2015年04月04日

人類の繁殖機能が消失した近未来SFモノ μ&i 3巻 「ウチと赤ちゃん作ろっか」

きただりょうま μ&i人類の繁殖機能が消失した近未来を描いた、 きただりょうま氏のコミックス「μ&i」3巻【AA】が3日に発売になった。 とらAのPOPは『大胆な幼女!?新たな天使と総理提案の新システムに困惑の連続♥』で、3巻オビは『「ウチと赤ちゃん作ろっか」。過激度MAX(?)な褐色の美少女登場!』だった。
-

きただりょうま氏のコミックス「μ&i(みゅうあんどあい)」3巻【AA】
「ウチと赤ちゃん作ろっか 激度MAX(?)な褐色の美少女登場!」

「ただいま」 「みゅう!?」

「早速だけどお兄ちゃん ウチと赤ちゃん作ろっか」

人類の繁殖機能が消失した近未来 「"純異性交友の義務化""性の6時間の導入""セクシャル・マイノリティの更生"。 生産三原則を新たな法律として制定します」
メロンブックス秋葉原1号店
とらのあな秋葉原店A
COMIC ZIN秋葉原店

きただりょうま氏がジャンプスクエアで連載されている、コミックス「μ&i(みゅうあんどあい)」3巻【AA】が3日に発売になった。

『μ&i(みゅうあんどあい)』は、あらすじによると『巨大隕石の衝突によって月は崩壊。それ以降、人類は新しい命を生み出す能力を失った――。世界人口の約1割が減少した西暦20x7年―。大学を追われた孝志郎は、思わぬ出来事からみゅうと名乗る記憶喪失の女の子を預かることに。少女は失踪した孝志郎の父・安代博士によって創られた"最後の世代(ラスト・チルドレン)"であり、人類で唯一繁殖機能を有する突然変異であった!』というお話。

今回発売になった「μ&i」3巻【AA】のオビ謳い文句は『「ウチと赤ちゃん作ろっか」。過激度MAX(?)な褐色の美少女登場!』、『驚愕の終末SFコメディ、待望の第3巻!』、オビ裏面は『少年誌史上、最高の劇ヤバ展開…。果たして孝志郎…どーするッ!?』になっていて、とらAのPOPは『大胆なのは大人よりも幼女!?新たな天使と総理提案の新システムに困惑の連続♥』が付いてた。

最後の世代を捜すみゅうたちの前に、自ら姿を現した被験体・ラムダ。彼女が仕掛けた思わぬ大胆アプローチに、孝志郎が大ピンチ!それを知ったみゅうが、現場にかけつけるのだが──。おませな問題児の登場で、大波乱が巻き起こる…!? 裏表紙

「μ&i」3巻【AA】の感想にはE.M.D.2ndさん『みゅうと同じ被験体の一人・ラムダが登場!その日焼けした褐色肌、そして時々見せる白い肌、このコントラストが良いものだ!』、『また今回も乳首券の追加や、SQ掲載時より乳首が見え易くなっていたりします』、佐藤めいぷるさん『幼女が超能力やらなんやらで戦ったりドタバタしたりという話。幼女と終末世界が好きな方にオススメしています』、ジャンパーさん『褐色ロリ最高やで』などがある。

「μ&i」3巻コミックス情報 / きただりょうま氏のTwitter

「この間は偉かったな、
人助けは良いことだぞ」
「ウチは被験体λ(ラムダ)
気軽にラムって呼んでくり」
「風呂にはいる前にその汗
貰ってもいいか」
「みゅうに先を越される訳にはいかないんだー」
「国民には、もっと繁殖の準備をしてもらわなければ!」
「別の部屋で
この間の続き…しよ…?」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit