2015年02月20日

谷口ジロー/千年の翼、百年の夢「ルーヴル美術館に棲まう精霊と美術史への遙かな旅」

谷口ジロー 千年の翼、百年の夢谷口ジロー氏の「千年の翼、百年の夢」カラー豪華版【AA】が19日に発売になった。 ルーヴルBDプロジェクト 『ルーヴル美術館がその魅力を発信のために漫画を出版する共同企画』の1つで、オビは『ルーヴル美術館に棲まう精霊と美術史への遙かな旅。ゴッホやコローなど巨匠たちが麗筆で蘇る!!』になってた。
-

谷口ジロー氏の大判フルカラーコミックス「千年の翼、百年の夢」豪華版【AA】
「ルーヴルには守り人が棲んでいる」

ルーヴル美術館を訪れた主人公 「うわあ」
ルーヴル美術館とルーヴル・ピラミッド

「あった!!これがあの名画といわれる“モルトフォンテーヌの思い出”……」

「(この不思議の迷宮……)」
とらのあな秋葉原店A
COMIC ZIN秋葉原店
メロンブックス秋葉原1号店

フランス文化芸術勲章受賞作家でもある谷口ジロー氏が、ビッグコミックオリジナルに掲載されたコミックス「千年の翼、百年の夢」カラー豪華版【AA】が19日に発売になった(通常版は20日発売)。

『千年の翼、百年の夢』はルーヴルBDプロジェクトの1つみたいで、『ルーヴルBDプロジェクトとは、フランス・ルーヴル美術館が、その魅力を幅広く世界に発信するために、漫画を出版する史上初の共同企画。日本、フランスを初め、世界の漫画家たちが、ルーヴル美術館を舞台に作品を描き下ろし、その本がルーヴルの美術品の一つとなり、コレクションとしてルーヴル美術館に所蔵される』というもので、フランス語版も出てるっぽい。

連載開始時のコミックナタリーによると『第1話ではパリにやってきた日本人作家が、初めてルーブル美術館を訪れる。あまりの人混みに体調を崩してしまった彼が、朦朧とした意識の中で見たものとは』で、オビ謳い文句は『"ルーヴルには守り人が棲んでいる"フランス文化芸術勲章(シュヴァリエ)受賞作家・谷口ジローが描く、ルーヴル美術館に棲まう精霊と美術史への遙かな旅。ゴッホやコローなど巨匠たちが麗筆で蘇る!!』になってた。

芸術家たちの魂が集う、美の迷宮ルーヴル美術館を訪れた作家は、ルーヴルの守り人に導かれ、美術史の旅に出る。ゴッホ、コロー、など巨匠たちと出会い、言葉を交わした作家が、最後に出会う人とは…!?
コミックス情報

なお、今回発売になった「千年の翼、百年の夢」カラー豪華版【AA】には、第1話「ルーヴル宮の守り人」、第2話「コローの森」、第3話「ドービニーの庭」、第4話「1939年のパリ」、第5話「千年宮の旅人」の全5編を収録し、作中ではうまそうに食ってもいて、編集者からのおすすめ情報(豪華版)は『谷口ジロー氏の麗筆をオールカラーで完全再現!まさに自分がフランスを旅しているような感覚になる、美しい絵をご堪能ください』になってる。

「千年の翼、百年の夢」豪華版 / 通常版コミックス情報

「気の遠くなるほど長い歴史の中、多くの美術品が収集されてきました」
「ああ……やっぱり今日も
すごいんだなあ」
「そのように、エドガー・ドガも語っています」
「開戦の1周間前
ルーヴル美術館は閉館した」
「日本に当然あるべくして…
ないもの…」
「ものに宿る魂への鎮魂…
あなたはそれらの間を見ることができたのです」



千年の翼、百年の夢




この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51474536