2015年02月07日

ラノベ作家が主人公の4コマ漫画 ゆとりノベライズ1巻 「仕事としてのラノベ作家物語!」

渡辺伊織 ゆとりノベライズ渡辺伊織氏のライトノベル作家が主人公の4コマ漫画「ゆとりノベライズ」1巻【AA】が6日に発売になった。ZIN秋葉原店のPOPは『とってもリアルなラノベ作家さんの実態!! 作品を生み出す苦しみと楽しみがぎっしり!!』で、オビ謳い文句は『前代未聞!"仕事"としてのラノベ作家物語!』になってた。
-

渡辺伊織氏のコミックス「ゆとりノベライズ」1巻【AA】発売
「あかほりさとる大推薦!前代未聞!"仕事"としてのラノベ作家物語!」

キャラクター紹介 新人ライトノベル作家「都ゆとり」と、売れっ子ラノベ作家「美里嵐」
都ゆとりは森田季節氏を、里美嵐は赤松中学氏がモデルみたい

「フフ…驚くだろうな。その小説の作者"里見 嵐"がいま、すぐ近くにいると知ったら…」

「良い評価に喜ぶ、悪い評価にヘコむ。
そりゃ当然だけど、大事なのはそれを情報としてどう分析するかだ」
メロンブックス秋葉原1号店
特典:4Pリーフレット
COMIC ZIN秋葉原店
特典:4Pリーフレット
とらのあな秋葉原店A
特典:4Pリーフレット

渡辺伊織氏がまんがタイムで連載中の、ライトノベル作家が主人公の4コマ漫画「ゆとりノベライズ」1巻【AA】が6日に発売になった。

『ゆとりノベライズ』は、コミックナタリーによると『主人公・都ゆとりは新人のライトノベル作家。デビュー作が打ち切りの憂き目に遭ってしまった折、憧れのベストセラー作家・里美嵐と行動を共にすることに。一見華やかなライトノベル業界で女性作家たちが奮闘する姿を、綿密な取材のもとで描いていく』で、今回発売になった「ゆとりノベライズ」1巻【AA】のオビ謳い文句は『あかほりさとる大推薦!前代未聞!"仕事"としてのラノベ作家物語!』だった。

とら秋葉原店AのPOPは『今のラノベ業界を描いた、新人&売れっ子女性ラノベ作家の切磋琢磨物語開幕!!』、 ZIN秋葉原店のPOPは『とってもリアルなラノベ作家さんの実態!! 作品を生み出す苦しみと楽しみがぎっしりなラノベ作家漫画!!』が付いてた。

都ゆとりは新人ライトノベル作家。念願であった作家にはなれたけど、デビュー作は2冊で打ち切りに。そんなおり、声をかけてくれた事がきっかけで、憧れのベストセラー作家・里美嵐と行動を共にして……? 二人の女性作家の視点でライトノベル業界の今を描く 裏表紙

「ゆとりノベライズ」1巻【AA】の感想には、フラン☆Skinさん『デビュー作が2巻打ち切りになった売れない新人ラノベ作家。ネガティブ思考が抜け切らないためウジウジしている事が多いけれど、前向きに少しずつ成長していくというストーリーです』、絶賛!巣篭もり中!さん『ラノベ作家という職業をきちんと取材している効果がいろいろな部分で輝いています。実際こんな会話がされているんだろうなというリアリティ満載です』、しーなさん『ラノベ作家が決して夢や想いだけではやっていけない稼業であることが本作では描かれている。総じて言うとこのマンガはおもしろい。今後もゆとりと里見のかけあいと2人の成長を生温かく見守るのが楽しみで仕方がない』などがある。

「ゆとりノベライズ」1巻コミックス情報 / 渡辺伊織氏のホームページ

「まぁ私の本は
面白いからなぁ」
「考えすぎて
手が止まってしまうんだ」
「自分の目で見ると、不安で買っちゃうんですってば!!」
「あんまり寝てないんですね?」「その通りだぁ〜…」
「企画1本通ったくらいで
追いつく!?」
「不安と向き合ってなお
書くのをやめられない」


【関連記事】
「男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。I (上)」発売
電撃文庫20周年記念したキャラクター集合イラスト 「まさに圧巻の巨大集合イラスト」
伏見つかさ&かんざきひろの新シリーズ 「エロマンガ先生 妹と開かずの間」発売
あさのハジメ 桃音しおんのラノベ日記1巻「覆面天才作家は、全裸のJSだった!w」
犬とハサミは使いよう 「全国の活字中毒者に贈る、ミステリ系不条理コメディ!!」
読むだけで印税ガポガポ、全米号泣のハウツー漫画 「間違ったラノベの作り方」

【関連リンク】
芳文社 / まんがタイム
「ゆとりノベライズ」1巻コミックス情報
「ゆとりノベライズ」特設ページ(試し読みあり)
渡辺伊織氏のホームページ / Twitter / pixiv
私がコミカライズされてる渡辺伊織さんの漫画「ゆとりノベライズ」が本日発売です!
ヒロインを可愛がってるのかイジってるのか分からない先輩作家は私がモデルです
ラノベ作家が主役の4コマ「ゆとりノベライズ」1巻、あかほりさとるも推薦
ゆとりノベライズ - Wikipedia

「最近のラノベ」を理解したい人へ薦める、単巻で完結する10冊
いまライトノベルが停滞してるのは間違いない
ラノベを馬鹿にしているのは誰なのか

【感想リンク】
【オススメ】新人ラノベ作家の頑張りかげんが愛おしい4コマもの
ラノベを愛する者は話題にしたくなるモノが作中に幾つも登場して色々考えてしまう
里美が創作という活動に対してゆとりの背中を押してくれるのが胸にぐっときます
ゆとりも作家として成長しているんだなぁ、と思います
今後もゆとりと里見のかけあいと2人の成長を生温かく見守るのが楽しみで仕方がない
背表紙がラノベ風の装丁になっていて、デザイナーさんの細かい仕事にも感心しました
スッキリ読めるけど、読後にしっかりした何かが残る作品
里美も都に支えられているふたりの関係性が楽しい
カバー裏にある作品中作品の紹介がそれっぽくてめっちゃ良い


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit