2015年01月02日

同人誌「自動車博物館へ行こう!」 ホンダコレクションホール・トヨタ博物館ほか

サークル喫茶とむ猫の同人誌「自動車博物館へ行こう」サークル喫茶とむ猫の冬コミ新刊『自動車博物館へ行こう!』がZIN秋葉原店に入荷してる。ホンダコレクションホールトヨタ博物館ヤマハコミュニケーションプラザなど国内の自動車博物館を紹介され、あとがきでは『休みの日に時間が空いていれば見に行きませんか?というのがコンセプトです』とのこと。
-

サークル喫茶とむ猫(とむ猫氏)の自動車博物館同人誌 「自動車博物館へ行こう!」

ホンダコレクションホール 「ツインリンクもてぎ内にある本田技研工業のコレクションホールです。歴代のホンダ製レーシングマシン及び市販車の展示が中心となります」

「ホンダコレクションホールは、日本のWGP史とF1史をほぼそのまま体現しているといっても過言ではないレベルなので、大変満足度が高いです」

サークル喫茶とむ猫(とむ猫氏)の冬コミ新刊、自動車博物館同人誌『自動車博物館へ行こう!』が、COMIC ZIN秋葉原店に入荷してる(ZIN専売)。

サークルさんのコメントは『日本国内の自動車博物館を写真とイラストで紹介する本です』とのことで、「ホンダコレクションホール」「トヨタ博物館」「ヤマハコミュニケーションプラザ」や、日本自動車博物館四国自動車博物館を写真&イラスト付きで紹介され、梨山Pさんの感想『自動車博物館へ行こう! を読みながら、夏休みとかにでもトヨタ博物館行きたいなぁとか思う』、JQさん『読んだら岩下コレクション行ったときのわくわく感がガンガン蘇ってきたわん』などがある。

皆さんは自動車博物館に行ったことがありますか?自動車は、日本の基幹産業です。そんな自動車産業の歴史やたくさんの人達の夢を詰め込んだ場所が「自動車博物館」です。
なんて、こんな風に書くとお固い感じになりますが、なんかレトロなものとか、創意工夫されたものとか、究極目指したモノとか見るとワクワクするのが人間ってものですよね。なんで、休みの日に時間が空いていれば、そういうモノ見に行きませんか?というのが、この本のコンセプトです あとがき抜粋

なお、あとがきでサークル喫茶とむ猫とむ猫氏は『今回は、こんな感じで自動車博物館紹介本になっています。もはやイラスト本ですらないし、誰得なのかもよくわかりませんが、あえて言えば作りたいもの作ってる俺得本な感じです。』などを書かれていて、巻末の車&バイク写真には『古くても新しくても、国産車でも輸入車でも、大きくても小さくても、早くても遅くても、二輪でも四輪でも、競技車でも実用車でも、傑作だろうと駄作だろうと、ほらね?自動車はおもしろい』とも書かれている。

サークル喫茶とむ猫 / COMIC ZIN通販「自動車博物館へ行こう!」(専売)

トヨタ博物館
「3Fが日本車の展示になっています」
「自動車史博物館ですので、展示車は海外車輌の方が多く展示されています」
ヤマハ
コミュニケーションプラザ
日本自動車博物館
四国自動車博物館

【関連記事】
画像:工具と美少女イラストの同人誌 とむ猫氏のイラスト

ベンツ、アルファロメオ、アウディ、ポルシェ、BMWなど欧州(痛)車だけの写真集同人誌
同人誌 空港用化学消防車の世界 「メーカーインタビュー&詳細な写真50枚以上」
1250トンを吊り上げる国内最大級のキャタピラ移動式クレーン「CC8800」同人誌
重機系メカ同人誌。ドイツの多目的駆動車"ウニモグ"とショベルカー"ユンボ"

【関連リンク】
サークル喫茶とむ猫 / Twitter / pixiv
「自動車博物館へ行こう」C87 冬コミサンプル(pixiv)
COMIC ZIN通販「自動車博物館へ行こう!」(専売)
岩下コレクション行ったときのわくわく感がガンガン蘇ってきた
夏休みとかにでもトヨタ博物館行きたいなぁ

ホンダコレクションホール
トヨタ博物館
ヤマハコミュニケーションプラザ
日本自動車博物館
四国自動車博物館



この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51467206