2015年04月13日

喫茶マウンテン同人誌 "山"ノススメ 「マウンテンすぎるメニューがマジマウンテン」

喫茶マウンテン同人誌 山ノススメ "甘口抹茶小倉スパゲティ"などのメニューで知られる名古屋の喫茶店「喫茶マウンテン」の同人誌『「山」ノススメ 改訂版』が、COMIC ZIN秋葉原店に入荷してる。「喫茶マウンテン」の歴史、店舗情報、メニュー解説の同人誌で、ZIN秋葉原店のPOPは『マウンテンすぎるメニューが、マジマウンテン』が付いてた。
-

サークル名古屋の「山」の、喫茶マウンテン同人誌「"山"ノススメ 改訂版」
ZIN秋葉原店POP「マウンテンすぎるメニューが、マジマウンテン」

喫茶マウンテンの「たらい氷」

【甘口小倉抹茶スパ】小倉あん・生クリーム・抹茶
全体の3割のお客さんが注文する人気商品

サークル名古屋の「山」の"甘口抹茶小倉スパゲティ"などのメニューで知られる名古屋の喫茶店「喫茶マウンテン」の同人誌『「山」ノススメ 改訂版』が、COMIC ZIN秋葉原店に入荷してる。

「喫茶マウンテン」は、愛知県名古屋市昭和区の喫茶店みたいで、Wikipediaによると『当初は近隣の大学生向けに大盛りスパゲティやピラフを安く出すことを特徴とする店であったが、「甘口抹茶小倉スパゲティ」をはじめ、「味噌ピラフ」、「サボテンピラフ」、「甘口いちごスパゲティ」といった数百種類に及ぶ多様な「奇食」メニューで有名になった。奇食故に完食できない者もおり、途中で断念することを「遭難」、完食したことは「登頂」と言い表す』とのこと。

今回入荷した、喫茶マウンテンの解説・紹介同人誌『「山」ノススメ 改訂版』は、サークルさんのコメントでは『登山初心者には最適の1冊。2013年12月に発行した、「山」ノススメの改訂版』で、COMIC ZIN秋葉原店のPOPは『「喫茶マウンテン」のマウンテンすぎるメニューが、マジマウンテン』になってた。

収録内容は、「喫茶マウンテン」の概要や歴史について書かれた第1章「"山"のあゆみ」、営業時間などの店舗情報やアクセス、店内の様子・ルール・マナーなどを解説した第2章「"山"への道」、ドリンク、ピラフ、スパゲティー、デザートなどジャンルごとに注文のコツや、代表的なメニューを紹介した第3章「メニュー解説」で、「奇食」のカラー写真も多く収録してる(もくじ)。

喫茶マウンテン…それは日本の食文化におけるガラパゴス諸島とも言える。名古屋に君臨する喫茶店であり、揺るぎない地位にあることで有名である。その姿は遡ること昭和40年代前半に誕生したという。
〜その姿が大きく注目されることとなったきっかけは、やはりあの 甘口小倉抹茶スパが登場した昭和40年台中盤ころからであろう。
甘口メニューの登場から40年、メニューは甘口辛口を交えて100種類をゆうに超え、名古屋の味どころか世界の味まで取り込んで進化し続ける。これが21世紀の「山」なのである。 「山」のあゆみ

なお、同人誌『「山」ノススメ 改訂版』のあとがきで、サークル名古屋の「山」谷丘淳氏は『この「"山"ノススメ」は、2013年12月に、当サークル初のフルカラー冊子として発行したものの改定再販となります』、『フルカラー冊子を発行するにあたって、本文をどうするかも悩みました。熟慮を重ね、初めてのフルカラー冊子で、イチゴや抹茶を落とすわけにもいくまいということでオールメニューに。オールメニューならガイド的なものがいいのではないかということで、今回の「"山"ノススメ」の形が決まりました』などを書かれている。

サークル名古屋の「山」 / COMIC ZIN通販「"山"ノススメ 改訂版」

「なつかしの旧店舗」
アクセスや店舗データ
「いよいよ注文
〜オーダーのコツ」
「甘口イチゴスパ」
「抹茶しるこ」「八丁味噌氷
黒ずきん」「火山」
「いちごカフェ」


この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51483610
この記事へのトラックバック
来る2015年5月5日(火・祝)に東京ビッグサイトにて行われるコミティア112(http://www.comitia.co.jp/)にサークル参加します。
コミティア112のご案内【鮪亭痛信Blog版】at 2015年04月29日 11:54