2015年01月11日

青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ない 「フツーな僕らのフシギ系青春ラブコメ!」

青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ない電撃文庫1月新刊、著:鴨志田一氏、イラスト:溝口ケージ氏のライトノベル「青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ない」【AA】が10日に発売になった。オビ謳い文句は『「青春ブタ野郎」シリーズ第3弾!素直になれないロジカル女子・理央が二人になった!? フツーな僕らのフシギ系青春ラブコメ!』になってた。
-

著:鴨志田一氏、イラスト:溝口ケージ氏のライトノベル
「青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ない」【AA】発売
「友達だけど、好きになっちゃったの」

「梓川は見るな!触るな!出て行け!」

「おはよう、かえでちゃん」「おいしいです!ふわふわしてます」

「“きゃっ、きゃあ!”シャワーは翔子の全身を容赦なく濡らしていく」

電撃文庫1月の新刊、著:鴨志田一氏、イラスト:溝口ケージ氏の、ライトノベル「青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ない」【AA】が10日に発売になった。

販促POPは『「さくら荘」コンビが贈るフツーな僕らのフシギ系青春ラブコメ!』になっていて、オビ謳い文句は『友達だけど、好きになっちゃったの。「青春ブタ野郎」シリーズ第3弾!素直になれないロジカル女子・理央が二人になった!? フツーな僕らのフシギ系青春ラブコメ!』だった。

咲太に、またも不思議現象・思春期症候群が忍び寄る。「三日前からこの世界に双葉理央がふたりいるんだ」。なぜかふたりに増えてしまった科学部所属のクールな同級生理央。咲太は家出していた片方の理央を自宅にかくまうことになり、まさかのプチ同棲生活が開始する。やっとおつきあいがスタートした麻衣先輩と咲太だけど、思春期症候群の発生で、ふたりきりのラブラブな日々はまだ遠い!? 折込チラシ

「青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ない」【AA】の感想には、じんりききゃたぴらさん『巻を追うごとに桜島先輩の可愛さが増して行って夜寝かせてくれません。ロリコンの私の心をここまで揺さぶるとはさすが』、ルキノさん『シリーズとして非常に安定してきたという印象を持ちました。また理央の姿を通して、鴨志田氏は思い悩む思春期の少年少女の描写が巧みだとあらためて心底感嘆しました』、ふぅすけさん『いつもながら咲太はイケメン野郎だな。巻を追う事に正妻に昇格していく麻衣先輩を見ていて俺は幸せです』などがある。

なお、著者の鴨志田一氏はあとがきで『ご質問をいただいたりもしたので、タイトルについての話を少々。ナンバリングをしない形で、タイトルの一部を変更していくやり方を採用したのは、今回のシリーズに関しては、巻ごとに明確なヒロインが存在するためです。スポットの当たったキャラクターに、きちんと看板をもたせてあげようという親心…のような気分が働いたのだとご理解いただければと思います』などを書かれている。

「青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ない」書籍情報(試し読みあり)

「"この子のことです"子猫の背中を翔子がやさしく撫でる」
「それで呼び止めるとか、
先輩、本気で気持ち悪い」
「勝手にしといて、
文句言うな」
「今の理央は大人っぽいし、その上、色っぽく見えた」
「覗きこむように唇を奪った。
"んっ…"」
「国見は、
何も聞かないんだね」


【関連記事】
さくら荘コンビの新シリーズ 「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」

さくら荘のペットな彼女10巻 本編完結 ましろ貫通済
最終巻直前 さくら荘のペットな彼女9巻 「夢に向かって頑張る姿が心に響いた」
「さくら荘のペットな彼女」8巻発売。とらドラ!みたいにアニメと同時に原作も終わるっぽい
さくら荘のペットな彼女7巻 「テンションあがりすぎて発狂しましたw」
さくら荘のペットな彼女4巻 「溝口ケージ氏のカラー絵でメイド・バニー・サンタ」
「さくら荘のペットな彼女」2巻 変態と天才と凡人の青春学園ラブコメ

さくら荘のペットな彼女 ヒロインの部屋をリアルに再現→「下着類が散乱しててヤバイ」
「さくら荘のペットな彼女」 ゲーマーズ・とらのあな・アニメイトの3店舗で同時ジャック
コミックス さくら荘のペットな彼女(1) 「自分じゃパンツもはけない天才美少女」
トラキス1巻 「粘膜接触という何とも羨ましいエロゲ設定がイイね!w」
「放課後あいどる」 秋葉原のディアステージを舞台にした青春学園xアイドルラブコメ

【関連リンク】
アスキー・メディアワークス / 電撃文庫
「青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ない」書籍情報(試し読みあり)
イラスト:溝口ケージ氏のホームページ「NtyPe」 / Twitter / pixiv
鴨志田一 - Wikipedia
溝口ケージ - Wikipedia

【感想リンク】
今作はドッペルゲンガーというテーマを扱っている
巻を追うごとに桜島先輩の可愛さが増して行って夜寝かせてくれません
理央のことを真剣に考えてる咲太のこの友情の距離感が本当心地いいねw
毎回重たいテーマで展開するのですが、今回は恋に関する事象
咲太がすでに一周回って悟り気味の性格しているのがまた良い味を出してますよね
鴨志田氏は思い悩む思春期の少年少女の描写が巧みだとあらためて心底感嘆しました
芯のぶれない彼が中心にいるからこそ、読者も安心して見ていられるというものです
巻を追う事に正妻に昇格していく麻衣先輩を見ていて俺は幸せです
青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ない 感想 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit