2014年12月16日

突撃!となりのプロゲーマー 「ガキの頃から好きなことを"本気"でやってきた大人の物語」

突撃!となりのプロゲーマーくつきかずや氏のコミックス「突撃!となりのプロゲーマー」【AA】がアキバでは15日に発売になった。コミックス情報は『名だたるプロゲーマーたちの素顔にせまり、格闘ゲームの世界を熱く、面白く魅せます!』で、裏表紙は『ガキの頃から好きなことを"本気"でやってきた大人の物語』になってた。
-

くつきかずや氏のコミックス「突撃!となりのプロゲーマー」【AA】発売
「ウメハラ氏・マゴ氏・ときど氏推薦!」

「ウメハラさんは世界で最も長く賞金を稼いでいるプロゲーマーとしてギネスブックにも
登録されている人物だ」

東京大学出身プロゲーマー ときど氏
「自宅からゲーセンに移動する時間が惜しい。その時間を練習にまわしたいです」

関西のカリスマゲーマー Sako氏
「その全て“誰かのマネ”ではなく自分自身でゲームが面白くなる工夫をしているのだ」
K-BOOKS秋葉原新館
COMIC ZIN秋葉原店
とらのあな秋葉原店A

くつきかずや氏がプロゲーマーを取材されたコミックス「突撃!となりのプロゲーマー」【AA】が、アキバでは15日に発売になり、COMIC ZIN秋葉原店には販促POPも付いてた(公式発売日は17日)。

コミックス情報は『名だたるプロゲーマーたちの素顔にせまり、格闘ゲームの世界を熱く、面白く魅せます!』で、オビ謳い文句は『ウメハラ氏・マゴ氏・ときど氏推薦!プロゲーマーの実態にせまる!!』・『「格闘ゲームシーンのことが、良く描いてもらえています」(ときど氏)・「ここまでゲーマーの事に触れる漫画は世界初!?」(マゴ氏)・「まあ、面白いんじゃない。たぶん」(ウメハラ氏)」』、裏表紙オビは『カプコン綾野さんも推薦!!「思わず目頭熱く…ガキの頃から好きなことを"本気"でやってきた大人の物語」』になってた。

登場するプロゲーマーさんは、梅原大吾氏・ときど氏・マゴ氏・板橋ザンギエフ氏・ふ〜ど氏・ちび太氏・sako氏らで、収録内容は「まえがき 格闘ゲームの世界」、「"プロゲーマー"って何!?」、「プロゲーマー ときど」、「ゲーセンにプロゲーマー襲来!」、「初心者"ゲームはじめました!"」、「プロゲーマー 板橋ザンギエフ&ふ〜ど」、「バーチャファイター大会 ビートライブカップ」、「初心者"どうしたら強くなれますか!?"」、「プロゲーマー sako」、「海外大会 シンガポール」前・後編、「Mago 2D神外伝 -俺はこうしてプロゲーマーになった-」、「世界大会Evolution in ラスベガス」前・後偏、「プロゲーマー ウメハラ」になってる。

マンガ家くつきかずやが、日本だけではなく、世界を股にかけて活躍する「プロゲーマー」たちをとことん追っかけて取材する。
「プロのゲーマーって何! ?」「大好きなゲームをやってお金を稼げるなんて! 」と、単純に羨ましさゆえの好奇心から始まった取材。けれど、彼らの本気(マジ)でストイックに、格闘ゲームに取り込む姿勢に接しているうちに、はからずもどんどん、プロゲーマーの世界にハマっていき、果ては、彼らを追っかけて世界大会が行われるラスベガスへ! 突撃取材の末にくつきが出した答えとは!?
コミックス情報

「突撃!となりのプロゲーマー」【AA】の感想には、ケイズさん『プロゲーマーという職業?の一端を見ることができるいい漫画です』、そみさん『帰宅路で読み終えたけど、途中で泣きそうになった…』、しわぽんさん『読んでいると、どこかで聞いたことのある名前や見たことのある顔があり、現在遊んでいる格ゲーマーや、動画で楽しんでいる動画勢もニヤニヤしてしまうのではないかと…!?』などがある。

なお、くつきかずや氏あとがきで『心残りは、まだ描かれていないプロゲーマーさんもいて、出来れば女子ゲーマーがいることも描きたかった。ストリートファイターに焦点を当てたが、もっともっとたくさんゲームの種類はあるし、海外のプレイヤーがどんな風にゲームをやっているのか……私自身も知りたいことが、たくさんある!!!話題が尽きませんが、もし読者さんのご要望があれば、また描きたい。描きたいんだ』などを書かれている。

「突撃!となりのプロゲーマー」コミックス情報 / くつきかずや氏のブログ

「練習時間は
15時間ですかね?」
「まるで俗世と関係を絶った
仙人である」
「ウメハラさんが降臨した!」
「バーチャがない人生なんて考えられない」
「僕はそれを“心量を鍛える”と呼んでます」
「俺はゲームに育てられたから、ゲームに恩返しがしたいんだ」


【関連記事】
格ゲーの神に愛された男“梅原大吾”の自伝マンガ 「ウメハラ To live is to game」

ハイスコアガール5巻 「ハルオと大野の絶対的危機!」 特装版にナムコアレンジCD
アンソロ 僕らが格闘ゲームに夢中だった頃 「懐かしさで涙がちょちょぎれる!」
レトロゲームセンター写真集 JOYSTICK GAMERS! Ver2.0 「愛しきゲーセンの肖像」
ゲーマー少年と少女 ハイスコアガール4巻 「青春恋愛ドラマがさらに加速…ッ!!」
ハイスコアガール3巻 「ゲームに恋に勉学に。それぞれの想いを胸に翻弄される青春」
記憶の中にあるゲーセンの写真集同人誌 「JOYSTICK GAMERS!」

【関連リンク】
イースト・プレス / マトグロッソ
「突撃!となりのプロゲーマー」コミックス情報(試し読みあり)
くつきかずや氏のホームページ「笑いのライセンス」 / ブログ / Twitter / pixiv
発売前なのですが重版が決まりました!
格闘ゲーマーの魅力がギュっと詰まった渾身の一冊です

くつきかずや先生先生からサイン色紙も頂きました!
発売記念で当店入り口にもポスターを貼らせていただきました

プロ・ゲーマー - Wikipedia
梅原大吾さん-プロ論。
仕事とは? | プロゲーマー 梅原大吾
「突撃!となりのプロゲーマー」ウメハラ、ときどらプロの仕事を取材

【感想リンク】
なにより各プロゲーマーに掘り下げてインタビューしている話は面白いw
帰宅路で読み終えたけど、途中で泣きそうになった…
プロゲーマーという職業?の一端を見ることができるいい漫画です
どこかで聞いたことのある名前や見たことのある顔があり、ニヤニヤしてしまう
おもしろいな〜。読みながらうんうんって共感できる


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit