2014年10月19日

野中友の百合短編集コミックス「ハミングガール」 同人発表作+描き下ろしの全7編

野中友 ハミングガール 野中友氏のコミックス「ハミングガール」【AA】が18日に発売になった。とら秋葉原店AのPOPが『かわいい女の子たちのキラキラ&キュンキュンな青春スクールデイズ♥』で、野中友氏がサークルUnisonBellで発行された同人誌に掲載の6作品と描き下し1作品を収録して商業化した全7編の百合短編集コミックス
-

野中友氏のコミックス「ハミングガール」【AA】
「ちょっと悩んで、いっぱい笑う。そんな女の子たちの、あふれそうなかわいい日常」

Lalala Melody
「ほら あたしの美貌とセンスを燻らせておくのは人類の損失じゃない?」

「どうしてもって言うなら付き合ってもいいけどな!」

「なんだよ」 「あー」
メロンブックス秋葉原1号店
特典:イラストカード
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード

野中友氏の百合短編集コミックス「ハミングガール」【AA】が18日に発売になった。

野中友氏がサークルUnisonBellで発行された同人誌に掲載の「Lalala Melody」、「カラフルワード」、「スイッチングノイズ」、「あのエーデルワイスは私のように」、「ウスユキパズル」、「まいにち!ブランニューデイズ」に、描き下し作品「花咲かキュートガール」を加えて商業化した全7編の短編集

オビの謳い文句は『"かわいさが、あふれる。"ちょっと悩んで、いっぱい笑う。そんな女の子たちの、あふれそうなかわいい日常』で、オビ裏面では『毎日を楽しく過ごす方法は、ガールズトークとほんのちょっぴりの恋ごころ』、とらのあな秋葉原店AのPOPが『かわいい女の子たちのキラキラ&キュンキュンな青春スクールデイズ♥』だった。

カップルばかりの共学校。女同士、浮いた話もなく、日がな一日ガールズトーク。そんなトキメキのない生活を送る、チユ・コノカ・イロハ・ネネに訪れた一つの恋の勘違い!?「Lalala Melody」他、描き下しを含め全7編を収録。おバカな日常から、ちょっぴり切ない恋ごころまで、著者が同人誌で発表してきた作品を、短編集としてポップにまとめ上げました。 裏表紙

「ハミングガール」【AA】の感想には、さっちん もんすけさん『同人誌は毎回買っているので、ポエミィなあとがきがないことで魅力は30%減だが、まとまってるのは嬉しい』、仕方ないしーなメモさん『まとめると、お互いにわかっているのに付き合いが長いからこそ言い出せないくすぐったさ、お互いのことしか見えていないのに最後の一歩を踏み出せないもどかしさが味わえる幼なじみ百合は本当に素晴らしい。結局素晴らしいしか言っていないけれど、どこをとっても本当に素晴らしい』などがある。

なお、野中友氏カバー折り返しの著者コメントで『はじめまして。かわいい百合にはじまりかわいい百合に終わる、そんな感じの本になりました。どうか楽しんでいただけますように』と書かれていて、巻末には作品解説と、あとがき漫画を収録してる

「ハミングガール」コミックス情報 / 野中友氏のホームページ「UnisonBell」

「カラフルワード」
「スイッチングノイズ」
「あのエーデルワイスは
私のように」
「ウスユキパズル」
「まいにち!
ブランニューデイズ」
「花咲かキュートガール」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit