2015年03月25日

マンガヤ2巻 「売れなかったら即終了のコミカライズの世界!」 マンガ自体も打ち切り終了

ツガノガク マンガヤ ツガノガク氏のコミックス「マンガヤ」2巻【AA】が21日に発売になった。オビ謳い文句は『コミカライズ歴10年のツガノガクが描くKADOKAWA的マンガ業界のカネと現実と青春』で、とらAのPOP『売れなかったら即終了のコミカライズの世界!』で、あとがきによると「マンガヤ」自体が打ち切りだったみたい。
-

ツガノガク氏のコミックス「マンガヤ」2巻【AA】
とらA「売れなかったら即終了のコミカライズの世界!!!」

「書店の売り上げの8割が新刊なのは知ってるかな。 継続的に売れるのは例外
初動1〜3週間で判断される」

「(コミックスの消化率が)6割を超えてれば重版が見えてくる。 7割を超えたら…
書店では品薄状態だ。4万部程度で消化率3割程度だと商業的に危険な状態だ」

先輩漫画家 「つらかろうが儲からなかろうが描き続けるのよ。
漫画家って時点で社会不適合者なんだから、社会奉仕しないと表を歩けないわ」
メロンブックス秋葉原1号店
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
ゲーマーズ本店
特典:ブロマイド

ツガノガク氏が、月刊少年エースで連載されていたコミックス「マンガヤ」2巻(完結)【AA】が、アキバでは21日に発売になった(正式発売日は26日)。

『マンガヤ』は、1巻コミックス情報が『コンスタントに「お金」を稼ぎだす職業漫画家「漫画屋」を目指す高校2年生の架ヶ崎ケイ。隅川書店への持ち込みを成功させた翌日、ケイはクラスメイトのアヤに商業誌で“一千万部”を出す勝負を持ちかけられて…!!』というお話で、角川書店そっくりの“一番お金が好きそうな出版社”隅川書店が登場する、『涼宮ハルヒの憂鬱』や『時をかける少女』のコミカライズもされたツガノガク氏の漫画家マンガ。

オビ謳い文句は『コミカライズ歴10年のツガノガクが描くKADOKAWA的マンガ業界のカネと現実と青春、完結巻!』、裏表紙オビは『初連載はコミカライズ!?オリジナルの漫画との違いは…――その果てにケイが掴み取るものとは!』で、第6話〜最終10話の「メディアミックス!」、「それぞれの打ち上げ」、「本気なやつら」、「新人牧場」、「終わっていくこと、続くこと」の5話を収録とらAのPOP『緻密な構成力とスケジュールが重要なカギとなる、売れなかったら即終了のコミカライズの世界!!!』がついてた。

【マンガヤ】を目指すケイに舞い込んできた連載企画…それはライトノベルの【コミカライズ】だった!コミックスの【印税率】、コミカライズ作品ならではの描き方、そして大型企画が動いているアヤの動向――気になることは山積みだが、まずはコンペで勝ち抜くべくケイは動き始める…!商業誌の悲喜こもごもを描いた怒涛の完結巻! 裏表紙

コミックス「マンガヤ」2巻【AA】の カバー折り返しツガノガク氏は『力及ばず、この巻にて終わりとなってしまいました。描きたいことはまだ色々あったんですが、また別の作品でお会いしましょう』、あとがきでは『過剰にダーティにはしたくなかった。お金に厳しい業界であることはもはや広く知られているだろうし、逆に、夢を原動力にして動いている部分にこそ、皆の知らない漫画廟会の実態がある、と考えているからです。結果としてはそこまで描写する前に筆を置くことになってしまいました。アテレコイベントの成功と、単行本の売れ行き不振、という二つの結果によって、皮肉にも、夢と金というテーマをこの上なく体現することになってしまいました』などを書かれている。

「マンガヤ」2巻コミックス情報

「実は今度立ち上げる
コミカライズ企画に君を
抜擢しようという声がある」
「10%の印税を原作者と
漫画家で折半するの」
「現実的に書店では1万部以下のタイトルは新刊であっても平置きされなくなってくる」
「前途が無条件に安泰だとは思わないでほしい」
「ここから勝負が始まる…
それもメディアミックスで!」
「売れなきゃ意味がない。夢を見ることさえ出来ない―」

【関連記事】
マンガヤ1巻「ツガノガクが描くKADOKAWA的マンガ業界のカネと現実!」 いろいろヤバイw

盒競張肇 / 二次元JUMPIN'1巻 「入社1年目の新人編集の見た漫画業界の現実!」
漫専魔王少女エナ様1巻 「美少女魔王が漫画で世界征服!」
デジマンデス1巻 「シビアすぎるぞ電子書籍界!新たなる漫画生活サバイバル!」
黒田さんと片桐さん1巻 「腐女子&セレブ女子編集者のウルトラジャンプ編集日誌!!」
重版出来!4巻 「全ての仕事人に捧ぐ骨太チーム戦記!」
ハナムラさんじゅっさい+1巻「連載もお金も彼女もナシ。崖っぷち漫画道!」
同人誌「続・漫画アシスタントの日常」 崖っぷちアシとベテランチーフクラスアシ
まるせい1巻 「エロを描きまくった青春時代!花見沢Q太郎先生のエロ漫画道!」
俺とSEXすれば売れる1巻 「日本一ゲスい漫画家マンガ♥ ほぼ実話です」
WxY2巻 「エロ漫画は鮮度が命!」「ぶっさいくな嫁さんもらったマンガ家は負け犬!」
アヴァール戦記1巻 「禁じ手満載!! 漫画家とカネ、こんなこと描いて大丈夫なのか?」

【関連リンク】
角川書店
少年エース / Twitter
「マンガヤ」2巻コミックス情報
ツガノガク氏のTwitter
ツガノガク - Wikipedia
マンガヤ - Wikipedia

【感想リンク】
打ち切りだとはっきり書かれていて、無念さが凄く伝わってきた気がします
マンガヤは全2巻…残念
細かい裏話的な話が多くてとてもおもしろかったですよ
ツガノガクのマンガヤ、俺は面白いと思うで






この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51479317