2015年01月02日

エロマンガノゲンバ Vol.10休刊号 「キャリア20年以上のエロ漫画家25名インタビュー 今までの集大成とも言える号。巻頭インタビューはエロ漫画界の神・森山塔」

サークルフラクタル次元の冬コミ新刊 エロマンガノゲンバサークルフラクタル次元の冬コミ新刊、エロ漫画の同人誌『エロマンガノゲンバ Vol.10 休刊号』が、ZIN秋葉原店に入荷してる。サークルさんのコメントは『今回はキャリア20年以上の豪華25名のインタビュー、200P近い今までの集大成とも言える号になっています。再版はしません』とのこと。
-

サークルフラクタル次元(えろまんがけんきゅう(仮))の冬コミ新刊
「エロマンガノゲンバ Vol.10 休刊号」

キャリア20年以上のエロ漫画家さん25名へのインタビュー
最初のインタビューはエロ漫画界の神「森山塔」

「ペンギンクラブの雑誌の名前の由来は、森山塔先生の“とらわれペンギン”などのイメージを継承したと言われている。ロゴも確かに似ている」

「エロメディアが無くなると困っちゃうよね。社会の治安のために!」
マンガのコマは「とらわれペンギン(1986)」での透明技法。両方の穴にバイブ

サークルフラクタル次元の冬コミ新刊、エロ漫画の同人誌『エロマンガノゲンバ Vol.10 休刊号』が、ZIN秋葉原店に入荷してる(とら・メロンへの委託もあるみたいだけど、店頭ではまだ発見できず)。

サークルさんのコメントは『「エロマンガノゲンバ」大休刊号です! 今回はキャリア20年以上の豪華25名のインタビュー、200P近い今までの集大成とも言える号になっています。再版はしません』とのことで、インタビューされているエロ漫画家さんは、森山塔氏 / 海野やよい氏 / ねぐら☆なお氏 / 河本ひろし氏 / 亜麻木硅氏 / しのざき嶺氏 / ちゃたろー氏 / ダーティ・松本氏 / 千之ナイフ氏 / 風船クラブ氏 / 伊駒一平氏 / うたたねひろゆき氏 / 田沼雄一郎氏 / 陽気婢氏 / 魔訶不思議氏 / 番外地貢氏 / 魔北葵氏 / 猫島礼氏 / がぁさん氏 / 江川広実氏 / 山咲梅太郎氏 / 田中ユタカ氏 / 島本晴海。氏 / 松山せいじ氏 / 三峯徹氏。

まえがきによると『キャリアの長い作家さん25名の方にお話をお伺いするんだから、いくつかおなじ質問を設定し、個々の感想、考えを俯瞰して見ることにより、エロマンガ界の「総括」ができる記事を目指そうと考えました』、『「1:デビューのきっかけ、経緯」、「2:先生がデビューされた頃と、今でエロマンガ界で変わった事、もしくは変わっていない事。(技術的なことから、内容、規制、業界内部など)」、「3:先生が考える、マンガ家としての進退。そして、これから(未来)について』とのことで、サークルさんの新刊詳細によると『巻頭インタビューは、エロ漫画界の神「森山塔」先生』。

ちなみに、森山塔氏はニコニコ大百科では『当時(注:1985年ごろ)漫画でエロスを書くというのは、劇画で書くことが当たり前だった時代に、ロリコン絵、現在で言うところの萌え絵に近い絵柄でエロマンガ業界に革命を起こした人物』とかが書いてある。

今回このようなキャリアの長い先生を中心にお話しをお伺いするという主旨で企画を進めたので、いつものロングインタビュー形式の構成ではなく、基本的に皆さんに同じ質問をさせて頂いて、それをまとめた構成になっています。先生方がデビューされた頃と、今のエロマンガ界で変わって事、変化してきたこと、逆に変わってない点などを、先生の個々の感覚で語っていただき、その変化にどう対応したか、そしてこれからどう変えていくかなど、マンガ家としての生き様、価値観、処世術、未来を深く掘り下げた内容になるよう心がけてお話しをお伺いしています。 サークルさんの新刊詳細

同人誌『エロマンガノゲンバ Vol.10 休刊号』の感想には、牧田翠さん『どうしたらこんな大作家さんたちに核心突いた質問ができるのか、さらっと作家さんたちが知らないデータが出てくるのか、ホントにスゴイ』、黒田クロさん『今回の冬コミで一番勉強になったのは「ペンギンクラブの誌名の由来は森山塔先生の"とらわれペンギン"からの可能性が非常に高い」という事でした』、ジョンニーさん『いつも以上に濃すぎる内容』などがある。

なお、巻末漫画では休刊の経緯を描かれ、休刊の辞では『この「エロマンガノゲンバ」ではいろいろな事を経験させていただけました。取材を通していろいろな方に出会え、活動できたことは何よりの財産だと思っています。今までの経験を活かし、よりエロマンガを愛する方の為に「新しい表現」ができればと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします!』などを書かれている。

サークルフラクタル次元 / 「エロマンガノゲンバ Vol.10 休刊号」新刊情報

1975年デビュー:ダーティ・松本氏

1988年デビュー:うたたねひろゆき氏

1992年デビュー:田中ユタカ氏
1984年デビュー
海野やよい氏
1984年デビュー
ねぐら☆なお氏
1987年デビュー
河本ひろし氏
1987年デビュー
ちゃたろー氏
1982年デビュー
千之ナイフ氏
1990年デビュー
風船クラブ氏
1987年デビュー
田沼雄一郎氏
1989年デビュー
魔北葵氏
1994年デビュー
松山せいじ氏

【関連記事】
エロマンガノゲンバ増刊 「エロマンガ界の大発明、表現のパラダイムシフト“乳首残像”」
工口マンガのいろんな人インタビュー 「エロマンガノゲンバ Vol.2」

前戯は口?手? 射精のタイミングは? 同人誌「エロマンガ統計 スーパー総集編」
EroManga Lovers Vol.3 アイテム・ギミック編 「知ればエロ漫画はこんなにも奥深い」
エロ漫画用語の基礎知識「EroManga Lovers Vol.2」 肉便器・ビッチ・寝取られほか
液汁描写・アヘ顔・擬音などエロ漫画の性的表現 同人誌「EroManga Lovers Vol.1」
工口マンガの同人誌 淫漫姫 「工口マンガってこんなに面白いんだぜ!!」
「淫漫姫」 特集がマニアックすぎるエロマンガの同人誌
雑誌みたいなエロマンガの同人誌 「淫漫王」 ウソ広告入り

【関連リンク】
えろまんがけんきゅう(仮)
稀見理都氏のTwitter
エロマンガノゲンバ Vol.10 休刊号
「エロマンガノゲンバ Vol.10 休刊号」新刊詳細
とらのあな通販「エロマンガノゲンバ Vol.10 休刊号」
メロンブックス通販「エロマンガノゲンバ Vol.10 休刊号」

【感想リンク】
いつも以上に濃すぎる内容
どうしたらこんな大作家さんたちに核心突いた質問ができるのか、ホントにスゴイ
そうかー、なんか関係あるかと思ったらやっぱりあったのかー



この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51467190