジヤマヒロノブ氏「MOTHER」

「僕らのファミコン日記 ―80's熱中時代―」【AA】が、とらのあな秋葉原店ACOMIC ZIN秋葉原店に14日に入荷した。

『僕らのファミコン日記 ―80's熱中時代―』の新刊折込は『大人も子供も熱中した「ファミコン」で振り返る懐かしコミック!』で、参加作家さんはフジヤマヒロノブ氏・桑佳あさ氏・魚乃目三太氏・浅野りん氏・ハナムラ氏・福丸やすこ氏・治島カロ氏・しゅりんぷ小林氏・あさいもとゆき氏・なかむらみつのり氏・加納康雄氏・斉籐ふみ氏・高梨みどり氏・田中顕氏の14名

表紙は『さぁ、あの頃に帰ろう♪』、裏表紙は『子供も大人も、日本中がファミコンに熱中した、あの頃…』などを謳い、で、とらのあな秋葉原店AのPOPは『ファミコンに燃えたあの思い出が、たくさんの作家さんの手によってよみがえる…!買ってもらった時の興奮も再び味わえます!』だった。

また、巻頭ページは『さぁ、ファミコンとあの頃に帰ろう。 豊かな国、ニッポンにハレー彗星のごとく登場したファミコン。ブラウン管のテレビの前で子供も大人も熱中してピコピコやりました』になっていて、当時のゲームは「ドラゴンクエストII 悪霊の神々」・「スーパーマリオブラザーズ」・「ロックマン」・「マリオブラザーズ」・「スターソルジャー」・「忍者じゃじゃ丸くん」、「魔界村」・「グラディウス」・「ドンキーコング」・「ゼルダの伝説」・「スペランカー」・「アイスクライマー」・「桃太郎電鉄」・「プロ野球ファミリースタジアム」・「MOTHER」の15タイトルにまつわるストーリを収録してる。

なお、 「僕らのファミコン日記 ―80's熱中時代―」【AA】の感想には、東雲あずみさん『オール新作のコンビニ本。ファミコンソフトに纏わる創作エピソード群。いやもうがっつりと「世代」なんで懐かしいったらありませんな。創作とはいえ当時の空気感は確かにあるので悪くないかと』、軽力るんさん『読んでる間ずっと懐かしかったり楽しかったり悲しかったり「キラキラした人生歩んでやがるなこの野郎」と嫉妬の炎に身を焦がしたりで心が落ち着きませんでした(笑)そして、見事にかぶりまくる定番ネタ』、G@rayさん『お約束のネタを良くありそうなストーリーに絡めてあるだけなんだけど、ついつい読みたくなってしまう』などがある。

フジヤマヒロノブ氏「ドラゴンクエストII 悪霊の神々」

桑佳あさ氏「ゼルダの伝説」

魚乃目三太氏
「ロックマン」
浅野りん氏
「マリオブラザーズ」
治島カロ氏
「魔界村」
しゅりんぷ小林氏
「グラディウス」
なかむらみつのり氏
「ドンキーコング」
加納康雄氏
「スペランカー」
斉籐ふみ氏
「アイスクライマー」
高梨みどり氏
「桃太郎電鉄」
田中顕氏
「ファミリースタジアム」

【関連記事】
艦これ8bit 第二次スーパー艦これ8ビットEX 「ファミコン世代にはたまらない!」
艦これ8bit 「スーパー艦隊これくしょん8ビットデラックス テクニックブック」発売
ファミコンゲーム"いっき"ノベライズ発売 「伝説のレトロゲームが遂に小説に!」
RYU-TMRのレゲー解体劇場 「ページを捲る度に溢れ出すゲームへの愛!愛!!」
「古き好き良き神ゲーであるメタルスレイダーグローリーの"☆よしみる先生"の本です!」
「7月15日はファミコンの日」 ファミコン風デモ
「ファミコンカセット1051本フルコンプ 65万円」 キャンセル?→販売再開→瞬殺
「ファミコンカセット1051本フルコンプ 65万円」 もう売れた
ファミコンカセット 65万円 1051本フルコンプリートセット
秋葉原ソフマップタウン1周年記念 日替わりレトロゲー試遊祭
1回100円の「ゲームすくい」でファミコン互換機
FC版ドラクエIV ライアン(全裸)をLV30まで育てたら粗品

【関連リンク】
少年画報社
ファミコンロッキーの新作、ゲームアンソロに

【感想リンク】
がっつりと「世代」なんで懐かしいったらありませんな
ゲームの画面やパッケージは一切ハッキリと描写される画面はありません
カセットゲームの方が「ゲーム!」「おもちゃ!」って感じがしてて好き
ファミコンと同い年の自分には、こういった話はストライクである
読んでる間ずっと懐かしかったり楽しかったり悲しかったり
お約束のネタを良くありそうなストーリーに絡めてあるだけなんだけど、



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51456165