2014年10月18日

聲の形6巻 「ただただ痛い切ない。それぞれの思いと本音――」

聲の形大今良時氏のコミックス「聲の形」6巻【AA】が17日に発売になった。表紙オビは『生きることは嗚咽。人は静かな絶望の中を生きる』、裏表紙は『硝子の選択。運命に抗う将也。そして仲間たちの胸中は…』などで、とらAのPOPは『ただただ痛い切ない。希望の道へと繋がる、それぞれの思いと本音――』だった。
-

大今良時氏のコミックス「聲の形」6巻【AA】発売
とら秋葉原店A「ただただ痛い切ない。希望の道へと繋がる、それぞれの思いと本音――」

「なんで なんで なんで? 西宮」

「ごめん ごめんな西宮 今さら遅いけど
まだ怒ってる? しまったなぁ 俺のことどう思ってるのか聞いておけばよかった」

「悲劇のヒロインやるなら自分の尻ぬぐってからにしろよ!!」
ゲーマーズ本店
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
K-BOOKS秋葉原新館

大今良時氏が週刊少年マガジンで連載されているコミックス「聲の形」6巻【AA】が17日に発売になった。

『聲の形』は、Wikipediaによると『聴覚の障害によっていじめ(嫌がらせ)を受けるようになった少女・硝子と、彼女のいじめの中心人物となったのが原因で周囲に切り捨てられ孤独になっていく少年・将也の2人の触れ合いを中心に展開し、人間の持つ孤独や絶望、純愛などが描かれる』というお話で、「コミックナタリー大賞 2014」の第1位にも選ばれた作品。

今回発売になったコミックス「聲の形」6巻【AA】のオビは『生きることは嗚咽。人は静かな絶望の中を生きる。今も。彼らも。強く』、裏表紙は『硝子の選択。運命に抗う将也。そして仲間たちの胸中は…。長束、佐原、川井、真柴、植野の知られざる思いが今語られる――』で、とら秋葉原店AのPOP『ただただ痛い切ない。希望の道へと繋がる、それぞれの思いと本音――』だった。

「神さま どうか もうひとふり 俺に力をください」 。 過去のトラウマから、仲間たちを拒絶し、壊れてしまった将也の世界。その責任を感じた硝子は、自ら命を絶とうとする。止まってしまった2人の時間。明らかになる、仲間たちの思い。バラバラになった心と体を繋ぎ合わせる術は――。 裏表紙

なお、「聲の形」6巻【AA】の感想には、マンガとかラノベ等の感想ブログさん『さらに荒れた人間関係、悩みまくる関係者たちなど引き続き重い話が続き、この先どうなってしまうのかわからない展開だった』、ふたばさん『それぞれ「罪」のある登場人物たちを、紋切り型の「悪い」人間ではなく、非常に人間らしい、読み手が単純に断罪できない人物に造形して描き出しているのが本当に見事!』、なつきさん『この作品ってみんな少しずつ歪んでて、人間くさい。読んでるとそこがもどかしくもありつついつの間にか引き込まれてしまう』などがある。

「聲の形」6巻コミックス情報 / 作品情報

「西…みや
柵に つ…掴まれ!」
「どうもすみませんでした」
「とんだッ 思いあがり
この性悪」
「無駄だった 全部…
全然…伝わってなかった…」
「映画作り 再開することにした!!一緒に作ろう!!」
「あなた…
硝子さん…?」


【関連記事】
聲の形5巻 「いやー、今回もヘビーですわ…人間関係が一気に瓦解」
聲の形4巻 「障害とか関係なしに、出てくる人たちみんなが愛おしすぎて泣けた」
聲の形3巻 「甘酸っぱさと切なさが絶妙に織り交ぜられたターニングポイント的1冊!」
少年と聴覚障害の女の子 聲の形2巻 「こんな濃密な漫画めったにない」
少年と聴覚障害の女の子 聲の形1巻 「やばい!読み切りの時よりはるかに凄い!」 

マルドゥック・スクランブル3巻 「怒涛の銃撃戦」「全俺が大絶賛!」
マルドゥック・スクランブル1巻 「冲方丁先生のサイバーパンクSF ついにコミックス化!」

【関連リンク】
講談社 / 週刊少年マガジン
「聲の形」6巻コミックス情報 / 作品情報
大今良時 - Wikipedia
聲の形 - Wikipedia
「コミックナタリー大賞 2014」公式サイト
コミックナタリー大賞、今年度の1位は聲の形 - コミックナタリー
「聲の形」 フランスでも発売決定! そのときフランス人の反応は……!?

『このマンガがすごい!2015』オトコ編1位 聲の形。大今良時インタビュー
大今良時『聲の形』インタビュー【前編】あえて読者にわからない部分をつくった 【後編】
このマンガがすごい!2015 : 異色作「聲の形」が選出
「このマンガがすごい!」1位は、聲の形&ちーちゃんはちょっと足りない
「聲の形」アニメ化が決定 最終話扉絵で明らかに
「聲の形」アニメ化決定!本日発売の週マガで完結
聲の形 : 週刊少年マガジンの異色マンガがアニメ化 最終回で発表

【感想リンク】
さらに荒れた人間関係、悩みまくる関係者たちなど引き続き重い話
いよいよクライマックスに向かうんだなぁ、という期待も高まる
とりわけ、第51話「西宮硝子」が凄い
聲の形6巻ネタバレ有り感想 幸せって何だろうね…
予想通りやっぱり重い…そして全員の想い。一人一人の心の聲が錯綜
周りの人物達の人間関係が動き出す。次巻が待ち遠しいです
西宮目線の世界の表現に驚愕。みんなの色々な背景が見れて濃厚な一冊だった
読み終わって動いた時に体がうまく動かずガクガクする
ドロドロしてて、重くて、悲しくて、読むのつらい…
読み終わってから気付いたけど表紙が切ない
楽しく読める作品ではないかもしれないけれど、多くの人に読んでもらいたい
表紙からしてぐっと来てたけどいやあ凄い
帯のコピーだけはどうも自分に酔ってる感と内容との温度差を感じる
いやー、川井のクズさ加減がやばい
聲の形 6巻 - 読書メーター / ブクログ


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51456419