2015年04月23日

女子高生を飼育・解体・食人する同人誌 「無邪気で狂気に猟奇な屠殺!」

サークルムカデ島 女子高生飼育・解体・食人同人誌 「Kidza贄(キッザニエ)」サークルムカデ島の同人誌『Kidza贄(キッザニエ)』がメロン1号店&2号店に22日に入荷した。サークルさんのコメントは『今回の主人公は女子小■生!女子高生を飼ってみよう!育ててみよう!食べてみよう!』で、メロン秋葉原1号店のPOPは血しぶき付きの『無邪気で狂気に猟奇な屠殺!』とかだった。
-

サークルムカデ島(窓氏)の同人誌「Kidza贄(キッザニエ)」
メロン秋葉原1号店 「見てるだけでイタイ!」「無邪気に狂気に猟奇な屠殺!」

女子高生を手足拘束して監禁
「今日から1ヶ月間三人で一生懸命かわいがって育ててあげるからね〜」

十分に飼育したら屠殺
「まずは逆さ吊りにしてノドを横一文字に深く割いて血抜きをします」

女子高生をバラす 「筋肉同士が接してる面は脂肪の層になってるから!肋骨の付け根は何度か切れ目を入れて左右から体重をかけて本を開くように折ろう!」

サークルムカデ島(窓氏)のアンダーグラウンド・フェティッシュ・グロテスク系イベント"艶惨弐"新刊の同人誌『Kidza贄(キッザニエ)』が、メロンブックス秋葉原1号店&2号店に22日に入荷した。

サークルムカデ島は、世界が滅亡に向かう中、女の子を解体した肉を売ってる同人誌「世紀末肉屋」、女の子を皮を剥いでバラして家具の材料にする同人誌「とったあの子の皮算用」、女子高生を爪剥ぎや関節ドリルで拷問する同人誌「生を乞いて叫を得る」、女子高生の人肉解体・食人体験同人誌「注文の多い厨房バイト」などの、人肉解体・拷問同人誌などを出されているサークルさん。

"艶惨弐"新刊『Kidza贄』は、女子小学生が女子高生を飼育・解体・食人してるお話で、サークルさんのコメントは『今回の主人公は女子小■生!女子高生を飼ってみよう!育ててみよう!食べてみよう!』で、メロン秋葉原1号店のPOPは血しぶき付きの『見てるだけでイタイ!!』・『ご存知例のグロサークルさんです』・『無邪気に狂気に猟奇な屠殺!!』・『JSの笑顔が怖い(耐性がない方はご注意)』とかだった。

同人誌『Kidza贄』の感想には、叫骨さん『いやー、完全にリミッター振り切っててすごいわこの漫画。この人見つけた時から、いつか漫画欲しいと思っていただけに、予想以上の面白さだった』、、yuqwe.さん『小学生がJKを無邪気且つ丁寧に飼育解体調理するというフェチズムを推しつつ、対象がヒューマンであるだけで我々も普段していることを、人が人を食んで良い日常があったらというパラダイムも感じられる』、いおりさん『解体方法調理方法どちらも細かくて参考に...ンッンー!!!楽しく読めました!』などがある。

なお、サークルムカデ島の窓氏は、あとがきで『お肉の質や味や香りは餌に大きく影響されるようなので、餌を変えつつ何度も飼育してみて、より美味しいお肉に育つように試行錯誤してみたいですね。というお話でした』などを書かれている。

サークルムカデ島・窓氏のTwitter / 「Kidza贄」サンプル

「あっ起きたよ おはよ〜」
「手足短くて豚さんみたいで
かわいいいね〜」
「牛さんとか豚さんは大きくしてお肉にするんだって!
それやってみたかったの!」
「ちょっとは動いたほうがいいよ。筋肉なくなっちゃったら
食べる側としても寂しいしね」
「頭を後ろに反らせて
頭部の血も抜きます」
「女子■生のレバニラ炒め!ハツ刺し!」
「んお!おいいふぃ!おいしい!」「おいしいよね〜」


この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51485106