2014年10月31日

妄想を具現化するマッチ 燐寸少女 「イケない妄想に火を灯しましょう」

鈴木小波 燐寸少女鈴木小波氏のコミックス「燐寸少女」【AA】がアキバでは30日に発売になった。ZIN秋葉原店のPOPは『妄想と現実 どちらが甘いかしょっぱいか。燐寸売りの少女が誘う異界への入り口…』で、オビ謳い文句は『イケない妄想に火を灯しましょう。謎の少女リンに誘われ奏でる、ちょっぴり苦い童話集』になってた。
-

鈴木小波氏のコミックス「燐寸少女」【AA】発売
「イケない妄想に火を灯しましょう。」

「私マッチ売りのリンと申します」

「火が点いてる間に思った事、つまり妄想が具現化する妄想マッチです」

「私が一生お世話してあげる♥」
ゲーマーズ本店
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:4Pリーフレット

鈴木小波氏のコミックス「燐寸少女」【AA】が、アキバでは30日に発売になった(正式発売日は11月4日)。

「燐寸少女」【AA】には、第1話〜第6話の「妄想と願望」、「至高の本質」、「心の裏」、「東京タワー」、「妄想の休日」、「本当の願い」の6話を収録し、 コミックス情報は『――火が点いている間に思った妄想が具現化する「妄想燐寸」は要りませんか?ただし、妄想用であって願望用ではありません』とかで、オビ謳い文句は『イケない妄想に火を灯しましょう。妄想が具現化する妄想燐寸。謎の少女リンに誘われ奏でる、ちょっぴり苦い童話集』だった。

アキバのお店では、とら秋葉原店AのPOPが『謎の少女が売るマッチで擦り出す、人々の心に秘めた欲と願いの人間ドラマ ここに点火』、ZIN秋葉原店のPOPは『妄想と現実 どちらが甘いかしょっぱいか。燐寸売りの少女が誘う異界への入り口…』だった。

私、マッチ売りのリンと申します。こちらのマッチは、火が点いている間に思った事、つまり「妄想」が具現化できる「妄想マッチ」です。妄想は少々過大表現ですが、レトロ調でオシャレですよ。ただし本製品は「妄想用」であり「願望用」ではございません。責任も覚悟も必要ございません。それでもよろしいならいかがでしょうか。マッチはいりませんか 裏表紙

徒然なる一日さんの感想は『作風は結構重いです。かなりノスタルジックと言うかレトロな雰囲気で臨場感が半端ないです。「笑ゥせぇるすまん」を彷彿させるような自爆っぷりと破滅っぷりに唖然呆然(;^ω^)心の裏側とか、深層心理にグサッと刺さるような演出がマジでスケール大きいです』、『自尊心、プライド、偶像、願望…様々な心の葛藤が渦巻く…そんな心理描写と臨場感溢れる作風がとっても心惹かれる…そんな単行本でした』などを書かれている。

なお、鈴木小波氏は『同人版「燐寸少女」もご興味ありましたらどうぞ!』とツイートされていて、2013年冬に出された同人版「燐寸少女」には『2007年〜2009年 講談社 週刊モーニング増刊 MANDALA vol.1〜3 に掲載された「燐寸少女」「斑路通り」「ココロジキ」三作品を再録』してるみたい。

「燐寸少女」コミックス情報 / 鈴木小波氏のホームページ

「おはよ」
ボワッ
「地球上全ての女にモテる
皇帝だ!!」
「岸田様の妄想が
具現化する妄想マッチです」
「岸田様は心の表しか、ご覧になっていないのですよ」
「ずっとずっとずっっっっと!!
一緒にいたいんだ!!」
「これが深層心理
これが彼女の本当の願い」

【関連記事】
鈴木小波のセルフ同人誌「ホクサイと飯 おかわり」 雑誌休刊の単行本未収録話など
鈴木小波/ホクサイと飯 「食べる事に超ポジティブな漫画家料理漫画!」
鈴木小波の短編集 出落ちガール「1冊まるごと出落ちだらけ!」
痛みを感じない少女と不死人のオカルトファンタジー 「ヤオツクモ」1巻
「セカイのミカタ」1巻 異世界人とのトラブルに対処する異界管理局

【関連リンク】
角川書店
「燐寸少女」コミックス情報
鈴木小波氏(サークルパコキリン)のホームページ / ブログ / Twitter / pixiv
同人誌版「燐寸少女」(pixiv)
鈴木小波 - Wikipedia
鈴木小波の新作、妄想叶う不思議なマッチ描く

【感想リンク】
「妄想」「願望」「深層心理」。似て非なる3つを、この物語は追求している
心の裏側とか、深層心理にグサッと刺さるような演出がマジでスケール大きいです
マッチ売りの少女が売るのは、妄想を叶える燐寸


燐寸少女 (1) (カドカワコミックス・エース)燐寸少女 (1) (カドカワコミックス・エース)
鈴木 小波

ルート3 2巻 (ガムコミックスプラス) スピリットサークル  4巻 (ヤングキング・コミックス) おしえて!  ギャル子ちゃん 1 さび抜きカノジョ ドリフターズ  第4巻 (ヤングキング・コミックス)

by G-Tools

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51457752