2015年04月07日

大日本サムライガール新党1巻 「超異色な右翼アイドル。スピンオフ学園ラブコメ!」

大日本サムライガール新党至道流星氏の小説のスピンオフで、荒木宰氏のコミックス「大日本サムライガール新党」1巻【AA】が6日に発売になった。販促POPが『狙うは総理、手段はアイドル!』で、とらAのPOPは『超異色な右翼アイドル・ひまりんの圧倒的美貌とピュアな心に、気持ちの傾き必至なスピンオフ学園ラブコメ!♥』。
-

原作:至道流星氏の小説のスピンオフコミックス「大日本サムライガール新党」1巻【AA】
とら秋葉原店A 「超異色な右翼アイドル・ひまりん スピンオフ学園ラブコメ!♥」

「最近気になる女の子 この人気急上昇中のアイドル…」

「その教え方をやめろ! 第一こんな教科書を使うことが間違っている」

「こっ 恋文というヤツだろうか…」
メロンブックス秋葉原1号店
特典:イラストカード
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード

至道流星氏の小説「大日本サムライガール」のスピンオフで、荒木宰氏がヤングマガジンサードで連載されているコミックス「大日本サムライガール新党」1巻【AA】が、6日に発売になった。

コミックス「大日本サムライガール新党」1巻【AA】には第1話から第18話を収録し、オビ謳い文句は『日本の為なら一肌脱ごう!』で、コミックス情報は『「真正なる右翼は、日本に私ただ一人である!」。拡声器を片手に叫ぶ美少女・神楽日毬は16歳。独裁者になる為、アイドルとしてメディアに露出する彼女の日常は、こんなにも変!?』、『マルクスを信奉する老教師にギャルのライバル、ファンの一線を越えたい男子生徒にゆるきゃら少女。さまざまな出会いで神楽日毬はもっと可愛く、面白くなる!!』になってた。

発売日のアキバには、販促POP『狙うは総理、手段はアイドル!政治×学園コメディ』や、とらAのPOP『超異色な右翼アイドル・ひまりんの圧倒的美貌とピュアな心に、気持ちの傾き必至なスピンオフ学園ラブコメ!♥』が付いていた。

神楽日毬16歳。拡声器を手に該当で叫ぶ演説美少女。彼女の目的は日本の政治の頂点に独裁者として君臨し、この国を根底から変えること!…その最短距離をいくために人気アイドルになった彼女の日常は、こんなにもヘン!大人気小説のスピンオフが学園ラブコメになって登場! 裏表紙

「大日本サムライガール新党」1巻【AA】の感想には、何かよくわからん気まぐれBlogさん『右翼アイドルの突拍子もない行動とそれに巻き込まれる周囲の人たちの反応が面白かった作品ですw』、らぶゆーブログさん『ヒロインが「右翼アイドル」とかいう設定らしいけど、べつに政治的なことは書かれてない。基本的に全員アホでギャグ。エロというエロもなく読みやすい』などがある。

なお、荒木宰氏カバー折り返しの著者コメントで『この作品はユルイコメディ漫画です。懐の深い至道先生に感謝します』、、あとがきでは『「新党」では、キャラがみんなアホになっていますが、そこが可愛いところでもあります』、『至道流星先生の原作も、佐藤健悦先生の正統派コミカライズ版も、とっても熱く可愛く素晴らしいので、ユルい「新党」から入ったみなさんも是非読んでみてください』などを書かれている。

「大日本サムライガール新党」1巻コミックス情報 / 漫画:荒木宰氏のTwitter

「クラスメイトが水着で写真
撮られてるって
なんか変な感じだよなぁ」
「なんだこの記事は!
国家に対する考えが
まるでなっていない!」
「(抜群の容姿と、抜群の存在感…とっても気になる
娘なんです)」
「近くで見るとすげー可愛い…、まつげ長っ!
目でかっっっ!」
「(慣れたもんだな、
最初の撮影ではあんなに
恥ずかしがっていたのに)」
「落とし物…
ぬ?私宛て…?」

【関連記事】
エロギャグ&ラブコメディ 桃の魔術師1巻 「性を司る桃魔術で目指せ桃源郷!」
王道純情ラブコメ いつか、夜明けの空で待ってる。1巻 「とにかく女の子が可愛いよ!」

コミック版JKアイドル右翼 大日本サムライガール1巻 「日本を変える…日毬が変える!」
至道流星デビュー作の文庫化 「世界征服II 03-08」 実際に起きた政治・経済事件も
至道流星デビュー作の文庫化 「世界征服」 上野のボロ事務所から経済で世界征服
至道流星/好敵手オンリーワン2巻 「コーイチローがデート!?」

【関連リンク】
講談社
ヤングマガジン サード / Blog / Twitter
「大日本サムライガール新党」1巻コミックス情報 / 作品情報
大日本サムライガール - Wikipedia
原作:至道流星氏のホームページ
漫画:荒木宰氏のTwitter
主人公:神楽日毬のホームページ / ブログ / Twitter
日本大志会(作中に登場する政治団体のWEBページ)
大日本サムライガール - Wikipedia
至道流星 - Wikipedia

【感想リンク】
とてもくだらなくてすばらしい漫画に仕上がってると思う
えーっと、彼女はアイドルでありながら右翼
原作のおもしろさを凝縮しながらもマンガらしい表現
今の政治に物申す!たった一人で国を正そうとする右翼アイドル誕生!?
作風の違いに戸惑ったけど、すぐひまりんの可愛さと絶妙なギャグのトリコになった
ひまりんと桜ちゃんがほんとカワイイ






この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51482629