2015年02月07日

東のくるめと隣のめぐる1巻 「東久留米が舞台のラブコメ。変な空気がいい感じ」

我孫子祐 東のくるめと隣のめぐる 我孫子祐氏のコミックス「東のくるめと隣のめぐる」1巻【AA】が6日に発売になった。裏表紙では『退屈な高校生活を贈る耕助。彼がちょっぴり気になっている隣の席の塚原めぐる』とかで、100夜100漫さんの連載時感想は『東久留米が舞台のラブコメー。変な空気がいい感じ』などを書かれていた。
-

我孫子祐氏のコミックス「東のくるめと隣のめぐる」1巻【AA】
「僕の隣の塚原めぐる。この先ずっと、ただの隣の席の人だと思ってた――」

「(学園一の美少女 成績も常にトップクラス モテて当然)」

「(おおお――手作りお菓子!さらに塚原さんのエプロン姿―!
これだよこれ!お隣さんならではの出来事!)」

「もう恋愛とかしちゃいけないって思ってる…」
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
ゲーマーズ本店
特典:ブロマイド

我孫子祐氏がコミックウォーカーで連載されているコミックス「東のくるめと隣のめぐる」1巻【AA】が、アキバでは6日に発売になった(公式発売日は10日)。

「東のくるめと隣のめぐる」1巻【AA】のオビ謳い文句は『僕の隣のめぐる。この先ずっと、ただの隣の席の人だと思ってた』で、主人公の高校生・耕助と、彼が引越した先の隣の家にたクラスメイト・塚原めぐる らを描いた"東久留米が舞台の日常ラブコメ"

退屈な高校生活を贈る耕助。そんな彼がちょっぴり気になっている、隣の席の塚原めぐる。ある日、耕助は父の仕事の都合により、東久留米に引っ越すことに。だが、偶然にも隣の家の住民は塚原めぐる、その人であった。学校では見せない彼女の一面を知ることで、耕助は強く思いを寄せることになっていくのだが…!?ご近所恋愛コメディ、第1巻! 裏表紙

なお、『東のくるめと隣のめぐる』の連載時感想には、犬塚ケンさん『ラブい展開になるが、途中でハシゴを外される腰砕け感は相変わらずで、たのしい。「塚原さん」の髪留めで鉄壁な前髪と、さらさらそよぐ後ろ髪のバランスが、つかみどころのなさを象徴している』、すぎっちさん『平穏な日々過ごす耕助!隣の席のめぐるちゃんマジ天使ですね!クールビューティーで!耕助引っ越しでまさかのお隣さんに!お風呂ムフフでした!』、100夜100漫さん『東久留米が舞台のラブコメー。変な空気がいい感じ』などがあった。

「東のくるめと隣のめぐる」1巻コミックス情報 / 我孫子祐氏のTwitter

「(おおっ、塚原さん!)」
「永くん…!?」「ここ塚原さんのウチなのか!?」
「僕、お隣さんに
なっちゃいました」
「(…塚原さんって
謎だなあ…)」
「あっ、永くんこんばんはー」
「ど…どうも!」
「私が大好きだった関係を
私が壊したんだ」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit