2015年02月07日

花と嘘とマコト 「一人の少女が死体のあの子と過ごした、最後の夏の物語」

花と嘘とマコトあさの氏のコミックス「花と嘘とマコト」【AA】が6日に発売になった。とらAのPOPは『死体となった1人の少女と暮らす、歪んだ絆から生まれる偽りの生活を描いた、衝撃と感動の奇妙な夏の物語』、オビ謳い文句は『一人の少女が死体のあの子と過ごした、最後の夏の物語』になってる。
-

あさの氏のコミックス「花と嘘とマコト」【AA】発売
「一人の少女が死体のあの子と過ごした、最後の夏の物語」

死んだはずの死体の"マコト"

「6月、夏休みの少し前。ある日突然に彼女は死んだ」

「ねぇマコト…あの時はおなかがすいてたんだよね
わたしに出来ることは何でもするからさ…。それでもだめなら、わたしを食べて」
アニメイト秋葉原
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード

あさの氏がWEBコミックサイトChampionタップ!で連載されていたコミックス「花と嘘とマコト」【AA】が6日に発売になった。

連載開始時のコミックナタリーによると『死体の少女マコトと暮らす女性「私」のガールズストーリー。マコトは死体だが食事をし「私」とコミュニケーションも取れる。なぜ死体が動くのか、徐々に明かされていく2人の関係が見どころ』だったもので、今回発売になったコミックスの折込チラシは『耽美的でノスタルジックな作風。ネット上では百合好きな方々からも好評価!! 「死体」と暮らした少女の夏物語』で、オビ謳い文句は『あの夏、私は死体と暮らしてました。一人の少女が死体のあの子と過ごした、最後の夏の物語』。

発売日のアキバでは、とら秋葉原店AのPOPが『死体となった1人の少女と暮らす、歪んだ絆から生まれる偽りの生活を描いた、衝撃と感動の奇妙な夏の物語』、ZIN秋葉原店のPOPは『死んでるあの娘と過ごした夏の日々。生きてる彼女と死んでる彼女の歪なカンケイ』が付いてた。

6月、夏休みの少し前。ある日突然に彼女は死んだ―。死んだはずの死体の「マコト」と私があのアパートで過ごした偽りの夏の日々。少しずつ明らかになる、悲しくいびつな2人の関係とは…。センチメンタル・サマー・ガールズ・ショート 裏表紙

なお、「花と嘘とマコト」【AA】の感想には、totemさん『序盤のややコミカルな日常生活を経て、次第に話の背景が明かされていく展開がとても切ない。しかし、二人の行く末を描いた最終話で、どこか救われたような気がした』、SOUL-JAZZ SOLDIERSさん『序盤から中盤にかけてのハナの行動には淡い希望に縋る人間の弱さが強く出ていると思う』、猫ウルフさん『世界観がしっかりしているからか、主人公とその周囲の動きが非常にリアルで、ファンタジー的な内容でありながら説得力が凄い。特に最小限のモノローグで描かれる最終話はもう「感動」という言葉すら薄っぺらく感じるほどの感動』などがある。

「花と嘘とマコト」コミックス情報 / あさの氏のTwitter

「おなかすいたの?」
カチカチ
「…死んでる
(いやもう死んでるけど)」
「身体記憶。これは体に
染みついた記憶です」
「感染の疑いのある方は、
すみやかに最寄の警察
または保健所まで―」
「目も、指も、腕も、髪も」
「何をしてあげればいいか
わからなくて、私を食べて
なんてことも言ったね」

【関連記事】
阿部共実 / 死に日々1巻 「少年少女たちのうまくいかない日常オムニバスショート」
となりのロボット 「女同士、人間とロボット。最高に愛しいガールズファンタジー!!」
魔法少女サイト2巻 「ドス黒いにも程がある展開の連続・・・油断ならないですわ」
宇宙怪人みずきちゃん1巻 「奇才"たばよう"が描く宇宙規模ラブアタックコメディ」
思春鬼のふたり1巻 「殺人鬼♂×ストーカー♀=スプラッタ青春物語?」
時間を止める女子高生 フラグタイム1巻

【関連リンク】
秋田書店
Championタップ! / Twitter
「花と嘘とマコト」コミックス情報
Champion タップ!「花と嘘とマコト」掲載ページ
あさの氏のTwitter / pixiv
「麻宮さんの妹」のあさの、死体と暮らす女性描いた新連載

【感想リンク】
動く死体と言ってもホラーでは決してなく、暖かな気持ち
少女ハナと生前友人だった生ける屍マコトとの生活
ハナの心の病がほぐれていく段階が、マコトの死体の腐敗の進行とシンクロ
ハナの行動には淡い希望に縋る人間の弱さが強く出ていると思う
「愛する人が生き返った」面を掘り下げてる
切ない。めっさ切ない
ほんの少しのロスタイムと、その先にあったものの話。とても好きだ
百合・ストーリー両面で完成された傑作だと思う
胸に残るお話でした。なんだろう拙いんだけどスゴくクルものがある
今日発売のコミックの中で一押しです。淡く悲しい感じの百合が好きな人には是非
動きが非常にリアルで、ファンタジー的な内容でありながら説得力が凄い
少女たちの気高さと優しさにひたれる物語となっております
花と嘘とマコト 感想 - 読書メーター


花と嘘とマコト (少年チャンピオン・コミックス・タップ!)花と嘘とマコト (少年チャンピオン・コミックス・タップ!)
あさの

オパパゴト(3)<完> (シリウスKC) 小百合さんの妹は天使 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ) ぷあーなんてもうしまい (1) (電撃コミックスNEXT) 聖純少女パラダイム (ひらり、コミックス) 喋喋喃喃: IDコミックス/百合姫コミックス (IDコミックス 百合姫コミックス)

by G-Tools

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51472537