2015年02月07日

世界動力大戦後の魔都 ガンロック1巻 「空前絶後のネオスチームパンクアクション!」

ガンロック原作:猪原賽氏作画:横島一氏のコミックス「ガンロック」1巻【AA】が6日に発売になった。コミックナタリーによると『動力大戦時代に暗躍した星核兵と、それにまつわる人々が巻き起こす事件を拳で解決する近未来SFアクション』で、裏表紙は『空前絶後のネオ・スチーム・パンク・アクション』になってた。
-

原作:猪原賽氏作画:横島 一氏のコミックス「ガンロック」1巻【AA】
「どんな事件も拳で一発解決!!新世代バディ物語第1巻!!」

「【星核】の排出する無味無害の蒸気は……
――街を跋扈する悪人を隠す闇のカーテン」

「人間(おまえら)を引き肉の塊(ハンバーガー・ヒル)にするまで…この疼きは消えない」

「よう兄弟、俺の名はポール・シャーロック・ホームズ」
COMIC ZIN秋葉原店
とらのあな秋葉原店A
K-BOOKS秋葉原新館

原作:猪原賽氏作画:横島一氏が別冊少年チャンピオンで連載されているコミックス「ガンロック」1巻【AA】が6日に発売になった。

『ガンロック』はコミックス1巻の新刊折込によると『世界動力大戦後の魔都・倫敦(ロンドン)。異形の犯罪者たちに相対するは最強バディ・ホームズ&ワトソン!新エネルギーが生み出す混沌から人々の心を…救え!』で、コミックナタリーは『世界動力大戦後の世界を舞台。動力大戦時代に暗躍した星核兵(コアソルジャー)と、それにまつわる人々が巻き起こす事件を、推理ではなく拳で解決する近未来SFアクション』になってる。

「ガンロック」1巻【AA】の表紙・オビ謳い文句は『推理!?ナニそれ?どんな事件も拳で一発解決!ホームズ&ワトソンの…新世代バディ物語』、裏表紙では『空前絶後のネオ・スチーム・パンク・アクション』だった。

世界動力大戦勃発。 戦後――多大な犠牲と引き換えに核廃絶へとシフトした世界は――次世代エネルギー【星核(コア)】――によって新たなステージへと登っていた! 1巻プロローグより

コミックス「ガンロック」1巻【AA】の感想には、加野瀬未友さん『スチームパンク版名探偵ホームズということだが、推理漫画ではなく、改造人間がわんさか登場するバトル漫画。改造人間の悲哀など「バオー来訪者」の手触りがする漫画だった』、SHO◆WAさん『こいつはなかなか、一言で言い表すのが難しい漫画ではあると思うんですが(作者は「トンチキSFホームズ」と称してますが)、ただ簡潔に言うなら私が好きなタイプ』、K-dubさん『買った!読んだ!やっぱり面白い!!「ガンロック」オススメです』などがある。

なお、原作:猪原賽氏連載開始時の告知は『数多くのホームズものが世間では増えていますね。俺達のホームズは一味違いますよ。煙る紫煙。唸る豪腕。犒瓩撚魴茵近未来スチームパンクSFアクション!シャーロキアン激怒必至!(オイ)』などを書かれ、原作者自らPV作ったり、デモDVDを書店に送ったりされてたみたい。

「ガンロック」1巻コミックス情報 / 「ガンロック」特設ページ

「何ですか?ポール」
「…!?機密扱い?」
「なぁ兄弟
悪夢はお終いだ 眠れ」
「アナタには
"囮"になってもらいます」
「私にはアナタを治療する
手段があります」
「俺たちの戦争が得た
平和の象徴」



【関連記事】
漫画家志望に取り憑いた幼女死神 「ラッキー☆ストライク!」

アインシュタイン1904 1巻 「奇怪事件を天才科学者が追う、SFミステリー!」
怪盗ルパン伝 アバンチュリエ1巻 「これ、イブニング版より面白いんじゃないの?」
「怪盗リュパンは仮面の美少女!?」 黒きレ・ヴォルゥ〜仮面の怪盗少女〜
打撃女医サオリ2巻(最終巻) 掲載誌の休刊は治療できず
打撃女医サオリ1巻 「一発やらせて」 打撃療法

【関連リンク】
秋田書店
別冊少年チャンピオン / Twitter
「ガンロック」1巻コミックス情報
原作:猪原賽氏のブログ「賽の目記ポータル」 / Twitter
「ガンロック」特設ページ
『ガンロック』第2巻以降の発売は現状未定です(その経緯や謝意とお詫び)
『ガンロック』第1巻発売!各地の書店の状況まとめ
猪原賽3年ぶりのオリジナルコミックス『ガンロック』第1巻!
とあるマンガ作者の「ネット草の根営業」が見ていてツラい
「推理?なにそれ?」犒瓩撚魴茵異色異能ホームズもの(連載開始時の告知)
シャーロキアン必見・必読・必怒の亜流ホームズものでした!(読切版の告知)
作画:横島 一氏のTwitter
猪原賽&横島一がスチームパンクなホームズ描く新作1巻、原作者によるPVも

【感想リンク】
悲愴感すら拳で吹き飛ばす近未来SFアクション
蒸気で霞む町、倫敦。煙の中から姿を現す男の名は……!
自分たちの好きな要素をひたすら詰め込んだような“オレ的ユートピア”感覚
改造人間の悲哀など『バオー来訪者』の手触りがする漫画だった
一言で言い表すのが難しい漫画ではあると思うんですが、好きなタイプ
買った!読んだ!やっぱり面白い!!「ガンロック」オススメです


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit