2015年04月18日

コンノトヒロ / デスちち1巻 「もまないと死ぬ!?おっぱい4コマ!」

コンノトヒロ デスちちコンノトヒロ氏のおっぱい4コマ漫画「デスちち」1巻【AA】が17日に発売になった。コミックナタリーによると『巨乳がコンプレックスな剣崎センカと、おっぱいを揉まないと死んでしまう病を患う光谷もみみの2人が織り成すコメディ』で、短冊ポスター謳い文句は『もまないと死ぬ!?おっぱい4コマ!!』になってた。
-

コンノトヒロ氏のおっぱい4コマ漫画「デスちち」1巻【AA】発売
「私、おっぱいもまないと…死んじゃうんデス」

巨乳にコンプレックスを持つ剣崎センカ
「(だが女子校なら男の目も女の嫉妬もない!!胸をはって生きていける!!)」

おっぱいを揉まないと死んでしまう病(="OPモマネイトシヌ"病)の光谷もみみ
「私、おっぱい揉まないと…死んじゃうんです!」ガハッ

剣崎センカのおっぱいを揉ませてもらい命拾い
メロンブックス秋葉原1号店
特典:イラストカード
ゲーマーズ本店
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード

コンノトヒロ氏が月刊アクションに連載されているおっぱい4コマ漫画「デスちち」1巻【AA】が17日に発売になった。

『デスちち』はコミックナタリーによると『巨乳がコンプレックスな剣崎センカと、おっぱいを揉まないと死んでしまう病を患う光谷もみみの2人が織り成すコメディ』で、今回発売になった「デスちち」1巻【AA】には、月刊アクションに連載された20編+「夏コミ特別編」を収録(目次)し、オビ謳い文句は『私、おっぱいもまないと…死んじゃうんデス。おっぱい好きのおっぱい好きによるおっぱい好きの為の4コマ!!』になってた。

発売日のアキバでは、 ゲーマーズ本店のPOPが『おっぱい好きのおっぱい好きによるおっぱい好きの為の4コマ!!!!!』で、おっぱいを自由に揉めるようになってたほか、ZIN秋葉原店のPOPが『揉まなければ死亡。溢れんばかりにおっぱいがいっぱいな女の子が女の子のおっぱいを揉みまくる4コマ!!』で、とらAのPOPは『ガチでおっぱいが命!?w 揉んで生きる少女と、その勢いに揉まれる巨乳少女の、揉みつ揉まれつな乳のWINWINギャグ!w』で、公式の短冊ポスターは「もまないと死ぬ!?おっぱい4コマ!!」だった。

「おっぱいを揉まないと死んでしまう病気」…通称「OPモマネイトシヌ病」。この病気を患う薄幸の少女・もみみは、ある朝うっかりおっぱいを揉み忘れ、登校途中に生死の境をさまよっていた。死を覚悟した彼女の前に現れたのは、伝説級の美巨乳の持ち主・剣崎センカだった――(女の子が女の子のおっぱいを揉む4コマです) 裏表紙

なお、「デスちち」1巻【AA】の感想には、もっちりとしたアンディさん『乳神様が気に入った!』、ジャイアンさん『デスちちを読んだけど、これは俺みたいなのに楽しめるなーw』、KONの徒然日記さん『ももみの行為を注意していた柳さんがいつの間にかセンカの美巨乳の虜になってしまっているのが笑えますね』などがある。

「デスちち」1巻コミックス情報 / コンノトヒロ氏のTwitter

「病名"OPモマネイトシヌ"病といいまして…」
「死ぬぞ!!気にしなくて
いいからもめ!」
「(顔にぱふぱふ
最高です!)」
谷間に巻き寿司
乳首には海苔
「乳輪は乳首に入りますか!?」
「ビキニ!!」 ズボッ 「直!?」


【関連記事】
こもりちゃんはヤる気を出せ1巻 「主人公は絶賛ひきこもり中」

カザマアヤミの結婚コミック 「恋愛3次元デビュー 〜30歳オタク漫画家、結婚への道〜」
女の子が死ぬ話 「可憐な少女と過ごした数ヶ月の青春物語。ハンカチのご用意を…」
マーダー・インカーネイション1巻 「制限時間は24時間。1人を蘇らせる為に3人殺せ」
月刊アクション創刊 「型破りの総合月刊漫画雑誌・新創刊!」

【関連リンク】
双葉社 / 月刊アクション
月刊アクション編集部ブログ / Twitter
デスちち立体おっぱいパネルを手縫いしたのは双葉社の20代女子社員でございます
「デスちち」1巻コミックス情報
コンノトヒロ氏のTwitter / pixiv
新連載「デスちち」(pixiv)
センカのおっぱいが揉める立体パネルを作ってもらいました
コンノトヒロ - Wikipedia

コンノトヒロ、おっぱい揉まぬと死ぬ少女描く新作&こもりちゃん3巻同発
「おっぱい様大好き!!」――クリスマスに月刊アクションの名コピーが炸裂
新連載はおっぱい4コマ!「デスちち」コンノトヒロ(連載開始時)
デスちち  [必殺技辞典]

【感想リンク】
「デスちち」第1巻 命をつなぐ、そのひともみ
乳神様は意外に貧乳というのが可愛いです
デスちちを読んだけど、これは俺みたいなのに楽しめるなーw
面白かった。キュアちち!
乳神様が気に入った!


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit