2014年11月13日

【コラム・ネタ・お知らせ】 CLANNADという感動物語が全世界へ!

CLANNAD現在、アメリカ企業のSekai Projectさんが主催し「CLANNAD」の英語版発売に向けたクラウドファンディングを開催。べつに日本を捨てて海外で……というわけじゃないですよ。感銘を受けた方が多いKeyのゲームを、より多くの方に知ってもらいたいのです。
-

Keyが全世界へ、
まずは『planetarian〜ちいさなほしのゆめ〜』

どうも。マンハッタンの小学校に入学した帰国子女だけど、英語をしゃべることができないビジュアルアーツ営業本部のクド公編集長です。9月12日より「planetarian〜the reverie of a little planet〜」が、Steamにて販売中です……。

そもそも『planetarian』ってナニ?
……じゃなかったSteamってナニ?と思いますよね。うちもよく知らんです(笑)。

Steamは、米国Vaive社が提供しているPCゲームのダウンロード販売プラットフォームで、サーバー上にあるゲームデータを、インターネットを介してプレイできる……というサービス。一度ゲームを購入したら、自宅でも出先のPCでもネット環境があれば遊べちゃうわけですよ。そして、全世界が対象となっているので、英語版が非常に多いわけです(……そもそもアメリカ企業のものですから、英語が当然か……)。

そんなSteamにて、Keyが2004年に発売した「planetarian〜ちいさなほしのゆめ〜」を当然英語化させての発売したわけです。 それが『planetarian〜the reverie of a little planet〜』なのですよ。

Steamの販売ページはこんな感じ。
http://store.steampowered.com/app/316720/

……実は……iOSAndroid端末でも『planetarian〜Dream of Little Star〜』というタイトルで英語版を発売しているのです。正確に言えば、日本語・英語表示の切替が可能で、日本語版タイトル『planetarian〜ちいさなほしのゆめ〜』、英語版タイトル『planetarian〜Dream of Little Star〜』になっています。こちらは日本人による英語翻訳となっており、言い回しが固いなどの問題が……。

日本人の英語に関するちょっとした笑話を。
大阪のとある食べ放題の店にはいったとき「この店はセルフバイキングです」という言葉の下に「Please Self Viking」と書いてありました。実はバイキングって、日本のみに通じる和製英語なんですよね。そんなわけで「Please Self Viking」だと……「自己荒くれ者になってください」という意味で、ひどいコトになります(笑)。 ちなみに食べ放題のお店のことは「buffet」といい、発音は英語だと「バフェ」、フランス語だと「ビュッフェ」ですよ。知らなかった方……大丈夫です。vavaしゃちょーもついこの前まで知りませんでしたから。

横道に逸れてしまいましたが……。 そんなわけで、Steam版はより多くの方に楽しんでいただけるよう、アメリカ企業のSekai Projectさんによる、ちゃんとした英語翻訳となっております。 どう違うかって?

「あなたはちょうど、250万人目のお客さまです!」
You're the 2.5 millionth customer!
You are our 2,500,000th customer!

場ちがいもはなはだしい、ほがらかな若い女の声。
The charming voice of a young woman seemed grossly out of place.
No, it was a young girl's voice, clear and sweet, completely out of place in the midst of the godforsaken rubble.

上が『planetarian〜Dream of Little Star〜』(iOS版)
下が『planetarian〜the reverie of a little planet〜』(Steam版)

ゆめみが屑屋に話しかけてきたシーンですが、これだけ違うわけですよ。
2番目の文章を……そのまま訳すと……
iOSでは「ひどく場違いな若い女性の魅力的な声が聞こえた」
Steamでは「え? 非常に場違いな明るく甘い若い女の子の声が、人の気配があるはずのない瓦礫の真ん中にて聞こえた」 となっています。
物語を完全に理解しているからこそ、この様な英語翻訳ができるわけです。

その甲斐あって、Steam版は販売開始から非常に好調で、販売初日はセールスランキングが37位と大健闘。 レビューに関しても、良いが183票悪いが1票という感じ。コメントの英語、日本語、ロシア語、韓国語などさまざま。あっ、購入された方、レビューコメントよろしくです。全世界へ『planetarian〜the reverie of a little planet〜』の良さを伝えるカンタンなお仕事ですよ。

「planetarian〜the reverie of a little planet〜」左がSteam版で、右がiOS版
ゆめみかわいいよー。言い回しが固いと、ほんわかしたゆめみのイメージがちょっと損なわれてしまいますね
ちなみに、Steamのクライアントアプリの「ライブラリ」にて左にあるゲームリストの「planetarian」を右クリックし、サブメニューから「プロパティ」を選択。プロパティ画面にて「言語」のタグを選択すると、英語表示と日本語表示の切り替えが行えますよ。

iOS版に関しても、英語翻訳を修正したいなぁ……と思ったり。 ……そういえば、今月29日が……「planetarian〜ちいさなほしのゆめ〜」発売10周年になるわけで……何か行わないと……ダメかな?(個人的には10周年記念ゆめみパペットがほしいなぁ……)

そして、英語化プロジェクトは次の段階へ……

Key作の英語化第二弾は、TVアニメや劇場アニメにもなった『CLANNAD』
「CLANNAD」は……正直、長い。そしてニュアンスも難しい。

まさか「CLANNAD」を知らない……って人はいないですよね?

また日本国内ではOKでも、海外ではNGな表現があるかもしれない……。実際海外旅行で気を付けないといけない日常の動作ってあるんですよね。例えば、子供をほめるときに頭をなでたりしますが、タイでは子供の頭に精霊が宿っている……とのことでNG。ほかにもフランスだと子供と添い寝するのは、子供の自立が遅れるのでダメだとか……。

それ以外には、日本だと夏のイメージとして蝉が鳴くのですが、海外では蝉がいない地域もあり、蝉の声は単なる音声上のノイズとして思われていた……なんて話もあります。

英語化の第一弾に「planetarian〜ちいさなほしのゆめ〜」を選んでいるのは、奥深いストーリーということもありますが……なにより短いから。このストーリーをきちんと訳せるようになったとき、他のKey作も英語化させたい……とある意味、テスト作として考えていたのです。

「planetarian〜the reverie of a little planet〜」によって、クオリティが保証されたSekai Projectさんによる『CLANNAD』英語版の販売契約が締結したわけです。単なる英語訳だけでなく、上に書いた日本と海外との文化の違いなども考慮していただきつつの移植となっております。

そんなわけで、移植には莫大な時間と費用が発生するわけですよ。まず時間に関しては、開発期間を考慮して、来年の秋までには発売を!という契約になっています。

問題は費用。 どこまできちんと翻訳しているか……これにより『CLANNAD』の本質を伝えられるかの是非が決まるわけです。 単に翻訳するのではなく、ストーリーを完全に理解し、それに合わせた翻訳をしなければいけない。

全世界での『CLANNAD』旋風のがここにあるわけです。

この翻訳の費用に関しては、予算をオーバーすることもあり……クラウドファンディングという手段をSekaiProjectさんが提案してきました。開発資金を集める……ということもあるのですが、プロモーションの一環としても活用したいとのこと。英語堪能者皆無……いや、日本語すら不自由だったり、社会常識が欠けている人が多いビジュアルアーツとしては、英語版移植開発に関してSekai Projectさんに託しており、快く承諾。

そんなわけでKickstarterにて『CLANNAD Official English Release』がスタートしたわけです。

Kickstarterのスタートと同時に高額支援があり、もうドキドキです。

支援額の簡単な説明をすると……
$30(限定250) 『CLANNAD』Steam版
$40 『CLANNAD』Steam版
$40(限定250) 『CLANNAD』Steamパッケージ版
$50 『CLANNAD』Steamパッケージ版
$60 『CLANNAD』Steam版
『Mabinogi』音楽データ
デジタル版ガイドブック
$85 『CLANNAD』Steam版
『Mabinogi』音楽データ
デジタル版ガイドブック
メインビジュアルTシャツ
$85 『CLANNAD』Steam版
『Mabinogi』音楽データ
デジタル版ガイドブック
『CLANNADオリジナルサウンドトラック』の音楽データ
$115 『CLANNAD』Steam版
『Mabinogi』
『CLANNADオリジナルサウンドトラック』音楽データ
デジタル版ガイドブック
メインビジュアルB2サイズタペストリー
$165 『CLANNAD』Steam版
『Mabinogi』音楽データ
デジタル版ガイドブックが各3本(3人での共同出資用)
$175 『CLANNAD』Steam版
『Mabinogi』
『CLANNADオリジナルサウンドトラック』音楽データ
ガイドブックのデジタル版
メインビジュアルB2サイズタペストリー
メインビジュアルTシャツ
『CLANNADオリジナルサウンドトラック』英語解説付きCD
$205 『CLANNAD』Steam版
『Mabinogi』
『CLANNADオリジナルサウンドトラック』音楽データ
ガイドブックのデジタル版
メインビジュアルB2サイズタペストリー
メインビジュアルTシャツ
『CLANNADオリジナルサウンドトラック』英語解説付きCD
ミニ色紙3種

……記載するのが面倒になってきたです。と、いうかもう限定数に達しているものがあるです。ここで説明してももう……。
最終的には、樋上いたるの直筆サイン色紙が登場するようなプランになっていました。

いました? そうなんですよ、第一目標額として提示していた$140,000も開始13時間にて達成。やばいです。もう多くの方より支援されまくりなのです。ありがとう! みなさん!!

樋上いたる描き下ろしの『CLANNAD』Steam版のメインビジュアルを使ったTシャツやタペストリーが特典として入手できるので、興味がある方はご支援よろしくお願いします。
詳しくは、Kickstarterのページにてご確認くださいね。


あ、秋生さん……そ、そこまでしなくても、みなさんよりご支援いただいております。
vavaしゃちょーじゃないんですから、そんなこと言わないでください。

芽衣もキケンな発言を……。みなさん素晴らしい「CLANNAD」の物語を、より多くの方に知ってもらいたい!とご支援してくださっているのです。

クラウドファンディング主催と英語版移植開発のSekai Projectさんよりコメントが届いたので。
---------------------------------------------------------------------
Sekai Projectがビジュアルアーツ様と話し始めた時、ここまで来れるとは思いもしませんでした。 『planetarian』の英語版を完成して、無事にSteamで発売されて、今回はKeyの伝説のゲーム『CLANNAD』の英語版を希望したいと思いました。

このKickstarterのクラウドファンディングキャンペーンが成功すれば、アニメ版しか知れなかったファンたちがやっと原作を楽しめます。
これはSekai Projectのスタッフ全員の夢でもあり、そして光栄と思います。
皆様、応援よろしくお願いします。
---------------------------------------------------------------------

最終目標額以上の支援額が集まった場合は……プロモーションの一環としてKeyの海外イベントという企画も出ています。 ビジュアルアーツ社員のほとんどは日本に引きこもりで、パスポートも持っていません。

ちなみに今年の社員の海外渡航状況は、わたし(クド公編集長)が3回、vavaしゃちょーが2回、なかおよしえが1回、丘野塔也が1回のみ……うぐぅ。 引きこもりから抜け出す手助けをお願いいたします(笑)。 プロモーションについては、Sekai Projectさんにお任せしており、あくまでアイディアなので、海外イベントを本気にしないでくださいね。

……ただ、先日……「支援状況を見ることで、アメリカなどでKSLを開催することができるかわかる」と、vavaしゃちょーが不穏なことをぼそっと言っていたですよ。

KSL……海外でのライブ開催……ちょっと憧れです。個人的には個展なども開催したいところ。いや……アメリカ展開のための橋頭堡(ビジュアルアーツのアメリカ支社)を……。

すでにこれだけのご支援をいただけるなら、海外イベントに対して積極的になるでしょうね。みなさん、お楽しみに! ……と、いうか自分も楽しみですよ!!

あっ、クラウドファンディングは太平洋時間で来年の1月10日3時48分までとなっていますので、海外イベントや今後の英語化移植プロジェクトのためにもご支援よろしくお願いしますね。

そういえば「CLANNAD」情報をもうひとつ。LINEのスタンプにて『CLANNAD 公式スタンプ』の申請を出しました! 現在、審査待ちの状態となっていますので、動きがありましたら、ご報告しますね!! ……『リトルバスターズ!』は審査落ちしてしまったので……こちらは通るといいなぁ。

え? 肝心なことを忘れている? 「樋上いたるによる描き下ろしの『CLANNAD』Steam版のメインビジュアルが見たい」ですって? 実は……10月30日のブログにて書いた『HOLY BREAKER!』の開発作業に追われていて、まだなんですよ。

そういえば……どんなイラストがほしいですか? この記事をリツイートする際に、イラストのシチュエーションを簡潔に書いてください。
いただいたイラストのシチュエーションを参考にしつつ、キービジュアルを手掛けてもらおうと思います!

(文章:VisualArt's/クド公編集長)

----------------------------------------
続いて、11月2日(日)大阪長堀橋WAXXにて開催されました「北沢綾香」初のワンマンライブ「HAPPY AUTUMN DAY」の情報をイベント担当D坂本がお届けします!

「HAPPY AUTUMN DAY」

jAcKp☆TraSH様がオープニングアクトとして登場!
DrumのSHOW GuitarのTAKUYA そして、support bassの木村朋徳
さらにライブ初参加となるVocalのSyannon!
4名の迫力ある演奏で会場が一気にヒートアップ!

「HAPPY AUTUMN DAY」

jAcKp☆TraSH様のオープニングアクト終了後
北沢綾香が登場し、全17曲の楽曲を披露しました!

「HAPPY AUTUMN DAY」

コラム掲載の2日後となる11月15日(土)には新宿グラムシュタイン(http://glamstein.syncl.jp)にて東京公演がございます!
当日券の販売もございますので、是非会場までお越し下さい!

(文章:VisualArt's/D坂本)

【バックナンバー】
嘘から出たまこと。あのHOLY BREAKER!がゲーム化決定!
急募!!ビジュアルアーツが本格的に『人材募集』を始めました!
サガプラネッツより2大発表!最新作「花咲ワークスプリング!」&単独初ライブ「SAGA PLANETS FIRST SONIC 〜花咲ワークフェス2014〜」
スマートフォン専用ソーシャルゲーム「リトルバスターズ!カードミッション」の歩みとサービス終了のご挨拶
ビジュアルアーツ、ついに海外イベント出展!!
しろくろフェス2014・VA購買部出張所 -2014summer-の情報をお伝えします!
「VA購買部出張所2014 -summer-」にはもう足を運んでくれたかな? 夏を彩るキャラ達がみんなを待ってます!
今年もやって来ました、ビジュアルアーツの夏!「VA購買部出張所2014 -summer-」が開催です!
7月11日、「学園ヘヴン2」が発売します! お待たせしました!!
Iris新作エロゲー「しゅきしゅきだいしゅき!!」をガチロ◯◯ンがプレイしてみたよ!みんな集まれー!! 【序盤のネタバレアリ】
Iris「しゅきしゅきだいしゅき!!」マスターアップしました!
業界史上、もっともお洒落なエロゲー「星織ユメミライ」を手がけるスタッフのコメントが到着!体験版も公開中です!!
キモい用務員が美少女を好き放題にする…そのギャップにエロスを詰め込みました! catwalknero新作『学園カースト 〜用務員 下衆山の逆転支配生活〜』!
出会いから始まり、結ばれ、その後までを真っ直ぐ丁寧に描く恋の物語 tone work's新作「星織ユメミライ」は7月25日発売です!
初のイベント「character1」がまもなく開催! イベントグッズをドドーンと紹介!
これ、今の世の中に出しちゃいかんだろう……。13cm往年の名作ゲーム「好き好き大好き!最新OS対応バージョン」をレッツプレイ!
リスナーとつくるIrisのマスコットキャラあいりすちゃん。新作「しゅきしゅきだいしゅき!!」の発売も間近です!
魁のシナリオ講座・出張編 連載2回目「KANONとAIRがもたらした感動系への系譜と、物語に合わせてキャラクターを作る手法」
魁の美少女ゲームシナリオ講座・出張編
学園ヘヴン・鬼畜眼鏡etc。BLゲームを作り続けて十数年。もはや老舗の風格・SprayがBLを語っちゃうぞ!
Iris「しゅきしゅきだいしゅき!!」の予約が今月末より開始されます!
お久しぶりです!ビジュアルアーツのvavaしゃちょーです!
一年の締めくくりはもちろんこれ! コミックマーケット85のビジュアルアーツ情報をお届けします!
リトバスのソーシャルゲーム!?「リトルバスターズ!カードミッション」で一緒に青春を駆け抜けよう!
年末の聖戦まであと僅か!riffraffグッズ初制作と開発近況!
catwalkNERO新作『痴漢優遇列車 〜種付け無限ループ 永遠に止まらない学園都市環状線〜』のリリースに向けて、痴漢はなぜエロいのか真面目に考察してみた
美少女ゲームブランドGardenの処女作『ラブレプリカ』についてディレクターが語る!体験版が出た後だから言えることもある!!
台風にも負けず「KSL Live World 2013 way to the Little Busters! 〜Refrain〜」開催!
tone work's 2nd Project進行中です
祝マスターアップ! ダブル主題歌"Elements Garden"&"I've"のサガプラ最新作「カルマルカ*サークル」は9月27日発売♪
初公開!「ラブレプリカ」のアバンムービー!!PCゲームメーカー Garden発足の経緯から開発状況をお届け致します
PCゲームメーカーLapis lazuliの新作 「十六夜のフォルトゥーナ」は、八木沼悟志が企画・原作、総合プロデュースを担当する入魂作です!
M男のM男によるM男の為のエロゲーブランド、M−O!! 新作「魔少女〜M男絶頂地獄〜」で、強制射◯と射◯封じの相反する責めに身悶えろ!
今年もやってきました、ビジュアルアーツ・夏のグッズ祭り VA購買部出張所2013-SUMMER-!
にゅうしの生え替わる頃合いのちびっこしゅきしゅきIrisです!
”ほんたにかなえ”&”とらのすけ”が描く可愛い美少女キャラ満載の最新作カルマルカ*サークル! 作っているのはサガプラネッツです♪
感動の全年齢から究極のエロエロまで! ocelot / catwalk / catwalkNEROは、ガンガン行きますよ〜!
力を入れるのはキャラだけじゃない! エロゲーブランド・riffraff新作「3人いる! 〜Happy Wedding in Livingroom〜」で新婚生活体験!
LOな子たちを徹底追求!自分を止められない、はむはむソフト!
気高いご令嬢が、売春婦に堕ちる一部始終とは? 「聖娼女」開発過程をお届け!

今回のテーマは映画、アニメ、ゲームなどに欠かせない「エンドロール」について
『基本無料』というゲームが今の主流? 今回はその『基本無料』について考えてみよう!
コラムの連載が50回を迎えました! Twitterで募集した記念のメッセージにもご返信を。……え?なになに、何か依頼が来てるって?
「失敗は成功のもと!?」今回はビジュアルアーツや、私が過去にやった失敗談を語ってみよう。私が「いい気」になっていたら、警戒警報ですよ
クドは天才少女の系譜。ゲームやアニメのキャラクターを立てるってどういうこと?
今のライフスタイルにあったPCゲームってどんなものだろう?
ゲームを販売する上でとっても大事な「体験版」のお話しよう
新年あけましておめでとうございます! 2013年今年の抱負は『ユーザーに選ばれるメーカーになりたい!』そろそろ新たなプロジェクトの始動もね!!
突然ですみません!年末にかけての隠し玉「ビジュアルアーツ・アプリポータル」がオープンします!まずは「クドわふたー」の体験版をプレイしてみてね!
20周年を迎えたビジュアルアーツ社員の2012年10大ニュース! 今年の一番はもちろん……!?
迫るコミケ!高まる期待!? 今年も恒例、ビジュアルアーツのコミケ情報を先行でお伝えします!
無断転載と著作権。これからは作家が利用規定を決めていく時代
"絵柄とカリカチュア"の視点から見た、(幼い系)漫画・アニメ・ゲーム絵の解釈論
Keyの音楽クリエイター折戸伸治による初のパーソナルフルアルバム『circle of fifth』がまもなく発売!今回はその折戸伸治に関するお話です。
アニメ「リトルバスターズ!」放送直前特集なのです!!
今やゲームの時代はパッケージ購入型から、ブラウザゲームへ移りつつある……そんなお話しです
着メロを買ったり、痛車を出品したり…。今回はYahoo!オークションのお話しです
PCゲームは長編だけじゃない。そう、今回スポットを当てるのは「短編作品」です
「ビジュアルアーツ大感謝祭 Shift:NEXT→Generation! -きみとかなでるあしたへのうた-」が無事に終了しました! 果たしてイベントはどうなったのか……!
ビジュアルアーツ20周年記念イベントも開催直前!最後のおさらいを一緒にしましょう!
PCゲームの「声」はみんな声優さんの演技によって成り立ってる。今回のテーマはPCゲームにおける「声」について!
第二回キネティックノベル大賞開催、そしてVA20周年大感謝祭の展示物についてが今回のテーマです
歌は世につれ世は歌につれ(古い)。こんなボカロ時代に恐縮ですが、なんたって歌はいいものですよ。今回のテーマは「レコーディング」です
とうとうやらなきゃいけないテーマがやってきました。そう! 今回は「Rewrite Harvest festa!」についてです!
「ビジュアルアーツ大感謝祭 in 横浜アリーナ」では平行してクラブイベント『OTSU』もやろうと思っています。今回はその「クラブイベント」について
今、巷では実際に身体を動かし、行動して問題解決を目指す『リアルゲーム』が流行してます。暇な人はやってみそ!
今回のテーマは『痛車』。クドカーに続いて、そろそろまたやりたくなってきたんだな
いよいよVA20周年の基幹イベントが本格始動です!
4月1日といえば新たな季節・年度の始まり? いえいえ、それよりインターネッツですよ
ずばり"萌えゲー業界へ就職する方法"。ウチらはたぶんこういう人を求めています。来たれ!若者! その2!
ずばり『萌えゲー業界へ就職する方法』。ウチらはたぶんこういう人を求めています。来たれ!若者!
今VAで一番勢いのあるブランド…そう! SAGA PLANETSさんについてお話ししましょう!
紙もいいけど電子もな。今回は「本」について。私に10万売らせろーヾ(`皿´;)ノ
あけましておめでとうございます! 2012年のビジュアルアーツは、あなたの側にあります!!
映像配信もいいけど、まだまだネットラジオも捨てたもんじゃない! いつか音楽番組やりたいなー
2011年もあとわずか!ビジュアルアーツ社内10大ニュース!!
VA流ライブの作り方、お教えします。
ビジュアルアーツの年末大行事・冬のコミックマーケット! グッズ情報を先行でお届け!!
ビジュアルアーツの年末大行事・冬のコミックマーケット!
広報、マーケティングはビジュアルアーツの重要な業務のひとつなのです
全年齢のエロゲに意味はあるのか?今回のテーマはエロ無しの作品。「全年齢作品」についてです
私とBLゲームの出会い…そう、今回は「女性向け恋愛ゲーム」がテーマです。どっちが「オモテ」でどっちが「ウラ」か。いやさ、しばらくおつきあい下さい!
ビジュアルアーツ20周年記念イベント計画発動!色々と仕込を開始してます!!
今回は人によりちょっぴり耳の痛いお話し、ゲームや音楽の違法アップ、ダウンロード、そしてネットによる生放送について、です
PCゲームからのコンシューマー(家庭用ゲーム機)化ビジネス。それはただ単に"移植"すると言うことではないのだ!
アナタの周りにいる沢山の嫁、彼女、妹。今回はビジュアルアーツのグッズ版権許諾ビジネスについてお話ししましょう!
引き続き音楽集団I'VEさんについてお話ししましょう。
今回は音楽集団「I've」について語ってみたい
ビジュアルアーツ創業20周年、その中で最もエポックな出来事だったのはKeyの移籍でした
幹部脱退にすごく悩んだ結果が...今のビジュアルアーツです
ビジュアルアーツの生い立ち。当時はたった1.2MBの記憶容量でゲームを作ったんだ......
初めまして、ビジュアルアーツのvavaしゃちょーです

この記事はコラム カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51459562