2015年04月29日

いちきゅーきゅーぺけ1巻 「1994年大学マンガサークルが舞台の青春おたく物語!」

いちきゅーきゅーぺけ1990年代を舞台にした甘詰留太氏のコミックス「いちきゅーきゅーぺけ」1巻【AA】が28日に発売になった。とらAのPOPは『オタク文化に生きる、エロマンガ大好き男子大学生の、ドキドキ漫画サークル物語!』で、コミックス情報は『1994年大学マンガサークルが舞台の青春おたく物語!』になってる。
-

甘詰留太氏のコミックス「いちきゅーきゅーぺけ」1巻【AA】発売
1990年代の大学マンガサークルもの 「あの頃、みんなナニしてた?」

東京の大学に合格して上京した主人公 「まんがの森ッ!!!」
まんがの森 - Wikipedia「80年代には成人漫画の半ば“聖地”。最盛期は10店舗以上」

ハーフ巨乳の先輩 桜町・クリス・真綾

エロ漫画話で盛り上がる 「(だって!エロマンガ家の話なんて、誰ともしなかった。
誰とも、誰とも…誰ともッ誰ともこんなっ!!ああっ♥)

甘詰留太氏がヤングアニマル嵐で連載されている、1990年代を舞台にしたコミックス「いちきゅーきゅーぺけ」1巻【AA】が28日に発売になった。

「いちきゅーきゅーぺけ」1巻【AA】のコミックス情報は『「ナナとカオル」の甘詰留太が描く1994年大学マンガサークルが舞台の青春おたく物語!マンガ・アニメ・特撮……主人公の純平が出逢ったのは、エロマンガが大好きな女性!?甘詰留太による半自伝的青春ストーリー』で、コミックス1巻には、第1話「1994年2月 上京」から第8話「1994年4月 夜のサークル棟」と、インタビューコラム「199X年に何してましたか?」を収録(目次)。

発売日のアキバでは、ZIN秋葉原店のPOPが『1994年。エロマンガ好き大学生の青春模様。あの頃の熱気が蘇る半自伝的ストーリー!!』、とら秋葉原店AのPOPは『90年代のオタク文化に生きる、エロマンガ大好き男子大学生の、ドキドキ漫画サークル物語!懐古エピソード&エッチな妄想満載で堂々開幕♥』だった。

また、インタビューコラム「199X年に何してましたか?」では、1990年代について甘詰留太氏、陽気婢氏、ちだま某氏、井ノ本リカ子氏&Benny's氏、山本直樹氏、桃井はるこ氏、門井亜矢氏、ももせたまみ氏 へのインタビューを掲載し、コミックナタリーには「山本直樹x甘詰留太」対談が載ってる。

1994年、大学入学を機に上京してきたエロマンガ好きな少年・中井純平は、マンガサークルに入り本格的なオタク人生に身を投じていく。作中には1990 年代に人気を集めたマンガ、エロマンガ、アニメなどの作品名や作家名がたびたび登場。当時の熱気が詰め込まれた、甘詰の半自伝的作品だ。 甘詰留太の90年代マンガサークル青春譚1巻

なお、コミックス「いちきゅーきゅーぺけ」1巻【AA】の感想には、惰眠日記さん『モロ同世代だけに漫画雑誌事情とか実に懐かしいなあ。インタビューコラムの面々も良いなあ・・・』、E.M.D.2ndさん『所々に出てくるエロ漫画の話とか色々と知っていて、なんか懐かしいと思いつつも、それはもう10年以上も前の事かと思うとちょっと驚愕しちゃったりしています。(もう廃刊になっているエロ漫画雑誌の名前も出てきて、なんとも懐かしい思いが)』、有海2000さん『また強烈なオッさんホイホイが…。ドンピシャの同世代なので読みながら何度も口の中が苦みいっぱいになったり顔を顰めたりしてしまった』などがある。

「いちきゅーきゅーぺけ」1巻コミックス情報 / 作品情報

「(今月号のホットミルク!!)」

1994年、オタクの街になる前の「電気街」だった秋葉原
(注:とらのあな創業が1994年、当時は雑居ビル3F。K-Booksも海洋堂も無い)

「MEE、すっ好きです」
「"小鉄の大冒険"?」
「(静かでひんやりして、
外とは別世界、別の…)」
「今度オレを女見る目で
見たらブッ殺スッ」
「そこだけに惹きつけられたんじゃないでしょ?」
「マンガがあるエロマンガを
描くんだ!!」
「コミケ行けコミケ、
見た方が早い」

「それじゃあ!!何も考えなくていいっ…肉便器にしてやるぜッ」

「ん"っ…はァ♥」くちゅ♥ちゅぷ♥


【関連記事】
ナナとカオル15巻 「女教師がカレシと初めてのSMに挑戦!エロいよ…」
いちきゅーきゅーぺけ1巻 「1994年大学マンガサークルが舞台の青春おたく物語!」
三十路童貞の婚活 ハッピーネガティブマリッジ最終巻 「こんな女性と性交したいわw」
甘詰留太/パピィラバーズ1巻 「年上お姉さん。オールカラー性春エロコメ」
甘詰留太/ぶらガール 「こんなカワイイ娘にナゼあんな物が?」
甘詰留太 「ナナとカオル1巻」 ハートフルソフトSMラブコメ
年上ノ彼女3巻 「おしり見えてますが。やっぱり女はねえ、年上ですよ。まじで。」

【関連リンク】
白泉社 / ヤングアニマル嵐
「いちきゅーきゅーぺけ」1巻コミックス情報
「いちきゅーきゅーぺけ」作品情報
甘詰留太氏のホームページ(更新停止中)
甘詰留太 - Wikipedia

「いちきゅーきゅーぺけ」特集 - コミックナタリー Power Push
甘詰留太の90年代マンガサークル青春譚1巻、帯に「げんしけん」木尾士目
モデルになった?サークル:いじまん - 早大いじけっ子マンガ集団
あーまたそういうやつ…と思ったら早稲田のいじまんじゃねーかw

【感想リンク】
1990年代、「おたく」だったあなたは何をしていた? 人気漫画家の半自伝ストーリー
お前は俺か!当時の記憶をまざまざと思い出させてくれる
エロマンガ好きにはたまらない、いろいろな想い、懐かしみ、哀愁
マンガの森(書店)に並んだエロマンガってすごかったんだぜっ!
なにより90年代がリフレインする。面白かったです
モロ同世代だけに漫画雑誌事情とか実に懐かしいなあ
いちきゅーきゅーぺけ 1巻 - 1994年のマンガサークルの青春!
もう廃刊になっているエロ漫画雑誌の名前も出てきて、なんとも懐かしい思いが
当時を知らない方でも十分に楽しめると思いますよ
あとあとエロエロで厄介なことになる予感がビシバシしてて、期待が高まります
作者らしい若者ゆえの青春のピュアさダークさが混じり合う空気感がとても良い
また強烈なオッさんホイホイが…


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit