2015年04月14日

おはよう、いばら姫1巻 「ミステリーでもあり、ホラーでもあり、恋愛もの」

おはよう、いばら姫コミックス「おはよう、いばら姫」1巻【AA】が13日に発売になった。コミックス情報は『家政夫バイト中の高校生。謎の少女と出会い、惹かれていくが、再び会った時の彼女は別人のように様子が豹変していて…?』で、マイナビウーマンでは『ミステリーでもあり、ホラーでもあり、恋愛ものでもある』みたい。
-

森野萌氏のコミックス「おはよう、いばら姫」1巻【AA】
「俺が好きになった人は一体誰だったのだろう?」

家政夫バイト中の高校生“美郷 哲”と、お屋敷のお嬢様“空澤志津”
「よっぽど大事なんだ よかった」

「――あなた、誰?」

「一つの体を別の人間が動かしてる なんて口で言っても信じてもらえないだろうと思って まずは宿主である“空澤志津”に会ってもらいたかった」
ゲーマーズ本店
とらのあな秋葉原店A

森野萌氏が少女マンガ誌デザートで連載されている、コミックス「おはよう、いばら姫」1巻【AA】が13日に発売になった。

『おはよう、いばら姫』は、オビ謳い文句は『作家も書店員も大注目!!珠玉のラブストーリー第1巻!俺が好きになった人は一体誰だったのだろう?』で、マイナビウーマンでは『ミステリーでもあり、ホラーでもあり、恋愛ものでもある、少女漫画の枠を超える傑作! 』とかを書いている。

また、特設ページでは作家さんや書店員さんの推薦コメントがあり、奈須きのこ氏『新人離れした漫画力なのに、新人らしい輝きにあふれている――!』、大今良時氏『ああ。早く答え合わせがしたい。どこかに落ちている志津の心を、哲くんは拾えるのか、とても気になります』、末次由紀氏『物と人と心の境界線の合間の表現、物語のテーマとも言えるその「間」があふれだす第1巻。先が楽しみです!』などなど。

ワケあって家政夫バイト中の高校生・美郷 哲。ある日、本邸の離れで暮らす謎の少女・空澤志津と出会い、どこか寂しげな笑顔に惹かれていく哲だが、再び会った時の彼女はまるで別人のように様子が豹変していて……?コミックス情報

なお、「おはよう、いばら姫」1巻【AA】の感想には、梓音さん『表紙買いしたのだけれど、ちょいホラーでひやっとするのにおもしろい……お互い大切なのに上手くいかないのがもう切ない』、成さん『姫めっちゃおもしろいいいいい(*´ω`*)絵も、ほわっほわで大変すてききらきらしてるー!』などがある。

「おはよう、いばら姫」1巻コミックス情報 / 特設ページ(試し読みあり)

「すみません!初めてここのバイト代が出るので」
「親とももう何年も直接話してないよ ずっと一人」
「よければまた“空澤志津”に、会いにきてくれないかな」
「…違います
志津はこれ…ですけど」
「他にもいるんだよ
志津の体を借りてるのが」
「ねぇ…?」「〜〜〜!!
っ…あ…やめっ…」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit